スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストディナーはTantrisで

ラスト旅行記事を残して、また数ヶ月過ぎてしまいました・・・。すみません
その前に、レストラン情報を挟みたいと思います!

記念すべきミュンヘン生活最後のディナーは、
ミシュラン二つ星Tantris(タントリス)でした。
Tantris06

本当にラストになるように、フライトの前日に予約。
相当前から星付きレストランをネットで調べて以来、ずーーっと気になっていたレストランでもあり、旦那の会社関係の人からもオススメだと聞いてきて、予約してから楽しみにしていたこの日。

ところが!
ちょうどこのタントリスディナーの前日が船便の集荷日で、ラスト旅行から戻っての数日間、睡眠をかなり削ってパッキングに取り組んでいたため、体調はこの時マックスに絶不調。。。
風邪薬を服用するも・・・頭痛に喉痛に微熱が取れず。

キャンセルしようか?と旦那から提案されたけど、キャンセル料が掛かる時間だったし、
何より食いしん坊の私がこんなに楽しみにしてたミシュラン二つ星レストランを試さずに帰国するわけにはいかないと乗り込みました。

確か2種類のコースから選択することになっていて、安価なほうの1人140€のコースにしました。
高価な方は、お料理にあったワインもセットになっていたっぽくて、調子が良ければ絶対そちらにしたんだけど、この日お酒を飲んだら翌日帰国できないかも・・・とお酒は一滴も飲まず。
旦那はもともとアルコールが得意ではないので、ワインは飲まないのですが、
周りのテーブルで注がれるワイン、むちゃくちゃ美味しそうに見えました~。

Tantris04 Tantris03

Tantris02 Tantris01

一品一品出てくるまでに相当時間がかかり(高級レストランとはそんなもの!!)、
風邪薬がい~い具合に効いてきて眠さマックス
耐えられず、旅行者でもないのに食事の間に眠ってしまう私

あまり怒ったりしない旦那もこれには、飽きれてました・・・

というわけで、味はほとんど覚えてません!!
おそらく美味しかったのでしょう。。普通の体調のときに来てたら。

Tantris05

なぜか律儀にレシートが残っていて、Rechinungには298ユーロとあります。
お酒を飲まなかったから安くついたということもありますが、
日本でミシュラン二つ星でディナーというと、これではおさまらないですよね・・・。


なんだかすごい思い出のディナーになったわねって思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけるとこのブログのランキングがアップしまーす♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)

ハンブルク再び ☆2010年3月エリカ街道の旅 no.4

3年前に行ったエリカ街道の旅の続きです(前記事はこちら)。

ブレーメン観光を終えて再びハンブルクに戻ってきました。
帰りのフライトまでの観光です。
Hamburg201

まず市庁舎へやって来ました。なかなかご立派で大きな建物。
Hamburg202

ガイドツアーがちょうどタイミングよく始まったら入りたいと思ったのですが、
すぐには入れず断念。
代わりに、聖ミヒャエル教会の塔に昇ってみました(€3.5)。
さっき見た市庁舎も遠くに見えます。雪が積もってるのがいい感じ。
Hamburg203

倉庫街の方面も。
Hamburg204

教会の中も、白くてきれいで塔からの景色に負けないくらい素敵でした。
Hamburg205

パイプオルガン。
Hamburg206

ハンガリー舞曲第5番といえばブラームス
彼はハンブルク生まれだそうでして、getauft in dieser Kircheとあるので、
この教会で洗礼を受けたようです。
Hamburg207

この後、港の方に向かい、まずはサンディエゴ号に入ってみました(€7)。
Hamburg208

昔の船のお部屋展示も少しだけあるけど、ほとんどは展示スペースという感じでやや失敗
そばには、なんだかかわいい船。
Hamburg209

雪が解けてきてぐちゃぐちゃになった道を歩いて最後に訪れたのは、
入場待ちになることもあるというミニチュアワンダーランド(€10)。
日曜夕方だからかすんなり入れましたけどね・・。
まったく期待していなかったのですが、かなり楽しめました。
Hamburg210

街が超リアルにミニチュアに作られてるし、
Hamburg211

サイレンが鳴って消火活動のために消防車が走り回ったり、火元から煙が出たりするし
Hamburg212

夜になってライトアップされたりするし
Hamburg213

大人でも飽きないものになっていました

エリカ街道(というか北ドイツ?)ダッシュの旅はこんな感じでした。

Schedule
3/5(土)
7:15 Muenchen発 フライト
8:35 Hamburg着
10:10 Hamburg発 RE
10:51 Luebeck着 市内観光
14:10 Luebeck発 RE
15:15 Hamburg着 市内観光
18:15 Hamburg発 ME(電車)電車
19:29 Bremen着
3/6(日)
12:28 Bremen発 ME(電車)
13:42 Hamburg着 市内観光
21:00 Hamburg発 フライト
22:15 Muenchen着

Information
€266.26 フライト(Muenchen-Hamburg往復 2名分)
15600円 Hilton Bremen apple worldにて予約

2日なのに、たくさん見られたわねーって感心してくださった方、ポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)

ブレーメン ☆2010年3月エリカ街道の旅 no.3

3年前に行ったエリカ街道の旅の続きです(前記事はこちら)。

リューベック、ハンブルクと周ってやってきたのは・・・
Bremen01

ブレーメンの音楽隊のブレーメン
ちょっと想像より小さく感じたブレーメンの音楽隊像。ライトアップされて素敵な感じです
ロバの足に触ると幸せになれるって言い伝えがあるようで、ロバの足だけきれいに光ってます。
ちなみにブレーメンは、エリカ街道でなく、メルヘン街道にあります!!(旅名間違ってるっ

この像は、こんな素敵な市庁舎(Rathaus)の脇にひっそりと立っています。
Bremen02

そしてその市庁舎の地下は、ブレーマー・ラーツケラー(Bremer Ratskeller)というレストランになっています。
ガイドブックによればワインが有名らしいです。
(写真見るとワイン頼んでるみたいですが、味とかすっかり忘れちゃいましたー。)
が、旦那はこちらのブレーマーパンフィッシュが目的だったようです。
Bremen04

かなーり汚い感じに食べた後だけど、、こちらおそらくラプスカオス(Seemannslabskaus)
Bremen03

なかなか美味しかったはずです!
お近くのヒルトンに泊まり、翌朝から観光開始です。

夜とはだいぶ雰囲気の違う市庁舎
Bremen11

市庁舎の前に建ってるこの巨大な像がローラント像
Bremen07

ちなみに、市庁舎とローラント像は世界遺産です。

ガイドツアーまで時間があったので、シュノーア地区に行ってみました。
Bremen10

小さな雑貨屋さんとかカフェとかあって、ここ映画のセットじゃない?って思うくらい
私好みなかわいらしい街並みでした
でもこの建物は15,6世紀と結構歴史あるものらしいです。
シュノーア地区のブレーメンの音楽隊は躍動感に溢れてました
Bremen09

11時開始の市庁舎のガイドツアーです。
チケットショップは市庁舎になくinformationで入手。
そして正面に向かって右側のこちら側で待ちます。
Bremen15

時間通りにガイドさんが登場し、扉が開いて中に入れました。
中で、ドイツ語か英語かを選択できます。なんと、英語は私たち2人だけ。
なんて贅沢な45分のプライベートガイドツアーなんでしょう

煉瓦つくりのがっしりした外観とは違い、中は木造り。
しかもおそろしく凝っています。
Bremen14

天井もとっても豪華だし
Bremen13

船が吊り下がってたりするし
Bremen12

冬季のガイドツアーは回数が少ないけれど、見学できて良かったです。

この後、煉瓦造りの細いベットヒャー通りへ。
Bremen18

ベットヒャー通り入口にはこんな金ぴかなものが!
Bremen06

暗くて分かりづらいけど、上の方の建物の屋根の三角部分にマイセン陶器のグロッケンシュピールがあります。
Bremen05

冬季は、この鐘の音を最初に聞ける時間が12時。
鐘が鳴りだして夢中になってたら、横にあったコロンブスの部分が回転して違う絵とかになってました!!
Bremen17

ハンザ同盟の一都市でもあった、北海にそそぐヴェーザー川沿いの小さな街。
街の中心が小さいのですぐに見終わっちゃうけど、穏やかで好きな街です。
Bremen08 Bremen16


>>no.4ハンブルク再びに続く


ブレーメンってブレーマーハーフェンっていうだいぶ北に離れた町とセットで一つの州を構成してるって知らなかったわーって方、ポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


ブレーメン州は飛び地もあるんだってインテグレーションズコースでしつこく習ったな~。
あと、渡独前に購入したラジオドイツ語で出てきた”Bremen kenne ich.”て文、なぜかむっちゃ覚えてます。

ハンブルク ☆2010年3月エリカ街道の旅 no.2

3年前に行ったエリカ街道の旅の続きです(前記事はこちら)。
リューベックを出た後、まずはハンブルクに戻ってきました。

旦那曰く、リューベック中央駅で来るべき電車が来なくてハンブルクに到着するのが遅くなったとか。
私の記憶には全く残っていないのですがね・・・

ハンブルクでは船に乗って港めぐりに出ました。
(でもそう言われてみると、確かに船の最終に遅れてしまうのではと焦ってたような気もします。)

船は赤レンガの倉庫街の合間を縫って、
Hamburg102

貨物船やコンテナのあるところを通り
Hamburg106

カラフルな船を見たり
Hamburg105

MSCの大きさに驚いたり。空の青と船の白の対比にうっとりしたり。
Hamburg104

目を引く建物を眺めたり。
Hamburg103

Hamburg101
・・・東京に、これとそっくりなタワーマンションがあるのですが、恐ろしいですよねーなんだか。

お天気も良かったので、とってもすがすがしい気持ちになって楽しんでました
Hamburg107

でも、英語ツアーだったのかドイツ語ツアーだったのか、記憶にありません。。。
なんとなーくその場で解説してくれる系のドイツ語だったような・・?

そうそうハンブルク中央駅には、こういうバケツを持った人(いや像ね!)が妙にたくさんいました。
Hamburg108 Hamburg109 Hamburg110

>>no.3ブレーメンに続く


いい調子で更新中!?この調子で書き上げてねと応援してくださる方、ポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


リューベック ☆2010年3月エリカ街道の旅 no.1 

皆様、本当にご無沙汰しております。。
日本に帰国して早いもので、1年が過ぎました。
ドイツにいた時の「旅行する週末以外は家でゴロゴロお気楽主婦」を脱出し、働く主婦となっております。
あまりに落差があったからか、フルで働き始めた12月から体調が優れない日々を送っていましたが
日本もやっと暖かくなる兆しが見え、徐々に復活してきています。

帰国してから、なぜかなかなかブログを書く気力がなくて、放置状態
でも、ちゃんとドイツでの旅を書き終えます。いい加減


まずは、2010年の3月5日(土)6日(日)に行ったエリカ街道の旅
もう3年も前なんですね~。

ハンブルク空港から最初に向かったのは、ハンザ同盟で栄えたリューベック(Luebeck)
旧市街が世界遺産です。
リューベック中央駅を出て街の中心へ向かうと、すぐに見えてくるこちらがホルステン門
Luebeck01
目の錯覚じゃなく、塔がそれぞれ中央に傾いた感じ。
15世紀後半に建てられたこの門の中は、市歴史博物館になっていました。

ホルステン門の裏にトラヴェ川が流れていて、煉瓦の建物の河沿いがいい感じでした。
Luebeck02

聖ペトリ教会の塔に昇ってみました。
市庁舎やマリエン教会や
Luebeck03

さっきのホルステン門もばっちり見えます。
Luebeck04

こちらが市庁舎。なんだかうまく撮れていないんだけど、黒光りしてましたよ。
Luebeck05

街歩きして戻ってくる時に撮ったものの方が逆光が弱くなってまだ黒光りが伝わるかな?
Luebeck16

ガイドツアーのみで市庁舎の内部鑑賞ができるのですが、残念ながら時間が合わなくて入れませんでした。

こちらがマリエン教会
Luebeck06

内部はこんなで、船から帰ってきてほっとできる空間な気がしました。
Luebeck08 Luebeck09

8512本のパイプでできてるこのパイプオルガンが世界最大級なんだそう。
Luebeck13

お昼はどうしても魚料理が食べたくて、シッファーゲゼルシャフトというレストランに。
この建物は1535年に建てられた「船員組合の家」だそうで、内部も趣があって落ち着いてて素敵なレストランでした。
Luebeck12

お味は・・・期待し過ぎてて、それほどでもなかったです。
Luebeck10

Luebeck11

ノーベル文学賞を受賞したトーマスマンと兄の記念館となっている彼らの祖父母の家ブッデンブロークハウス(右下)にも入ってみましたが、それほど興味もなく館内回って疲れただけという。。
Luebeck07 Luebeck15
でも外見はとっても素敵でした。

リューベックはさすがハンザ同盟の中心都市だっただけあって、重厚な家が立ち並んでて、煉瓦造りが多くって北の町らしいなーと思いました。


>>no.2へ続く


がんばって古い旅行記書き上げてねと応援してくださる方、ポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


全然更新していなくってもポチっとしてくださる皆様、本当にありがとうございます
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。