スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルヒテスガーデン

上司接待2日目。
定番のノイシュバンシュタイン城観光を提案しましたが、穴場的観光地に興味をお持ちだという上司のご要望に沿って、訪れたことのないベルヒテスガーデンにあるヒトラーの山荘を訪ねる旅になりました。
上司がドイツの鉄道にかねがね乗ってみたかったということが昨日判明し、ディナー後に二人で色々検索したのですが、残念ながらベルヒテスガーデンへは特急など使わない方が接続よく到着できるため、私達夫婦の定番「バイエルンチケットの鈍行で行く格安の旅」にやむを得ず上司まで参加させることになってしまいました。

接続良く・・・とは言っても片道3時間の旅です
電車タイムは、いつもなら特に会話もせず寝るか、ipod聞いてるか、本読んでるかですが、今回ばかりはそんな訳にいきません。会話の苦手な旦那もがんばり、私も少しがんばって会話しましたが、だんだん沈黙が多くなってしまいました・・・

喋らないなら、食べよう!と長旅の供にと車内に持ち込んだバタープレッツェルと普通のプレッツェルをつまむことにしました。
少しでいいとおっしゃる上司はバタープレッツェル3分の1を食べた段階で、塩辛すぎてギブアップ。
なんだかその後、どうも上司の体調が優れないように見受けられました。。いつも健康に気をつけてらっしゃる方なので(昨日知ったのですが)、少しでも異物が入ると調子が狂ってしまうんでしょうか??
プレッツェルは初めて購入したお店のもので、いつもよりも確かに塩辛いけど、私はオイシーと思って食べてたんですけどね

そんな中ようやくベルヒテスガーデンの駅に到着です。
結構ご立派な壁画が描かれた駅です。
Berchtesgaden01

簡単にミュラーで昼食を済ませ、ベルヒテスガーデン行きの849番バス(838番バスの路線の一部が同一)に乗り込みます。このバスはヒトラーの別荘行きの専用バス乗り場のあるDokumentationで降り、専用バスと山荘への入場が一緒になったチケットを購入します。9月中旬なのに、ものすごい観光客の量です。それもアジア人ではなくてドイツ人が主のようです。

専用バスは傾斜のきついクネクネ道を15分程度とかなり長い間走り、ようやくエレベーターに通じるところへ到着です。
Berchtesgaden04

ここからはバス待ちをしながら、みな下界の美しい眺めを楽しんでいました。
Berchtesgaden02

長いトンネルの行き止まりにあるエレベーターは金ぴかでした。
Berchtesgaden06

124mエレベーターで上昇し、山荘へ着くと雲の中に入ってしまい、視界が数10mしかありません。
Berchtesgaden03

山荘のレストランでムッソリーニがヒトラー50歳の誕生日に贈ったという暖炉を見つつ、お茶をして戻ってきました。
Berchtesgaden05

続いてケーニヒス湖へタクシーで向かいました。
このあたりのバスは本数が少なくて周りにくいのです。。
湖の色が透き通っていて(ドイツ一透明らしい)、人里はなれたとても静寂な場所でした。快晴ならもっと素敵な場所だと思いますが、今日は曇天で寒くて避暑の必要のない時期の避暑地は私にとってはイマイチでした。ネットで出した時刻表とは違い、20分ごとに遊覧船は出ていました。
凄く斜めに撮れてますが、湖のグリーンさが分かります。
Berchtesgaden09

エコーが聞こえる場所では電動ボートのエンジンも切って、静寂の中、解説者の吹くトランペットの音が1回ずつこだまして聞こえます。後方を振り返ると魔女が横たわっている形の山が見えます。
Berchtesgaden08

35分ほど乗船して聖バルトロメー教会へ到着です。
Berchtesgaden10
教会自体は本当に小さくてあっという間に見終わりました。他には2件レストランがあるのみです。帰りの船待ち行列に並び、一つ目の船には乗り切れずに20分待ちました。それくらい、この湖もトレッカーや欧米人主体の観光客でにぎわっていました。

帰りは駅前の中華でご飯を食べて(予想通り美味しくなかった)またも電車3時間の長旅、帰路は3人とも爆睡で帰りました

これといってすごーく感動するほどのものはなかった割にバス待ちやら寒かったりでどっと疲れる旅となってしまいました。上司はこれで楽しんでいただけたのでしょうか!?かなりの疑問が残るものの、私達二人はとりあえずやりきった感に包まれ反省する暇もなく床につきました・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「穴場的観光地」…だと、交通の便が不便そうだよね~。
そう言えば、ベルヒテスガーデンはバスでの観光ツアーが中央駅から出てるよ(従弟が来た時にチェックしたの~)。
ツアーとかだと、移動の心配もないから楽かもね。
山からの眺め&湖の色が素晴らしいね♪

Re: No title

ほんとだー。前に教えてもらったパノラマツアーでObersalzbergっていうの発見!!ありゃりゃ~。これなら上司も疲れなかったかも・・・・。
でもまぁ、いつもの私達の旅行っプリを分かってもらえて良かったってことにしよー。。
またも貴重な情報ありがとねっ!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさん

コメント、ありがとうございます。
他の方のご参考になるかもと思い、コメント欄にて説明させていただきます。
せっかくメールアドレスをご記載くださったのに、申し訳ありません。

ベルヒテスガーデンとケールシュタインハウスについては、私達が持っている「09-10版地球の歩き方ドイツ」に記載がありましたので参考にさせていただきました。新版でも、おそらくバイエルン州のページに掲載されていると思いますので、もし未読であれば一度ご確認された方がご理解していただきやすいかもしれません。

以下が私達の旅準備に用いたサイトです。
1.ケールシュタインハウスHP記載の行き方(英語)
http://www.eagles-nest.de/en/anfahrt/index.php?navid=6

2.ベルヒテスガーデン駅からケールシュタインハウスへの専用バス乗り場、Dokumentation (Kehlst. BA), Berchtesgadenまでの849番バス時刻表ですが、こちらは昨年のもの。今年オープンの5月7日以降に最新版がアップされるものと思われます。
http://www.rvo-bus.de/site/rvo__bus/de/fahrplan__information/fahrplaene/suche/fpl/849.pdf

3.ドイツ鉄道HP(英語)
http://www.bahn.com/i/view/GBR/en/index.shtml
 *電車や、公共バスも上記HPで乗り継ぎなど含め確認可能です。
  普通に検索するとザルツブルクからバスという行き方が案内されるかもしれません。
  私達は、電車がよかったので、ザルツブルク手前のFreilassingで乗り換えてベルヒテスガーデン駅へ行きました。

その日はバイエルンチケット(↓)を利用しました。849番バスでも有効かは乗車時にご確認ください。
http://www.bahn.com/i/view/USA/en/prices/germany/laender-ticket.shtml

6月は気候もとても良い時でしょうから、素敵な旅になることでしょうね。
旅のご計画とご研究大変ですが、楽しいですよね。がんばってください!
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。