スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノイシュバンシュタイン城とリンダーホーフ城のバスツアー

上司接待のためのレンタカー計画はあまりに無謀だという結論に辿り着き、代替案のバスツアーの下見に行って来ました!

8時半出発の15分前に集合場所に着くと、バスがわんさか止まって、人だかりも出来ているわ、中に人までかなーり乗り込んでいるわで少々焦りました。
このツアーどうやら、人気なんですね★

私達のルートのバスはどうも3台あるようで、適当に並んで乗ろうとすると、このバスはドイツ語英語オンリーで日本語がいいなら隣のバスに行きなさいと言われました。
それならそうとどこかに表示でもさせて欲しいものです。

指定されたバスはどうも異様に混んでいて、たまたま1階席に移動したい二人がいたので、2階の最後の2人並び席に座ることができました。もっと早く来なくちゃいけない様子です。。
イヤホンが配られてチャンネルを合わせて日本語の解説を聞けるのですが、混線してたり(旦那の席)、雑音がひどかったり(私の席)で席によってはとても聞いてられない状態にもなっちゃいます。

ガイドさんが英語でかなりたくさん話すので、ある意味退屈はしないかも??
バスの中でお城のチケット購入代が回収されます。私達の持ってるバイエルンカードを渡すと予約手数料として各人1ユーロ支払うだけですみました。

多分1時間半程度でリンダーホーフ城到着です。
Linderhof01
なんど見ても美しい(でもまだ2度目・・)!!中もすごいゴージャスでとってもロココなので、ノイシュバンシュタイン城と並ぶかもしかしたらそれ以上に私好みの大好きなお城です。(・・・なので、結婚式エンディングビデオのトップ画像は初めて来た時に虹入りで撮れたこのお城でした

リンダーホーフ城は、日本人グループとして時間が区切られたので、各部屋で日本語の音声を流してもらえてとってもラクチンでした。お城自体はお屋敷程度の大きさでこじんまりしているのですが、その一部屋一部屋の豪華さと言ったら、説明のしようがありません。ルートヴィッヒ2世は(若かりし頃)かっこいいだけでなくて、趣味もいい!!

お城内見学時間以外の余裕は前後あわせて15分程度でした。
その時間を利用してベストスポットへ登ります。
バスに乗るときに少し言葉を交わした一人旅の女の子と3人で行きました。社交的とは言えない旦那からお城に向かう途中で声を掛けたみたいで、その事実にびっくりでした!結局その子とは下車観光を常に一緒にしたんです。お昼一人で食べるのはきついよねとの旦那の判断で。なんか優しいじゃん
Linderhof02
夏はお花も満開でより一層ステキです。
お城の周りは山に囲まれていて、その緑も本当にステキです。

ベストスポットから、お花を入れてみました。
Linderhof03


その後、トイレ&お土産休憩でオーバーアマガウに。
オーバーアマガウという村は、10年に1回キリスト受難劇を村の人が演じることで有名です。この10年に1回が今年なんですよね。見に行こうかと考えたこともあるけど、キリスト教の理解があまりになさすぎるし、何時間にも及ぶ長丁場と聞いて、断念しました。

それ以外にも家の壁面に素敵な絵が描かれていることでも有名です。
いつもバスからの写真なので、うまく撮れないのですが、今回の収穫はあかずきんちゃん。
oberamagu01
他にもあります。
oberamagu03
キリスト関係ですね。
oberamagu02
こんな木彫りも売られてます。
oberamagau04

ここで結構無意味に?20分くらい時間を使い、ノイシュバンシュタイン城へ向かいます。
途中の車窓がなんて牧歌的な風景なんだろう。。と思えるくらいいいお天気だったのに、ノイシュバンシュタイン城が小さく見え始めたころから黒い雲がやってきて、バスから下車する頃は土砂降りになりました。ガイドさんがチケットを調達してくれてる間に私達はミュラーというホテル&レストランでランチをいただきます。お料理が出てくるのが早いからと言う理由でさかんにお勧めされていました。チケットもそのレストランで配布されました。

きのこソースがけ豚肉のソテーとシュペッツェレ。
むちゃくちゃ美味しくはないけど、食べられるドイツ料理です(←ちょっとえらそう)。
oberamagau05 oberamagau06

ランチが終わる頃には、雲がすごいけど、雨はあがってました。
oberamagau07
このツアーでは中に入る時間がないホーエンシュバンガウ城。
oberamagau08

徒歩で30分くらいで到着です!
Neuschwanstein01

城内は、日本語オーディオガイドを聞きながら進みます。
未完成の壮大なお城。せっかく建てたのに、滞在すること数日でルートヴィヒ2世が捕らえられてしまったお城。
記憶力の悪い私は、3回目の説明でも新しく聞けちゃいます。
そして今思い出そうとしても、なかなか出てきません。でも部屋に描かれた絵などからも、ルートヴィヒ2世の幅広い知識量が思われる・・とかというくだりがあったと思います。

この後マリエンブリッジへ急ぎます。途中の坂から見える村。
oberamagau09
ホーエンシュバンガウ城と湖も見えます。
Neuschwanstein02
そして底が板で出来たマリエンブリッジから撮影。雨で板が濡れてちょっと怖かった。
Neuschwanstein04
もっとアップに!!
Neuschwanstein05

ツアーバスを終えて
2階建てバス全員の団体行動となるので、やはり集合するのに余分な時間がかかってしまうのと、集合時間が明確なので行きたいところへは素早く行く、もしくは最初から行かない!という諦めが必要なようです。
窮屈なのが苦手でツアー嫌いの私ですが、車がなくては見て回れない2つのお城の中を1日で見られるのは利点です。夏は、電車だと座れる保障がなく、チケット入手にも並ぶ必要があるので、こちらも利点でしょう。
ただ、リンダーホーフの広大な庭を散策したりとか、マリエンブリッジでゆーっくりしたり湖のほとりでぼーっとしたりという自由な時間は皆無です。。
やっぱり旅は大変な思いをしてこそ!!(自由に行きたい・・)と思う私でした。
でも、上司接待はもちろんバスツアー決定です


ノイシュバンシュタイン城&リンダーホーフ城のパノラマバスツアー情報
■ルート
8:30 中央駅→リンダーホーフ城→オーバーアマガウ→ランチ→ノイシュバンシュタイン城→ 19:00 中央駅

■料金 一人
49ユーロ   *お城入場料別途要。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。