スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルサレム ヴィア・ドロローサ編 ☆中東旅行 Day3

あと少しってところで神殿の丘に入場できず、残念なことになりましたが(前記事参照)、
明日に賭けることにして、カフェで雨宿りした後、ヴィア・ドロローサを辿ることにしました。

ヴィア・ドロローサとは、イエス・キリストが裁判で有罪とされ、十字架を背負って磔刑に処されるゴルゴダの丘まで歩いた約1キロの道のこと。ヴィア・ドロローサ(Via Dolorosa)は、ラテン語で「悲しみの道」を表すらしい。この道上に、イエスの身に起きた出来事が14つのステーション(留)で表されています。

第1留。イエスが死刑判決を受けたアントニア要塞があった、現エル・オマリアスクールの校庭。
jerusalem06

第2留。イエスが十字架を背負わされた場所にある鞭打ちの教会。
jerusalem27 jerusalem29

第3留。イエスが十字架の重さに耐え切れず、最初につまづいたところ。
jerusalem11

翌日通りかかったら内部見学できました。つまづいた様子が分かります。
jerusalem13

第4留。マリアが十字架を背負ったイエスを見た場所に建つ教会。
jerusalem39 jerusalem12

第5留。シモンがイエスの代わりに十字架を背負った場所。
jerusalem19

第6留(ベロニカという女性がイエスの顔を拭った場所)と第7留(イエスが2度目に躓いた場所)。
jerusalem15 jerusalem16

第8留。イスラエルの娘達に泣くなとイエスが声を掛けたところ。
jerusalem17

第9留。イエスが3度目に倒れた場所は、現聖墳墓コプト教会の入り口。
jerusalem20 jerusalem18

ここからは、ゴルゴダの丘に建てられた聖墳墓教会の内部。
第10留(イエスが衣を脱がされたところ)と第11留(十字架に磔にされたところ)。
jerusalem21 jerusalem22

第12留。イエスが息を引き取ったところ。
jerusalem23 jerusalem24

第13留。マリアがイエスの亡骸を受け取った所にある、イエスの死を嘆くマリアの小祭壇。
jerusalem25

第14留。イエスが墓に収められた場所。ここがヴィア・ドロローサの終点です。
jerusalem26

毎週金曜日にはフランシスコ派修道会がこのヴィア・ドロローサを行進するそうです。
日曜日だったけど、クリスマスだからなのか、それらしき集団を聖墳墓教会内で見かけました。
jerusalem32

マグダラのマリアがイエスの亡骸に香油を塗ったところにある大理石板には、花が手向けられたり、祈ったりと大混雑。信者じゃないけど、私達も大理石に触りながら色々願い事をしました。
jerusalem30

キリストが亡くなった場所の前にはキャンドルを立てられるところがあったので、信者じゃないけど、火を灯しておきました。
jerusalem31

教会のことがさっぱり分からないから・・・と手に取った、紅山雪夫著作のヨーロッパものしり紀行<神話・キリスト教編>に始まり、いくつかのキリスト教についての本を読み漁り、いつか入信しちゃうんじゃないか(笑)と思われた旦那は、かなり満足できたようで良かったです
信者の方なら、イエスの苦痛を感じながら、一生に一度は是非辿ってみたい道でしょうね。
宗教のこと全く知らない上に事前勉強が足りない私にとっては、この道を歩いて初めて、へぇ~と知ることばかりでした。


>>まだもう少しエルサレム観光頑張ります!


キリスト教にちょっと興味沸いたわって方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エルサレム、おもしろそー

うーん、おもしろいですね、エルサレム!
ゴルゴダの丘までの道があるようなことは聞いたことがありましたが、
こんな風に具体的にイエスの足跡が辿れるようになっているとは!

入国スタンプの件もあるので、イスラエル旅行はいつかパスポートの期限が切れる間際にでも..
と考えてましたが、happyさんのレポで俄然、私の中での優先順位が上がってきました。

この旅行記、キリスト教信者の友達にも教えてあげたいと思いまーす。

No title

ハプニングもいろいろあったようですが、
エルサレムだけでも、重みがあって興味深いではないですか!!
残りの旅路も気になりますi-85

GingerTeaさん

お久しぶりです!今年もよろしくお願いします♪

旦那が行きたいと言わなければ行かなかったであろうエルサレムですが、
多くの歴史を持つ街なので、見どころも盛りだくさんでした。

以前からイスラエルに興味がおありなんですねーー!
空路だと入国より出国が大変だとガイドブックにありましたよ。

> この旅行記、キリスト教信者の友達にも教えてあげたいと思いまーす。
楽しんでいただけるとうれしいですっ。

まゆみちゃん

重みがあるってのが的確な表現かも!
小さな場所に色んなものが詰まってたよ。

このペースで書いてたらこの旅行記いつ終わるんだろう。。でも頑張ります。
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。