スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストリア世界遺産巡りの旅

ちょっと前になりますが・・・5月13日の木曜日が祝日だったので、4日間で隣国オーストリアを満喫してました。
世界遺産を全部で6つ巡る見所満載の旅です。

あいにく5月というのに雨が降って最高気温10度そこそこという日もありましたが、4日間とも雨予報の中、晴れ間も覗いてくれたりして、なんとか観光できました~。

oesterreich01
最初に観光したのはザンクトペルテンという小さな街。

予定外にミュンヘンからのレイルジェットが10分遅れたために乗り換える1時間に1本の列車が行ってしまい、暇つぶしにお散歩。でもなかなかかわいらしい街でした。

これはマルクト広場の市庁舎。中はインフォメーションでした。
広場を挟んだ向かい側の教会の中が豪華でびっくりしました。外観は普通だったので。

本来の目的地、メルクへは1時間遅れで到着。有名なのは丘の上に建つメルク修道院。
さっきのロスタイムのおかげで、駆け足見学になっちゃいました!
oesterreich02 Oesterreich03
oesterreich03 oesterreich04
Oesterreich06

メルクからデュルンシュタインまで、世界遺産ヴァッハウ渓谷を船で下ります。
メルクの乗船所はメルク川に沿って10分程度歩いたところで、チケットも乗り場手前に細々とありました。
発車時刻の10分前くらいでしたが人がわんさかいました。
乗船後、ウエイターに進行方向とおすすめのサイドを聞いて進行方向左側に着席!なぜか右側が混んでましたけど・・・
Oesterreich07
Oesterreich08
船の中の室内の席は全てレストラン仕様になってます。
別に頼まなくてもいいらしいのですが、私達はここで軽く昼食をシェアしました。
豚肉のソテーなんですが、ドイツと違って、野菜とお肉とジャガイモとそれぞれ違った味がしっかりしてておいしい。この辺りはワインの産地でもあるようで、現地産のワインを飲みました!これまた美味しい~。
初めての食事が当たりでテンション上がりました
船からの景色もライン河下りよりも変化に富んでいて、川幅も見渡すのにほどよかったです。
Oesterreich09 Oesterreich10
2時間で目的地デュルンシュタインへ到着。水色の塔が目をひく街です。
oesterreich05 Oesterreich11
そして右の写真がケーンリンガー城跡。船から、とってもステキに見えました。
出来心で山を登って城跡まで行ってみるか!となり、登り始めたのですが、、結構急で険しい山道。それもなかなか頂上には辿り着きそうもない。おまけに、さっきまで降ってた雨で石が濡れてるので歩きにくい。加えて旦那は3泊分の荷物を担いでました!
行き交う人に頂上まで半分は来たか?と思わず尋ねてしまうほど遠かった
でも、汗だくになって頂上に上り詰め、城跡の石とともにドナウ川を見下ろす絶景っぷりはすごかったです。
Oesterreich13

デュルンシュタインからは、電車に乗り、クレムス乗換えでウィーンへ向かいます。デュルンシュタイン駅は、無人のとっても小さな駅でした。

クレムスからの電車の終点はウィーンのフランツ・ヨーゼフ駅。ホテルに行くには手前の駅で降りる方が都合がよかったのですが、終点の駅の方が大きくてウィーンカードも買いやすいだろうと思い降り立ってみると、時間が18時になってたからかもしれませんがとっても寂しい駅でした。残念ながら旅行会社は閉店しており、自動販売機ではウィーンカードは買えず、S-Bahnや電車の本数も少なく、この駅でどうすべきか考えあぐねてたら、優しいウィーンっ子が声をかけてきてくれました。結局ウィーンカードは諦め、72時間チケットを買い、大雨の中トラム(市電)で中心地へ出ることに。乗り場に行ってみるとなんとラッキーなことに、ホテル最寄駅まで直通のトラムを発見!
大雨の降りしきる中、ホテルに無事到着。そのホテルでウィーンカードを売ってるようでちょっと悲しかった・・・。3泊するこのホテル。バスタブが付いているか尋ねると、シャワーオンリーの部屋があてがわれてたけど、融通を利かせてくれてバスタブ付きの広いお部屋にチェンジしてくれた!このホテルのフロントの人はみーんな親切で、快適ステイとなりました!

雨はなかなか止まないけど、夜ご飯を食べにフィグルミュラーに行きました。
本店も支店も行列。。。私達は支店に狙いを定め、傘をさして並びましたよ。店内は結構広くて15分ほどで座れたと思います。
Oesterreich14 oesterreich06 Oesterreich15
ガイドブックにも載っている「名物」のウィンナーシュニッツェルに加えてツヴィーベルローストブラーテン(写真右)をオーダーしました。もちろん白ワインも♪もちろん名物も美味しいですが、単調な味なので私にとってはツヴィーベルローストブラーテンの方が美味しかったですじゃがいもも、玉ねぎもお肉も全部違う味がしたので、飽きることなく完食できます。ドイツ語圏だしお料理もそれほどドイツとは変わらないと予想してたけど、オーストリアの方が美味だわ~どうしてでしょう
1日目、ウィーンでは雨に降られるも、ランチ・ディナーともに当たりでルンルンの1日目を終えました。

翌朝あいにくのどんより空でしたが、2つ目の世界遺産シェーンブルン宮殿にやってきました。並びたくなかったので、8時半頃にはホテルを出て9時頃すんなりチケットを入手しました。
oesterreich-0009
マリアテレジアイエローが映える宮殿内は残念ながら撮影禁止。でも日本語のオーディオガイドのおかげでストレスフリーで見学できました。宮殿内は他の宮殿と同じ感じ・・・(3週間も経つと、写真に残ってないものは思い出せなくなる乏しい記憶力の私)でした。
Oesterreich18 Oesterreich17
宮殿を見終わっても小雨が降っていたので、シェーンブルナー・パノラマバーンというかわいい小型バスに乗ってグロリエッテに向かいました。前歩いた時には通らなかった動物園や温室の前を通過したりできてよかったです。
oesterreich-0008
グロリエッテの展望テラスからの景色もよかったです。
シェーンブルン宮殿の後ろにウィーンの街が見えます。
Oesterreich21
庭園とグロリエッテ。昔来た10月半ばのお花がなかった時とは違い、カラフルなお庭
お天気だったらさぞ綺麗だったでしょうに~ この日午後は晴れたのでした。

続いて3つ目の世界遺産ウィーン旧市街観光です。その前に、腹ごしらえをオーバーラーで!2階もあるけどかなーり混んでます。席は自力で見つける制度のようです。最後の1席をめでたく確保し、日替わりランチの魚と普通の魚メニューを頼みました。どっちも美味しい
oesterreich-0010 Oesterreich2 oesterreich-0011
ランチには美味しいスープとプチデザートが付いてました。
プチデザートを旦那に渡して、私はケーキとメランジェをオーダー。甘すぎないケーキとふわふわの泡と適度な苦さの美味しいメランジェに感動ザルツブルクで飲んだメランジェと張りあう美味しさでした~

王宮前には馬車がひっきりなしに走ってました。
Oesterreich24
Oesterreich25王宮内の銀器コレクションで展示されていた鴨の肉汁絞り機。
ガイドブックにシシィが健康のために生肉ジュースを飲んでいたと記載があったんです。
この機械で作ったのか~と撮影しましたが、
オーディオガイドでは生の肉汁を飲んでいたというのは否定していました。

シュテファン寺院。塔には時間切れで登れず・・
Oesterreich26 Oesterreich27
美術史博物館とマリアテレジア像。
Oesterreich28
この日は午後からとってもいいお天気になったので、かねてから行ってみたかったグリンツィングのホイリゲに繰り出しました。(シュッテントーア駅からトラム38で終点下車)
Oesterreich29 Oesterreich31 Oesterreich32 oesterreich-0012
ホイリゲだらけでどこがいいのか良く分からないので、適当にパッサウアーホーフというお店に入りました。
最初はワインの炭酸水割り「ゲシュプリッター」を頼み、その後普通の白ワインを飲みました。1/4リットル入りのグラスなので、お店を出たときにはいい感じに酔っ払って陽気になって帰りました。でも、ここで私が頼んだワインは、甘いワイン好きな私の好みの味ではなかったです。食べ物はソーセージとグラーシュを頼みました。お味は、普通でした。念願かなえるべくはるばる来ましたが、昨日ほどヒットしない・・・けどこんな日もありますよね。
ちなみにここはとっても大きなお店のようで、生演奏は地下でやってたみたいです。

3日目は、急遽4つ目の世界遺産ノイジートラ湖に行きました。朝7時Südtiroler Platz発のバスに乗るため余裕をみて6時20分にホテルを出ましたちょっと早く出すぎたのとバス停以外何もなくて時間を持て余しました。おかげで朝ごはんを買うことができず、2時間バスに揺られて辿り着いた目的地ルストのバス停前のお店で食べました。ここのグラーシュは思いがけず美味しかったです。
ルストは小さいけど建物も綺麗でかわいい街でした。
Oesterreich34 Oesterreich35
Oesterreich36 Oesterreich37
インフォメーションで親切なお姉さんに情報をもらい、サイクリング地図などを買ったりして、コンディトライ横の細い道を入って行ったレンタルサイクル屋さんで自転車を調達しました。どんなのが良いか聞かれ、手ブレーキのものをお願いしました(ペダルを逆こぎにするとブレーキがかかるタイプもあります)。1時間1.5ユーロでした。レンタル屋のおじさんもおばさんもとってもいい人。小さな街に来るとこういう人に出逢えるのがとっても楽しいんだな~
ちなみにノイジートラ湖は水深が浅く、干潟のような湖です。コウノトリとか珍しい鳥が生息しているんだとか。
Oesterreich38
新しくこぎやすい自転車でお天気のいい中サイクリングロードを湖に向かって走ります。
なんて爽快なんでしょう たのしい~~
Oesterreich39
ルストの船着場から自転車をたくさん積んだ小型の船が出て行きました。
鳥だらけです。。ヨットもあります。
Oesterreich40 Oesterreich41
時間がまだまだあったので、お隣の街メルビッシュまでサイクリングすることにしました!
ぶどう畑や動物や、、と自然が一杯でとっても気持ちよい20分くらいのサイクリングでした。
Oesterreich42
街に行くはずが湖に向かってしまいメルビッシュの街並は楽しむことができないままに引き返すことに。でも、、風が強いっ どうやらメルビッシュまで追い風で楽にサイクリングしてきたようです。
雲も多くなり凄い向かい風の中を必死でペダルをこぎました。
身体は熱いけど、手は風のせいでとても寒い。
サイクリングって大変。。。
Oesterreich43中学の時の部活の練習のような過酷なサイクリングにヘトヘトになり、泣きそうになりながらもなんとかバス発車の15分前にルストに戻って来られました。

バスに乗る前にトイレを借りたいと思って頼んだワイン。
確かこんな少量で4ユーロしたのでは!
とっても甘かったのでアイスワインだったのかな?

乾いた喉とお腹に結構ずどんと来ました。

ウィーンに戻り、ザッハーでお茶をしました。
ケルントナー通りの店舗は行列(写真左)。こちらは持ち帰りも買える店舗のようです。
カフェの方も行列でした。でも回転が早そうだったのでこちらに並びました。
Oesterreich44 Oesterreich45 Oesterreich46
席に着くなりザッハートルテ?と聞いてくる店員さん。1つはトルテをもう1つは隣の部屋にあったショーケースから選びました。ドリンクをもっとじっくり選びたかったのに早く決めろといわんばかりにメランジェ?と聞いてくる。。なんだーこの店員さんはあ。。アインシュペーナーにしようかと思ったけど押されてメランジェにしてしまった。
ザッハートルテは昔食べたデメルのより好みかも。ジャムも甘すぎない!
それに比べて私の頼んだケーキは甘い。。。メランジェも美味しくない。。。
その上なんの説明もなくコートをクロークに預けさせられたのに、取りに行ったら1ユーロ払えと言われ、先に言うべきなのに!とムカつきました。

oesterreich-0013 oesterreich-0014
このあと美術史博物館(写真上。建物ももゴージャスです)でフェルメールなどを鑑賞し、夜ご飯を食べにプラフッタへ行きました。ところが、予約で満席。空くのは21時半と言われ、断念。とっても美味しそうで本当に残念。予約しておけばよかった~。
そこでウィーン在中の友達から聞いた街の居酒屋に変更。そこは地下なのですが、お店の中で行列でした。ここは英語が通じず、おじさんのドイツ語もよくわからない。取り合えず予約がないと座れないことを強調され、いつ食にありつけるかの目処もないまま待ってました。そしたらアジア人カップルが片言の日本語で、もうすぐ出るからここに座ったらいいよ。と声をかけてくれました。おかげで夕食にありつけました。
oesterreich-0015 Oesterreich50 Oesterreich51
ターフェルシピッツとシュピーゲルとワイン。シュピーゲルはもちろん茹でた温かいものを想像してたらなんとマリネ風。微妙。。席の側で生演奏が始まったことがせめてもの救いでした。
Oesterreich52
私達のホテルの側にプラーターという名の遊園地があり、そこの観覧車は歴史も古い上に映画「第三の男」の撮影場所にもなったということで、雨の降りしきる中乗ってみました。
何も・・・見えません

天気のいい日に
せめてお昼間に乗ることをおすすめします

4日目。5つ目の世界遺産セメリンク鉄道。アルプスを初めて越えた山岳鉄道で、たくさんの橋を通ります。列車に乗っていると自分の列車と橋を撮るのは至難の業。できてこんな写真でした。
Oesterreich53 Oesterreich54
セメリンクには建設に貢献したゲガという人の碑と世界遺産のプレートがあります。ここから結構なハイキングをすると有名なカルテ・リンネ橋の撮影スポットに行けるらしいのですが、大変そうなので却下です。

今回最後の世界遺産グラーツ旧市街
oesterreich-0016 Oesterreich56
シュロスベルク(城山)にある時計塔とそこからの眺め。
時計塔は長針と短針が逆です。
日曜日で活気がなかったからなのか、眺め以外は特に感動するものがなく、とっても寒かったことをやたら覚えてます。

毎朝早起きして観光にいそしんだオーストリア旅行。ご飯もワインも美味しくてたくさん観光できたし充実した旅行でした。
けれども毎日メランジェを頼み、昼間でもワインを飲み続けた4日間。帰りの電車では私の丈夫な胃も相当お疲れになったようで、夜用のパンも食べられず、寝ながら帰ってきました。
そしてこの3日後に悲劇の2回目急性胃腸炎が襲ってくるとはこのときは知りもしないで・・・

旅程
5月13日
07:27 München発
11:15 St.Pölten着 10:58到着のはずが、17分遅れで到着11:14のMelk行きに乗れず予定外のプチ市内観光。
12:14 St.Pölten発 
12:32 Melk着
13:50 Melk発
15:10 Dürnstein着
16:47 Dürnstein発
16:56 Krems着
17:03 Krems der Donau発
18:04 Wien Frz-Josefs-Bhf着

5月14日
ウィーン観光

5月15日
07:00 Wien Südtiroler Platz発
08:55 Rust am See Postamt着
12:05 Rust am See Postamt発
12:58 Wien Südtiroler Platz着

5月16日
07:40 Prater Stern発
07:57 Wien Meidling着
08:03 Wien Meidling発
09:14 Semmering着
10:15 Semmering発
11:33 Graz Hbf着
15:38 Graz Hbf発
19:44 Salzburg Hbf着 10分遅れで到着焦りましたが、ミュンヘン行きも遅れてた!
19:51 Salzburg Hbf発
21:33 München着

かかった費用 総額 972.30
58.00 ミュンヘン→メルク
58.00 グラーツ→ミュンヘン
9.00 座席指定券(行き)・・同時購入でないので高くなってます。
9.00 座席指定券(帰り)
267.00 Hotel Wilhelmshof
28.00 Einfach Raus Ticket(初日用)
64.40 ウィーン-グラーツ間鉄道チケット(指定席込み正規料金)
40.00 ヴァッハウ渓谷遊覧船
27.20 ウィーン市内交通72時間フリー券
15.40 メルク修道院入場券
45.00 シシィチケット 2人分
4.00 グロリエッテ 2人分
12.00 シェーンブルナー・パノラマバーン 2人分
20.00 自然史博物館 2人分
43.20 ウィーン ルスト間バスチケット 往復 2人分
6.00 レンタサイクル
24.00 美術史博物館
17.00 プラーターの大観覧車 2人分
8.20 グラーツ24時間交通フリーチケット 2人分
1.40 時計塔リフト代
6.50 時計塔ふもとの洞窟ミニバーン
209.00 食事代など
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。