スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウグスブルク日帰りの旅

昨日、今日と寒いけれど、雲ひとつない快晴が続くミュンヘン。
そんな昨日はお近くのアウグスブルク(Augsburg)に行ってきました。
アウグスブルクはロマンチック街道沿いにある都市で、起源はローマ帝国まで遡る古都。
最盛期は15~16世紀で、豪商フッガー家ゆかりのものも多数。
ミュンヘンから電車で乗換えなしで1時間もかからず行ける、お手軽日帰り旅行先です。

前回は滞在時間数十分という弾丸過ぎる弾丸っプリの猛スピード観光だったので、私にとっては、今回が初めてのじっくり観光となりました。

駅から歩いて旧市街に向かう途中、新しくておしゃれげなカフェを見つけました。
Augsburg01

ショーウインドウにMaeluチックなかわいいケーキが並んでたので、
Augsburg05 Augsburg06

観光そっちのけで、いきなりカフェにて休憩タイム。
Augsburg02 Augsburg04 Augsburg03

インスピレーションで入ったカフェは居心地はバツグンだったけど、ケーキのお味がイマイチで残念でした・・・。

また歩いていたら、FCアウグスブルクのショップに遭遇!
Augsburg07

中は広くないけれど、細貝選手のユニフォームも売られてました
Augsburg08

街中でまさか会っちゃったりして~なーんて期待したけど、お見かけできず
そもそもミュンヘンと比較して、日本人が少ない気がします。

マルティン・ルターも滞在したことのある、聖アンナ教会。修復中で残念ながら見学できず。
Augsburg09

教会の近くの脇道を入ったところでマルクト開催中でした
Augsburg10 Augsburg11
Augsburg13 Augsburg12

ミュンヘンのビクトリアンマルクトと比較するとこじんまり。
だけど、十分に見ごたえのある、商品充実のマルクトだと思いました。
「さくら」という日本食(風??)のお店は大盛況のようでした!!

美しいベルラッハ塔市庁舎の前からトラムに乗って
Augsburg34

最初にやって来たのは、モーツァルトハウス
Augsburg15 Augsburg16

あのモーツァルトのお父さん、レオポルトの生まれ育った家が今は記念館になっています。
Augsburg18

レオポルトはバイオリンの名手でもあり、バイオリン教本を書いたり、
Augsburg17

作曲したり。
Augsburg19

入場料3.5ユーロと安価ですが、日本語のオーディオガイド代も含まれていて、30分みっちりレオポルトを中心にモーツァルトについても知ることが出来ます。予想以上に見ごたえがありました。

続いて大聖堂。大きいです!ロマネスク様式とゴシック様式が混在する教会とのこと。
Augsburg20

外観も(木が邪魔してるけど)西側(↓)と東側(↑)では全然違います。
Augsburg21

壁面に描かれた巨大なクリストフォロス像
Augsburg22

床部分にも磨り減った像がありました。
Augsburg24

写真(右上端)ではっきり見えないけど、身廊上のステンドグラスはドイツ最古のものだとか?
Augsburg23

最後はフッゲライ(Fuggerei)へ。
フッゲライとは世界初、1521年に貧しい人々のために作られた社会福祉住宅。
フッガー家のヤコブ・フッガーの寄進で建てられたそう。
驚くのは、建設当初と変わらず、今現在も生活困窮者がここで生活していること
その数150人とか。しかも家賃は、年間1ユーロ弱だって!!

こじんまりとした素敵な教会もある、紅葉の美しい、落ち着いた、静かな街並みです。
Augsburg26

この長屋住宅の一部が博物館になって昔の様子を知ることができたり、見学用住宅では現在の住居を肌で感じることも出来ます。
モーツァルトの曾祖父フランツ・モーツァルトもこのフッゲライの住人だったそうです。
Augsburg33

各住居にそれぞれの玄関があり、そのドアベルの取っ手部分が個々に異なる形なのだそうです。街灯のない時代、夜遅く帰ってきたときでも自分の家を見極めるためだったとか。

お金持ちの人が、立場の違う貧しい人たちのために、暮らしやすさを追求した住宅街を約500年も前に作っていたなんて感動です
このフッゲライ、観光客でものすごくにぎわっていました。

Augsburg32

石畳と美しい家々が印象的な、歴史あるアウグスブルク。
ちゃんと観光することができて、良かったです。


アウグスブルク、行ってみたいなって思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


Schedule
11:36 Muenchen発 RE
12:17 Augsburg着
17:06 Augsburg発 RE
17:52 Muenchen着

情報
モーツァルトハウス 3.5ユーロ(日本語オーディオガイド込み)
フッゲライ 4ユーロ HPはこちら(独語・日本語etc)


Augsburg25 Augsburg29 Augsburg14
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アウグスブルグは私も旅行記書いた事あるよ~♪
アウグスの市場も観てるだけでも楽しいよね☆
フッゲライではドアベルの写真撮りまくったよ。
近場ですぐ行けるし、日帰りトリップには良い都市だよね。

Maelu似のケーキはとぉ~っても美味しそうだけど、実はイマイチな味だったのね。残念っ!

ステキ☆

アウグスブルグ、名前は知ってたけどどんな街か全然知りませんでした~。
happypigさんのブログで行ったことのない、いろんなドイツの街を知ることができてありがたいです♪
ケーキ、おいしそう!と思ったけど、お味はいまいちだったんですね・・
ドイツのカボチャって、いろんな形でかわいいですよね。

フッゲライってすごくステキな家並みですけど、未だに生活困窮者が暮らしてるんですね!!
年間1ユーロって、その1ユーロは一応の形として徴収するだけなんでしょうね。
フッガーさん、お金持ちで貧しい人のためにこんな住宅を提供したなんて素晴らしいですね☆
お金持ちはそうあるべきですけど、私服を肥やすだけの人も多いですからね~。

ブースケちゃん

マルクトって同じドイツのでもなんだかちょっとずつ違いがあって、面白いね。
イタリアンとかお魚のお店とかも賑わっていて、また来たいなって思っちゃったくらい。

フッゲライのドアベルにはまったんだー。

ミュンヘンの周りにあまり大きな都市がないから、電車で45分のところにアウグスブルクがあるのはありがたいっ。

ケーキは見かけによらず!だった。

ビバちゃん

アウグスブルグ、ミュンヘンに来られた時についでに寄って行ってみて下さい!
ケーキねー、5.5ユーロもしたのにがっかりでした・・。
ドイツのカボチャ、巨大でへんてこな形のもあったりして、アレンジされてなくとも、ただそのかぼちゃの存在だけでハロウィンって感じしちゃいません?

フッゲライの紅葉がとっても印象に残る、落ち着いた住宅街でしたよー。
フッガーさん、私も尊敬しちゃいました。
お金の正しい使い方を知っているお金持ちの人って、希少ですよね。。
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。