スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハルツ地方魔女狩りツアー

先週は金曜日から3日間でブロッケン山のあるハルツ地方を旅してきました。
ハルツ地方は魔女発祥の地とされていて、4月30日から5月1日にかけてヴァルプルギスというお祭りが開催されるというので、この日に行くことにしました。
世界遺産も3つ制覇できました!

クヴェトリンブルクの旧市街とセルヴァティウス教会は合わせて世界遺産です。
木組みの家が特徴的。木組みの家博物館なんてのがありました。値段の割には一瞬で見終わりますが・・・
ドイツ初代の王ハインリッヒ1世が立てたお城からの街の眺めはタメイキものです。
Qeudlinburg01 Harz20100501
Qeudlinburg04 Harz20100502

ターレは魔女に一番ゆかりがあると思われる街です。
色んなところに魔女の人形が吊り下げられてました。
ゴンドラに乗って山の上に行くと、ヴァルプルギス(お祭り)の会場があるそうです。ヴァルプルギスホールなんていうお祭りの名前のホールまであるみたいで、魔女に変装した人がたくさん会場に向かってました。
私達はお祭りの会場ではなく、リフトに乗ってロストラッペの足跡を見に行きました。
Thale02 Thale01

ヴェルニゲローデは街のどの建物もお庭もきれいでかわいい街。
Wernigerode01
街からヴェルニゲローデ城が見えます。
市庁舎もユニーク(写真左)だし、ホテルからみえる街並みもかわいい♪
Wernigerode02 Harz20100503
夜はホテルそばのニコライプラッツで屋台で済ませちゃいました。そこがお祭りの会場なのです。
でもターレと違って魔女に変装してる人は皆無でした。
真夜中までいたらもう少し違ったかもしれません。

2日目は朝一でとってもかわいいSL列車に乗ってブロッケン山へ向かいました。
列車に乗りながら写真を撮るのはなかなか高度でした。曲がるのを待ち構えてさっさと撮影!
列車から見える道には、ハイキングしてる人たちや三脚持った人がわんさかいました。
Brocken01 Brocken02
ブロッケン山頂は着いたとき4℃でした(さむっ)
曇ってたしあまりに寒くてブロッケン博物館でお茶しました。
ほとんどの日は霧が出てるらしいけど、博物館から外に出たら晴れてきました!ラッキー。
Brocken03
山頂に1時間位滞在してSLに乗って下山しました。
私達のSLは往復ともガラガラだったけど、行き交ったSLは見た目150%程度の乗車率。座席がなくて列車の連結部にも人があふれかえってました。
片道2時間位かかるので車内にトイレはありましたが、下に線路が覗いてました。用を足す際、外気が下から襲ってきてひんやりするのと、手を洗う水道がないのでご注意を。

ヴェルニゲローデに戻り、駅からちょっと歩いたパーキングのバス停からヴェルニゲローデ城にシュロスバーン(オレンジ色した小さなバスみたいな乗り物です)で向かいます。
クヴェトリンブルクのTouristInformationで買ったハルツカードで無料で乗れるのですが、1枚のカードが最初から機械読み取り不能でした。シュロスバーンのチケットショップのおばさんは、私達の責任でもないのにガンとしてチケットをくれません。1人分お金を払えと言います。
押し問答してたら、運転手のおじさんが出てきてくれて話をつけてくれたおかげで、なんとか城まで急坂を歩くことなく辿りつけました。
バス停を間違えて待ってたところに、さっきの運転手さんが運転するシュロスバーンが走ってきて全速力で追いかけてたのでおじさんが覚えてくれたのです。ダッシュした甲斐が別の意味であったわ♪
Harz20100504

お城では4/30と5/1にヴァルプルギスのお祭りで中世の屋台が出てたり、催し物があって大混雑。チケット代も余分にかかりました。
でも、屋台がどれも絶品です♪豚肉のぐるぐる巻き(写真左)とポーランドの食べ物(写真左)。チーズ嫌いの私とパプリカ嫌いの旦那のために生地を半分にしてそれぞれ好みのトッピングをしてくれました~親切だわ
Wernigerode05 Wernigerode06

お城の見学コースは2つあることは知っていたのですが、大勢の人が見学コース2の方に進んでいくので付いていってみました。
どうも見学コースではないらしく特別なチケットが必要みたいで、チケットのない人は断られてましたが、2人だし日本人だと分かると2ユーロずつ払えば入っていいと言ってくれたので、よく分からないけど行ってみました。
どんどん階段を登って着いたのはお城の塔の上。絶景です!!
Wernigerode07
Wernigerode08

その後地下室に行き、昔のキッチンなどの解説を受け、見学してきました。
見学中にはドイツ語の解説を少し英訳してくれたおばさんもいました。無理やり入れてくれたおじさんは、最後2つの見学コースの簡単な説明もしてくれました。なーんだ、チケットショップのおばさん以外はみんないい人じゃないか!!
肝心なお城の中の見学は、屋台に時間を使いすぎたためダッシュで終了。

次はゴスラーへ。ここは旧市街とランメルスベルク鉱山と合わせて世界遺産です。
木組みの家にさらに装飾が施されてて、豪華な感じの街です。
Harz20100505 Goslar01 Goslar03

マルクト広場には市庁舎の向かいにグロッケンシュピールがあります。
鉱山の町だけに、採掘シーンが出てきました。
Goslar09 Goslar07
Goslar08 Goslar16

ゴスラーではマルクト広場そばの「Butterhanne」というレストランに行きました。
ちなみに、ホテルカイザーヴォルト(上写真右)のレストランは満席で入れませんでした。
左から、ホワイトアスパラのスープ、ホワイトアスパラのホランダイズソースがけ、マスのソテー。
Goslar11 Harz20100506 Goslar13
スープにこのクリームって!!って思ったけど、味はどれも美味しい。期待してなかったので余計にうれしかった。
ブラウハウスだけあってビールも美味。私はバルバロッサというビールを頼みました。

3日目は世界遺産の「ランメルスベルク鉱山」へ。
日曜日のためバスの本数が減り、2時間に一本しかありません。9時オープンなのに、8時15分くらいに到着。もちろん門も閉まってたのでお散歩して時間を潰します。9時5分くらい前に戻ると開館してました。
9時半からの近代採掘コース、10時45分の歴史的採掘コースを予約しました。
Harz20100507
近代採掘コースはトロッコに乗って鉱山の奥に行き、採掘機械の変遷の説明を受けます。実際に触らせてもらえたりしてなかなか楽しい!

歴史的採掘コースは、徒歩で地下に行きます。そこでは水をどのように汲み上げてどう利用していたか説明されてたと思われます。どちらのコースもドイツ語のみの解説なので、かなり想像力を働かせないと付いていけません。

ちなみにこちらのコース、敷地外のため池の説明から始まりますが、説明してくれるおじさんが説明中に道路脇の土の上に置かれてたう○ちを踏んでしまった!!旦那がおじさんの立ち位置のすぐ後ろにブツを発見し、私もそれを教えられてからは説明など全く身が入らずただその足だけに集中。途中までいい感じでよけてたのに、ついにやってしまいました!
踏む瞬間を見たのは人生で初めて

さらにこのコース、参加人数が30人ばかりと大変多く、真っ暗で上から水滴が落ちる細い道を進んだり、階段を登ったり降りたりと説明のために人が集まるのを待つ時間が多く、さらにドイツ人が質問しまくるため、予定の1時間15分を超えてもなかなか終わりません。
帰りのバスは12時15分。これを逃すと2時間後

もうタクシーで帰るしかないかとあきらめかけた12時13分にやっと前方に光が見えました!説明のおじさんにバスに乗りたいから!と叫び集団を離れて猛ダッシュ。バス停に着いた瞬間にちょうどバスがカーブを曲がってやってきました。
タイミング良すぎ
Goslar14


街に戻り、丘の上にある皇帝居城 kaiserpfalzと市庁舎にある信奉の間を見学。
Goslar06 Goslar10

次にヒルデスハイムの世界遺産、ミヒャエリス教会と大聖堂へ。
最右は千年前からあるバラの木(この木でいいはず!!)。
あと3週間後くらいに花を咲かせるらしい。
Harz20100508 Hildesheim02 Hildesheim03

ヒルデスハイムのマルクトプラッツには、とっても豪華で変わった木組みの家があります。
Harz20100509 Hildesheim05 Hannover01
最後はハノーバーの市庁舎の丸井屋根の内側をまるーく登っていく相当変わったエレベーターに乗って街並みを楽しみました(写真右上)。

今回学んだこと
①当初は鉄道で往復予定でしたが、帰りのチケットを取る時、せっかく夜12時になるのを待っていたのに更新ボタンを間違えてて気づくまでの5分の間に誰かに取られてしまい、安く予約できなかったので帰りは飛行機になりました。予約する時はもたもたしてちゃいけない!
②ICEなどの特急は座席予約をした方がいいことはこれまでの旅で学んでたんだけど、ネットでも自販機でも予約できず、窓口に行くもできないと言われた。拙いドイツ語で理由を聞いたので、予定外の車両に変更されたので全席予約できないんだと理解したけど、当日言ってみると予約席だらけ。
まだドイツ語でのコミュニケーションは早すぎた!無理せず英語で質問しよう。

旅程
4月30日
06:20 Muenchen発
13:23 Quedlinburg着 (ハノーバー、ハルバートシュタット乗換え) 
15:30 Quedlinburg発
15:42 Thale着
18:16 Thale発
19:17 Wernigerode着

5月1日
08:55 Wernigerode発 SLに乗る
10:36 Brocken着
11:36 Brocken発 SLで戻る
13:33 Wernigerode着16:18 Wernigerode発
17:03 Goslar着

5月2日
08:01 Goslar Bahnhof発・・・バス 日曜日なので2時間おき
08:12 Bergbaumuseum着
12:15 Bergbaumuseum発・・・バス もちろん帰りも2時間おき
12:24 Goslar Bahnhof着
13:59 Goslar発
14:41 Hildesheim着
16:41 Hildesheim発
16:57?? Hannover着
18:35 Hannover発
19:05?? Hannover Airport着
20:35 Hannover Airport離陸
21:45 Muenchen着陸


かかった費用
49 DBのICE乗車チケット 片道*2人分 1月に最安値でDB公式サイトより購入
   DB座席予約をしていなくて、直前予約をしていた人にどかされた・・・
108 Air Berlinのフライトチケット 片道*2人分 1月にネットで購入
28 ザクセンアンハールトチケット 1日目分
12.90 DBチケット(ヴェルニゲローデ~ゴスラー間)Bahncard25割引適用
37 週末チケット 3日目分
   ハノーバーの地下鉄やバスも乗車可能でした
117 ホテルニーダーゼクシッシャーホーフ in Goslar 1泊 Booking.comにて
77.60 ホテルラートハウス in Wernigerode 1泊 Booking.comにて
98 ハルツカード 2人分
☆以下が無料となりました☆
 ターレ・・・リフト、ロストラッペパビリオン
 ヴェルニゲローデ・・・ヴェルニゲローデ城、シュロスバーン、ハルツ狭軌鉄道(蒸気機関車)、ブロッケン博物館
 ゴスラー・・・ゴスラー皇帝居城、市庁舎の信奉の間、ランメルスベルク鉱山博物館&見学コース1つ
6 木組みの家博物館 2人分
14 クヴェトリンブルクの聖セルヴァティウス教会&城博物館 2人分
4 ヴェルニゲローデ城の塔と地下室見学 2人分
10 ランメルスベルク鉱山見学コース1つ追加代 2人分
1 ヒルデスハイムのセントマリア大聖堂の千年の薔薇 2人分
5 ハノーバー市庁舎のエレベーター  2人分
110 飲食代
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。