スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘレンキームゼー城

9月最初の日曜日にヘレンキームゼー城(Schloss Herrenchiemsee)に行ってきました。
schlossHC19

このお城も、ノイシュバンシュタイン城やリンダーホーフ城同様、ルートヴィヒ2世が建てたお城です。
しかも、このお城の建設費用は、あのノイシュバンシュタイン城よりも高額だというからオドロキですよね。島まで材料を運ぶだけでも大変ですものね。もちろん、未完成です。

このお城に来るのは2回目です
以前来た時は(こちら)、シーズンオフのため、それほど感動することのなかったのですが、
今回は全く印象が変わりましたー

SLがちゃんと走ってる時期に来られたので、お城だけじゃなく道中もワクワク。
schlossHC07 schlossHC08
schlossHC09 schlossHC10

区間が短すぎて、乗車時間10分足らず。あっという間で終わっちゃいます。
それでも晴れた日に、風を感じながら、かわいく手入れされているお家やお庭を見ながら走るのはとってもすがすがしい
この日は30℃近くまで気温が上がり行楽日和だったので、Chiemseebahnチケット窓口に行列ができました。電車を降りたら、反対側のホームへ向かう地下通路を渡って、窓口に早めに行く方が並ばなくて済みます。
全員乗れましたが発車時刻がずれ込み、ちょっとヒヤヒヤしました。

なぜかって、それはプリーン港に着いたら、今度は船に乗換えるから!
既にいい席は埋まってたし、外の席は、満席になりました。
schlossHC01

湖もきれいー。鳥も一緒に飛んでます。
schlossHC02

20分で到着。この建物の先がヘレンインゼルの船着場です。
schlossHC03

船着場前にあるチケット窓口でチケットを入手し、少し離れたお城に向かいます。
schlossHC05

馬車でも行けます。
schlossHC06

そんなに遠くないので、こんな景色を見ながら歩きで行きました!
schlossHC11

島にあって水が豊富だからか、噴水がたくさんあります。
schlossHC13

以前来た時に包帯のようにぐるぐる巻かれていた噴水(写真左)も、大活躍。
schlossHC26 schlossHC12

このお城は、ルートヴィヒ2世が敬愛していたフランスのルイ14世が建てたヴェルサイユ宮殿をモデルにしているので、庭園も似ていて広いー。
schlossHC18

13:15から英語のガイドツアー。
時間があったのでお城のカフェでランチ。お庭の眺めは最高によいのですが、セルフサービスでジャンキーなお食事というちょっとお城の雰囲気と似つかわしくないものでした。
schlossHC27

中は、リンダーホーフ城より広いし、とってもとっても豪華hoshi_10

「鏡の間」はヴェルサイユのよりも長いし、新しいからとってもきれい。
ルートヴィヒ2世は、この鏡の間、自分ひとりのために使ったらしいです。豪華なシャンデリアのキャンドルを灯すのに何人もの使用人が長い時間かけて・・・。(細かい数字は忘れちゃいました

写真撮影禁止なので、写真データが皆無だしブログに載せられないのが残念です。
(乏しい記憶力じゃあ忘れてしまうから)
王が1人でご飯を食べるため、ELVに乗ったダイニングテーブル。以前来た時は、確か15分かかったと聞いたはずだけど(過去記事参照)、今回のガイドさんは、30分かかったって。どっちが正しいかは不明だけど、とりあえず食事は冷めてたに違いない・・・。

schlossHC15 schlossHC04

ガイドツアーの後は、5/14-10/16限定のGoetterdaemmerung(神々の黄昏)展を見に行きました。
ルートヴィヒ2世について、その時代背景からじっくり掘り下げてあります。
オーディオガイド(確か英語)を借りましたが、パネルが英語でも用意されていたので、それだけで十分だったなぁと思いました。この企画展だけで、端折って1時間かかりました。すごい混んでいたし、5ヶ月だけじゃぁもったいない!と思う充実の内容でした。
その代わり、ルートヴィヒ2世博物館はクローズです。

これはお城の入り口と反対側を出たところです。
schlossHC14

帰り際、噴水に、虹が出現 うれしいー。
schlossHC20 schlossHC21

行きと同じルートで帰ります。船着場です。
schlossHC23

船からの景色。この空はわすれない。
schlossHC25 schlossHC24


このお城も多分見納めかな?
schlossHC17

ヘレンキームゼー城、さようなら


ヘレンキームゼー城に行きたくなった方、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
 ←クリックしていただけると嬉しいです♪(ランキングサイトにジャンプします)

情報
キームゼー鉄道+Herreninselまでの船往復のコンビチケット 9€
 *Bayern Ticket提示で8.1€になりました。
キームゼー湖遊覧船&キームゼー鉄道の時刻表はこちら
最新版は公式HP(独語)(情報量少ないが英語/日本語もあり)の「Chiemsee Schifffahrt」→「Fahrplan&Preise」で確認可能。
 行き方は前行った時の記事もご参照ください。

Schedule
09:42 Muenchen発 RE79013
10:49 Prien a Chiemsee着
11:10 Prien a Chiemsee発 Chiemsee-Bahn
11:18 Prien/Stock Hafen着
11:40 Prien/Stock Hafen発 Schiff(船)
12:00 Herreninsel着
16:00 Herreninsel発 Schiff(船)
16:15 Prien/Stock Hafen着
16:25 Prien/Stock Hafen発 Chiemsee-Bahn
16:33 Prien a Chimesee着
17:08 Prien a Chimesee発 RE79034
18:17 Muenchen着

どうでもいいこと
今までずーーーっとヘレンキムーゼー城って呼んでた
正解は、ヘレンキームゼー城。
そう、伸ばすところが違うの。
どうしてドイツ語ではキーム湖って読むのに(seeは湖)、日本語だとキムー湖になっちゃうんだろうって思ってガイドブック見たら、ちゃんとキームゼー城って書いてあった。。。
カタカナちゃんと読めてなかったんだ・・前のブログをこっそり修正しました
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きれいなお城だねv-353
お城だけでなく、周りの景色や、行く過程も素敵です!

No title

わぁ、どの写真も絵になりますねー☆
しかも噴水に虹の素敵なオマケまで!
SLいいですね。私乗った事あったっけな。

happypigさん、ほんとにヨーロッパ生活謳歌していらっしゃいますね。
これだけいろんな所に行かれてるから、日本に帰っても悔いはないですね!

まゆみちゃん

夏の天気の良い日に来ると、お城も景色もとってもキレイに見えるよー。
この立地を選んだルートヴィヒ2世ってやっぱすごいセンスだよね!!

ビバちゃん

やっぱりお城とか、天気の良い日に行くに限りますね!
虹が見られてラッキー。というかあんな小さな虹を見つけられた自分にうれしくなりました。
SL、特に詳しくないけどなんか遠足気分で楽しくなるのでお薦めですよん。

悔いが残らないように、今のうちに観光がんばりますー!!
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。