スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイデルベルクで救急車

先週の日曜日は、私たち夫婦恒例の鈍行電車で行く週末の旅に出かけました。
今回はハイデルベルク!!

なんだかこの時期あちこちで鉄道の修理をしているみたいで、直通で行けるはずがバスに乗り換える必要があったり、遠回りさせられて普段より多く時間がかかったりするみたいです。
ハイデルベルクも後者に当たってたんだけど、8時半出発にするとほぼいつもどおりの所要時間で行けることが分かり、5時間少しかけてようやく目的地到着となりました。
Heidelberg 駅前にあった変てこな像

駅から街の中心まではちょっと離れているので33番のバスに乗り込みました。
晴天だからか旅行客でバスは恐ろしく混んでいて、バス内は暑くてとっても気持ち悪くなりました。
そもそも駅に着く頃になんだか胃の上の方が気持ち悪いなーと感じていて、前夜と同じ感じがするなーとちょっと不安になってたのでした。

元来胃が丈夫な私は、胃腸風邪になっても上から・・ということはほとんどありません。
バスもケーブルカー乗り場までなんとか無事乗り続けました。そこで少し休んでも全く気分が回復しません。。それどころかますます気持ち悪くなる一方で、トイレを求めて近くのホテルを探しましたが、途中で道で戻してしまいました。その後綺麗なトイレを求めてレストランを回り、2件目のトルコ料理屋さんで快く貸してもらえました。でもどれだけ戻しても終わりがなく、気持ち悪さが襲ってきます。最後は5分置きに襲ってきてヘロヘロになりました。
レストランのオーナー夫婦が救急車を呼んでくださり、救急病院に行きました。
救急車デビューがドイツなんて少しかっこいいかな?でも救急車に乗っても気持ち悪かった・・・・

点滴をされ、血液検査をされ、まーひどい病気ではなくウイルス性のものだろうとの診断で、この病院に泊まるか、家に戻るか選択を迫られました。身体はひどくえらかったけど、翌日は旦那の仕事があること、ドイツの病院ではきっと食べ物も、寒さも日本人の私には耐えられないだろうことより、ミュンヘンへ戻ることを選びました。
薬を欲しいと懇願するとひとつだけ、胃の薬をくれました。
その後も貧血でちゃんと歩けなかったりしましたが、なんとか無事19時台の最後の直通特急列車に乗れ、旦那が勧めてくれた1等車両の3人掛けを独り占めして横になって帰ってきました。

翌日日本人のお医者さんに行くと、ウイルス性急性胃腸炎と診断されました。
上から襲われたのは初めてでした・・本当に辛かった

とんだハイデルベルク旅行。
トイレを探してさまよう途中で私が持ってるカーディガンの中では一番高価なものを紛失してしまうし、格安鈍行旅行のはずが、何も見物していないのに、高級特急旅行になってしまうし!

今回得た教訓
少しでも体調が良くないときは、大人しく家にいよう

ちなみに、ドイツ語で学校の友達に症状を書いたメールの返信に「きっと妊娠したんだから、薬なんて飲んじゃだめだよ!」とあったのには、驚きました!!違うってば~

ハイデルベルクへの行き方 From ミュンヘン
 RE ウルム、シュツットガルトで乗換えて5時間15分
 IC 直通で3時間15分

かかった費用
 37 週末チケット
 12 ケーブルカーチケット  乗れなかったけどね・・・
 10 トルコレストラン
 50 搬送代
 70.63 救急病院
 205 特急(IC)1等料金 2人分 座席指定含む
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。