スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンネとキンデルダイク ☆ベネ旅行 Day 6 LAST

アムステルダムに戻ってきた最終日。
最初の目的地はアンネの家
やはりアウシュビッツまで行った私達(この旅記事はこちら)、外すわけにはいかないスポットです
ams601なんと今は事前予約システムなるものがあるのですねー
手持ちの5年前のガイドブックには記載がなく、そのシステムに気づいた頃には時既に遅し
この日は全時間とも予約がいっぱい

少しでも列の短いうちにと早起きするはずが予定で終り、到着した時には既にこのとおり長蛇の列。

常時ちょっとずつ前進する感じで待つこと40分ほど。やっと入れました!
長蛇の列の原因は入場制限がなされているからではなく、チケット売り場が1つしかないために起こる自然渋滞なのでした。だけどこうすることが、過度の混雑状態を回避できている利点でもあるのだなぁと思いました。
ちなみにアンネの家内部は撮影禁止です。

小さなスペースにずっと居続けなきゃいけないことも苦痛だし、階下で働く従業員に気づかれない様に物音を立てないで生活を送り続けることも息が詰まる。でもそこにあともう数ヶ月だけ、終戦まで身を隠していられたなら、収容所に送られて命を落とすことはなかったのにと思うと、また辛い。密告者は判明していないらしい。
アンネと姉のマルゴーの身長が壁に刻まれているのですが、その成長の跡が著しくて切なくなりました。

続いてこの曇り空の下、1時間ほど運河クルーズ。
でもやはりカメラ小僧が思うに、水のあるところには光が必要で・・・。ほとんど写真撮ってません
船も小さく値段も手ごろなブルージュの運河クルーズの方が好みだったかな。。

そして大急ぎでランチを食べ、オランダにいる旦那の同僚の方に車でキンデルダイクまで連れて行ってもらいました。
ams602

キンデルダイクには1740年ごろに造られた風車が19基もあり、世界遺産になっています。
ams603

ひとつの風車だけ内部見学可能になっていました。
ams604

あっという間に見終わっちゃいますが、一度も中に入ったことがなかったので見られてよかったです。
ams605
縦に長い家になっていて、お家を見るのが好きな私はちょっと楽しい。

最後は木靴を普通に履いているおじさんに遭遇。

初めて見た
今も本当に履いている人がいるんだ
出会えてラッキー。

19基あるとはいっても、とても広大な土地に立っているのでその壮大さを感じるのが難しいけど、でもなんか感動でした
ams606

自力ではちょっと行きにくいキンデルダイクに連れて行ってもらえて、助かっちゃいました!!
旦那の同僚の方、ありがとう
ベネ旅行はこれにて終了でーす。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。