スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wismar ☆北ドイツ旅行 day1

1日目最終目的地、世界遺産Wismar(ヴィスマール)に電車でやってきました。
今日最初に訪れたStralsund(過去記事参照)とセットで世界遺産です。

小さな街なので、徒歩でホテルに向かう途中、巨大なニコライ教会に遭遇(写真は翌日撮影)
Wismar01

この街もハンザ都市なので、またレンガ造り。
中は天井が高くて、明るくてStralsundのニコライ教会と似通う雰囲気です。
Wismar03 Wismar04

こういうのも本当に凝ってて圧巻。
Wismar02

なぜか橋の袂に、大好きなぶたちゃんのオブジェ。
Wismar05 Wismar06

小さな街だけど、それにしてもひっそりしすぎてて、誰とも行き交わず、街の中心はここでいんだよねぇ?と不安になるくらいでした。
チェックインの後、お部屋に案内してもらう時、Eine Ueberraschungだよ!と言われ、
ふーん、サプライズがあるのかーと単語が分かったことに感動してたら、案内されたお部屋を見て広さに感動hoshi_10

手違いでジュニアスイートに泊まれることになったんです。一流ホテルのそれとは格が違うんだろうけど、それでもテンション上がるわー

寝室に
Wismar07

リビングに。コーヒーメーカーや湯沸しポット、魅力的な紅茶たちも。
Wismar08

さらに、ホテル隣がレストラン(朝食もこのレストランで食べました)になっていて、そこのウェルカムドリンク券(アルコールも使用可)をもらえました。94ユーロでこれってホントにラッキー。
ホスピタリティいっぱいなStadhotel Sternさん、ありがとう

夕食はマルクト広場にあるレストランアルターシュヴェーデ(Alter Schwede)。
訳して、「古いスウェーデン人」?
ドイツなのにスウェーデンって変だなーと思ったのですが、実はハンザ都市として発達したこの街も、17世紀の30年戦争後締結されたウエストファリア条約でスウェーデンに割譲されてたので、特におかしくはないんですね~。
北ドイツですから。
ちなみにドイツに戻ったのはなんと20世紀初頭らしいです。

しかも、このレストランの建物はヴィスマールで一番古いものだそうです。お店の名前に納得。
Wismar09

内装も雰囲気があってステキです。
Wismar10

スウェーデンの国旗も。
Wismar11

私が頼んだエビのスープ(左)はすごい美味しかった!
Wismar12 Wismar13

私はサーモンとシュパーゲル。このこってりクリーミーソースに最後飽きました。。。
Wismar14

旦那の魚のソテー盛り合わせ。これは絶品
Wismar15

ミュンヘンでは疎遠になりがちなお魚料理でお腹一杯
ホテルでドリンクチケットを使って、即効寝ました。ジュニアスイート満喫してる時間なし


To be continued...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさかのランクアップ!テンションあがるよね。
なんか雰囲気あって、素敵なお部屋じゃないですか。

そして、ご飯おいしそー。
ドイツって、やっぱりおいしいものもいっぱいあるのよね。
見ているだけで、おなかがすいてきます・・・。

まゆみちゃん

ランクアップされた幸運で嬉しくなっちゃったよ!!

おおおーーっと、ドイツのご飯、美味しそうに見える??
よかったぁ。
でもね、大きいのがドカーンと来るし、大味で結構胃に来るのが多いのよ。
体格の大柄なドイツ人には必要なんだと思うけどね。
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。