スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンデュガールとニーム ☆Provence day2

さてアヴィニョン観光を少ししたところで、バスでプチ周遊旅。
到着したのは、世界遺産ポン・デュ・ガール。ローマ時代の巨大な水道橋です!
PontdeduGard01

今も、橋の1階部分を歩いて渡ることが出来ます。
PontdeduGard02

スペインでセゴビアのローマ時代の水道橋を見て(過去記事参照)ローマ人はすごいと思ったけど、ポン・デュ・ガールはもっともっとすごい
幅もあるは、高いは、とりあえずあまりの大きさに言葉を失います。。

階段を上り、水の流れていた一番上層の部分を見るとこんな。
PontdeduGard03
昔は、ここも歩けたらしい(怖すぎてちょっと無理)。

旦那の愛読書、紅山雪夫さんの著書「ヨーロッパものしり紀行 くらしとグルメ編」によると、この水道橋を流れる水道は長さ50キロもあるそう。でもローマ人の作った水道橋としては、この長さは特に驚くべきものではないらしい。何がすごいかというと、水源からニーム市内まで17mしか落差がなかったことだという。平均1キロで34センチの落差。あくまで平均であって1キロで7センチというところもあるそう。

ローマ人の恐るべし測量技術!!
そして、ローマ人は川の水は飲まなかったそうです。伝染病のもとになることを知っていたのではないかと推測されているらしい。
ほんと、恐るべしローマ人。

このあとニームまでバスで移動です。
ニーム行きのバス停が降りたバス停と同じでいいのかを確認したかったけど、双方向の時刻表が掲示されてるので正解が分からない。先に待っていたアジア人の女の子2人組の子が片言の日本語で、ニーム行きのバス待ちをしてることを教えてくれた。
降りた所はロータリー(ラウンドアバウト)になっていて、対角にもう1つバス停があり1人待ち人がいることを彼女らに告げ、このバス停が正しいのか尋ねると、1人の女の子が急いで聞きに言ってくれ、対角のバス停に来るように身振りで教えてくれた。ニーム行きのバスがやってきたのは、正しいバス停に移動して1分も経ってなかった。
あぶなーーーい危機一髪。
この辺のバス路線はかなり本数が少ないので1本逃したら大変です。
聞きに行ってくれた女の子達、ありがとう

到着したニーム(Nimes)はなんとザザ降りの雨

古代闘技場は、イースターのお祭りのため、特別プログラム&特別チケット。
Nimes01

どうやら、ローマ時代の闘いの再現をするようでした。
Nimes02 Nimes03

すごい雨だったのと私は全く興味がなかったのとで、スルー。(旦那はやや興味があったらしい・・・)

街の散策です。マルシェ広場のワニの噴水。
Nimes04

細い道にかわいくて美味しげなチョコレートショップを発見。でも別のカフェでクレープ!
Nimes05 Nimes06

最後はメゾン・カレの中で3D映画を観てアヴィニョンに戻りました。
Nimes07


Schedule
11:40 Avignon Gare routiere バスA15番
12:16 Rond point Pont du Gard
13:52 Rond point Pont du Gard バスB21番
12:45 Nimes Gare routiere
17:37 Nimes 電車
18:14 Avignon Centre

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。