スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュパイヤー大聖堂とリーメスの遺跡

今日は前から予約していた列車で、またもドイツの世界遺産巡り。

まずは、ハイデルベルクの近郊、シュパイヤーにある世界遺産シュパイヤー大聖堂
Speyer08

なんとこの大聖堂、1030年-1124年に建てられた、ロマネスク様式を代表する大聖堂らしい。すごく大きくて、この全景を撮るのにぐるっと回り込みました。
Spayer01

豪華というのとはちょっと違う感じかな。
Speyer09

高い天井とアーチ型が印象に残ります。
Speyer10

聖遺物もありました。
Spayer04

大聖堂の一番古い部分、クリプトには、この大聖堂を建てたコンラート2世やその息子ハインリッヒ3世など、ドイツの4人の皇帝と4人のドイツ王が眠っているそうです。
Spayer03

シュパイヤーは小さいながらとてもきれいな街で、天気が良くて人で一杯。
Spayer05

お食事をちゃんと食べたくて、レストランでSaumagenというこの地方の名物をトライ。美味しい
Spayer06

旦那の頼んだ日替わりの豚肉料理は、柔らかく煮込まれてました。が絶品とは言えない
Speyer07


その後、フランクフルト近郊のSaalburgにある世界遺産ローマのリーメス遺跡を見に来ました。

リーメス遺跡というのは、ローマ帝国の国境のうち、川に接してないところ、つまりライン川のボン辺りからとドナウ川のレーゲンスブルクを繋ぐように築かれた長城跡のこと。
私達が見たのはほんの一部で、実際このリーメス線はイギリス(ハドリアヌスの長城)まで続いていて、ローマ帝国のパワーと大きさにあらためて圧倒されます。

これが、ザールブルクにあるローマ城砦です。
Liemes01

博物館も小さいながら、収集物の多様さ(靴や袋や楽器など)に興味を掻き立てられます。
Liemes02

井戸があって、わら葺っぽくて少し昔の日本の家が頭に浮かびました。
Liemes03

この城砦より少し奥に、当時の国境の様子が再現されていました。木の柵と土豪です。
Liemes04

男性でローマ帝国好きな人って多いですよね。旦那も感慨深げでした。
私も、ドイツの歴史についての本を読んで少しだけ知識をつけて行ってよかったなと思いました(世界史選択だったのに、ほぼ全部忘れてます・・・)。


費用(1人分)
 シュパイヤー大聖堂クリプト入場料 €3
 ザールブルクのローマ城砦入場料 €5

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。