スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW Museum

今日は暖かくてお天気も良かったので、お散歩しながらBMW Museumに行ってきました。
以前はBMW Weltだけだったので、博物館の方は初めてです。

BMW01

本社ビルはこの博物館の隣にあります。
BMW02

入場料は12ユーロと安くないですが、日本語のオーディオガイドも含まれていて、見ごたえ十分でした。
ミュンヘンに来られた方には、この博物館はおすすめしなくちゃなーと思いました。

オーディオガイドは全部聞くと2時間かかると教えてもらいましたが、本当に2時間ぴったり必要でした。車好きの人ならもっと時間が必要かもしれません。旦那も私も車に特に興味がないですが、それでも十分に楽しめました。興味はなくとも馴染み深い車だし、展示もきれいだし、なによりオーディオガイドの日本語が非常にスムーズで聞きやすかったです。

中はこんなです。
BMW03

一番最初の展示。この銀色の球はコンピューター制御されていて個々に癒されるような波打つような動きをしつつ、何通りもの車の形を表していきます。これ、見てるだけで飽きないです。
BMW04

その後、BMWの歴史が丁寧に説明されていきます。

BMWという名は、Bayerische Motoren Werke AG(バイエルンのモーターを作る会社)の頭文字なんですねー。今まで全く考えたことありませんでした。あと、BMWのマークの黒丸の中の白と青は、バイエルン州の旗の色から来ているそうです。

もとは、飛行機のエンジンの会社だったんですね。
BMW07

それが、2輪自動車を作るようになり
BMW05

4輪自動車へとつながっていきます。
BMW06

エンジンも色々あるみたいで、これは直列でなく、円。
BMW08

それぞれの時代と車についての説明があります。
BMW09

年代ごとに、作られてた車と、車の後ろにはめ込まれるプレートたち。圧巻ですね。
BMW10

レースで実際に使われて、好成績を残した車体らしい。
BMW11

これは確か当時、最高記録を出した車だったと思う。
BMW12

それにしてもゴージャスな車たちです。
BMW13

BMW14

黄色い小さな車。かわい過ぎます。発売当時、すごい人気だったようだけど、納得~!!
BMW15

こんな近未来的な車の展示でラストでした。
確か素材がえっ?って思うものだったけど、忘れてしまいました。
BMW16

そういえば、アイゼナハの自動車工場を買って自動車産業に本格的に入って行ったのに、戦後アイゼナハが東ドイツ領になってしまい、その工場にあった設計図なども入手することができず、完成している二輪自動車を解体して設計図を起こし直した話はドイツの歴史の重さを強く感じました。

そういえばトヨタ博物館、実家のある愛知にあるというのにまだ一度も行ったことがなかったので、帰国したら訪れようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。