スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone修理

旦那のiPhoneを修理するため、ここ最近2回もiPhone shopに足を運んでます

2週間前に、「画面が真っ白になって何も見えなくなった」というので、まずは契約をしたT-mobileに行ってみました。すると、修理に出すために購入時のレシートを持参してから再度来るように言われました。ちなみに修理には10日ほど要するとのことでした。
探したら契約書はあると思うけど、レシートまで保管してたかなぁと不安になり、見つからなかった時のことを尋ねると、契約書を持って再度相談しに来るか、iPhone shopでなら専用の端末で調べられるかもしれないからそちらを当たるか・・・とアドバイスをもらいました。

そのままiPhone shopに行ってみたら、端末のシリアル番号?のようなものから購入年月日等を検索してもらえました。そして、穴に光を当ててインジケーターが赤色になっていることを突き止め、浸水が原因で画面が白くなっていると原因がすぐに判明しました。
分解して他のインジケーターも確認したもらい(全4個あるそうです)、浸水表示が出ているのが1つだけだったおかげで、購入から1年以内の無償修理に該当し、無料で全く新しいiPhoneに交換してもらえました。

この1年以内の無償修理ってすごい制度ですね
これって日本でもあるんでしょうか
その上、無償修理期間中に69ユーロを(多分!)払うことで同様の無償修理が1年延長できることも教えてくれました。

ちなみに、インジケーターが2つ以上赤くなっていたら無償修理に該当せず、支払いが発生するようでした。危ないところだったなー。


そして先週末、取り替えてもらってからイヤホンのリモコンが利かないというので、再度iPhone shopへ行くと大入り満員。火曜日の予約をしていそいそ戻ってきました。
そして今日も結構混んでましたが、予約のおかげで15分待ちで済みました。
イヤホンの穴の汚れのせいで、音は聞こえるのにリモコンが利かない状況になってたようで、掃除してもらったらちゃんと動くようになりました

iPhone shopは混んでるけど、問題がその場で着々解決して行くので気持ちよく帰宅できます!


それにしてもドイツではパッケージに「○年保証」と書いて売られている物が多いです。
無償修理受けたい時にはこれらのレシートが必ずいるんでしょうか???
レシート、ほとんどいつもきれーに廃棄してしまってます
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。