スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Victorian HauseでCream Tea

ドイツでアフタヌーンティーのできるティールーム「The Victorian House」に行ってきました。
ここは、ずーっと前から行きたいなと狙ってたところ。ドイツで?ってのがあやしいけど、期待は大です。

内装はイギリスチックで好みな感じ。
だけど、お砂糖のスプーンが直立させてあるのが、どうも気になるっ。
Creamtea01

今回は、クリームティー(紅茶とスコーン2つとコーニッシュクロテッドクリーム&ジャム付き)を頼みました。4人分かと思うほどたっぷりのクロテッドクリーム。
Creamtea03

紅茶はダージリンのファーストフラッシュ。紅茶は20種類以上ありましたそしてちゃんと美味しい(ちょっと失礼?)。ポットにはちゃんと茶葉が入ってるイギリスでもポットに入ってるのにTea Bagだったりすることもあるから、この点はかなり高評価です。そして茶葉も十分だったせいか硬水だからか最後まで美味しくいただけました。
Creamtea02

少し経ってから運ばれたスコーン。
ムムムっ。なんか表面ツルッとしてないか!?
もっとボツボツしてて欲しいんだけど。
その上味が・・・薄い気が でもすごくたっぷりのクロテッドクリームとジャムもかわいく付けていただくとナカナカになりました。イギリスではあまりジャムを付けてなかったのに必ずジャムを付けちゃうってことはやっぱり何かスコーンが違うんだろうな。
Creamtea04

とは言っても、イギリスのクリームティーももちろんお店によって当たり外れが激しくあります。私の中のベストはどこかと考えて真っ先に思いついたのがケンブリッジほど近くのEly(イーリー)のPeacock Tea Room。早速調べたら、なんと2007年に賞を取ったみたいですね
 HP:Peacocks Tearom
お店の名前は忘れてたけど、写真を見て確信しました!ケンブリッジからは電車ですぐの荘厳な大聖堂のある小さな街なので、近くに寄る機会がある方は是非お試し下さい!!

外はサクサク中は柔らかしっとりのスコーンと絶妙なクロテッドクリームだったと記憶してます。スコーンとクロテッドクリームの個々のおいしさプラスそのハーモニーが重要な気がします。
クリームティーに熱い私 クリームティーのことを考えると、しょっちゅう食べてた留学時のいろんな想い出が駆け巡ってなんだか甘酸っぱい気持ちになります
今は分かりませんが、結婚式等で貸切になることもあり、入れない日もあるようでしたのでご注意を。
湖水地方のベアトリクスポターの家そばやコッツウォルズのどこかのマナーハウスでも美味しいスコーンを食したことがあります!写真が日本の実家なので難しいかもだけど、ちょっと調べてみよう。

今回もまたまた産休中のBier-Reiseちゃんと一緒に行きました
月曜日にも会ったばかりだけど、永遠に居座れるんじゃないかと思うくらいネタが尽きません。
お代わり用のお湯もお代わりしちゃうくらい紅茶を飲み切った感ありデス

もうすぐ赤ちゃんが産まれたら、TeaRoomなんていってる場合じゃないんだなーと思うとママになるのはフンギリってのが必要なんだとなぜか実感。。あかちゃんがお腹にいる内にまた遊んでね!!

紅茶の種類がとっても豊富なヴィクトリアンハウス情報
 HP:The Victorian House 1438

次回は普通のケーキかビジネスランチを試してみよう
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。