スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケルン ☆2012年Faschingの旅 no.2

Faschingめぐりの旅の続きです(前記事はこちら)。

旧西ドイツの首都、ボンの後は、電車ですぐのケルン(Koeln)にやって来ました。

とりあえずケルンに来るたびお世話になって3度目となるホテルエルンストへ。
やっぱり内装が好みです。その上飲み物もぜーんぶ無料だし。
bonn11 bonn12 bonn13

otel.comで予約して安かったせいか、アップルワールドを利用したときの部屋より狭かったけど、中庭ビューでした。
bonn14

レストランは確か、以前も訪れたところに行ったはず。
さすがにケルンは人が多くて、レストランも混雑してました。
併設のバーでは音楽とともに踊ってる人たちが!
bonn15

すでに仮装してる人にもたくさん出会いましたっ。
bonn16

大きすぎて納まり切らない世界遺産のケルン大聖堂ライトアップ(やや手ブレ)も記念にパチリ。
bonn17

ホテルでパレードルートを入手し、翌日のお祭り本番に向けて早めに就寝しようとお部屋に戻ったら・・いつも予約するホテルよりかちょっとだけ良いランクのホテルなので、夜用のベッドメイクがなされていました

と、しばらくして旦那が騒ぎ始め
なんと歯の矯正用保定具の透明なマウスピースが無くなった!と言うではありませんか。
ゴミ箱をひっくり返して、バスルーム全部を探し回ったけど見つからず。
部屋に戻った時にゴミ箱はきれいになってたし、マウスピースは洗面台の鏡の前にティッシュにくるんで置いてたようだし、「ゴミと思われて捨てられたに違いない」という結論に至った私。
諦めるかと思いきや、旦那は急いでレセプションに走って行きました。
ショップで質問事項があっても、極力人に尋ねたりしない旦那なんだけど。

ゴミ箱を探して見つかったら連絡をもらえることになったらしいですが、結局そんな連絡は来ませんでした・・・。頑張ってお願いに行ったのに、残念っ。
私の推測では、おそらくゴミ箱をひっくり返して探してくれてなどいないと思いますが、やむをえませんね。

どうしても大切なものがあるときは、自分で交渉しに行くんだなと旦那の新たな一面を知った瞬間でした。
(後にも先にもこれが最初で最後です。今のところは。)


>>ケルンのカーニバルパレードにつづく


マウスピースは必ず専用の入れ物に入れましょうって方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)

スポンサーサイト

ボン ☆2012年Faschingの旅 no.1

すでに1年以上前のものとなりますがドイツのラスト旅行記を書きたいと思います。

本帰国の1週間前の土曜日からの2泊3日の旅。
この年はFasching(カーニバル、謝肉祭)が早くて2月。キリスト教にまつわるFaschingのお祭りはドイツ各地で行われますが、特に盛大で有名な地域のFaschingを巡る旅となりました。

前日から乗り込んだので、その日はボン(Bonn)へ。東西ドイツに分かれてた時代の西側の首都です。
そんなこと言われないと分からないくらいこじんまりとした街です。

道中は、ICEに乗ることも当分なくなるんだなーとちょっと感慨に浸ったり。
値段があまり変わらなかったからと往時のみ一等だったので、ゆったりした車内撮影をしたり。
bonn01 bonn02

マンハイム乗換後は、世界遺産のライン川渓谷を右手に見ながら北上します。
車窓からお城やらローレライやら見えるのですが、窓が汚すぎて残念な画像たちオンパレード。
唯一こちらだけ大丈夫でした。たぶんネコ城。
bonn03

ボンの町中でランチを済ませ、観光客なら必ず訪れるであろうベートーベンの生家に行きました。
bonn04

私は2度目ですが、十分にまた楽しめました(記憶力が薄いおかげか?)。
日本語のオーディオガイドをを借りてじーっくり聞いて回ったのです。
bonn07

お庭にはベートーベンの像。
bonn06

見どころがここしかないということもありますが、真剣にオーディオガイドを聞いていた私たち。
機器を返却してそのまま次の目的地へ向かったのですが、
オーディオガイドを借りるために支払った一人10ユーロ以上のデポジットをうっかり回収し損ねちゃったんです
デポジットを預けたところに返却するシステムでなかったのでキレイに頭から消えてました。
預けてたのが身分証明書等でなくてよかったけれど。。
気づいたのは翌日で、さすがに旅行中だし取りに戻る時間が勿体ないと旅をそのまま続けました・・

ランチの後、音楽が聞こえてきて行進していった人たち。
bonn05

市庁舎前のマルクト広場に集っているようでした。露店も少しありました。
bonn08

青色の格好は、この辺りで有名なんでしょうか?右はミュンスター寺院
bonn09 bonn10

ランチする際に夜の準備でオープンしていないお店もあったので、夜にはもう少し賑わうのかもしれませんが、ケルンそばでも、Fasching前夜でも至って穏やかな街でした。

>>ケルンへ続く


ラスト旅行記がんばれーって応援してくださる方、ポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)

ラストディナーはTantrisで

ラスト旅行記事を残して、また数ヶ月過ぎてしまいました・・・。すみません
その前に、レストラン情報を挟みたいと思います!

記念すべきミュンヘン生活最後のディナーは、
ミシュラン二つ星Tantris(タントリス)でした。
Tantris06

本当にラストになるように、フライトの前日に予約。
相当前から星付きレストランをネットで調べて以来、ずーーっと気になっていたレストランでもあり、旦那の会社関係の人からもオススメだと聞いてきて、予約してから楽しみにしていたこの日。

ところが!
ちょうどこのタントリスディナーの前日が船便の集荷日で、ラスト旅行から戻っての数日間、睡眠をかなり削ってパッキングに取り組んでいたため、体調はこの時マックスに絶不調。。。
風邪薬を服用するも・・・頭痛に喉痛に微熱が取れず。

キャンセルしようか?と旦那から提案されたけど、キャンセル料が掛かる時間だったし、
何より食いしん坊の私がこんなに楽しみにしてたミシュラン二つ星レストランを試さずに帰国するわけにはいかないと乗り込みました。

確か2種類のコースから選択することになっていて、安価なほうの1人140€のコースにしました。
高価な方は、お料理にあったワインもセットになっていたっぽくて、調子が良ければ絶対そちらにしたんだけど、この日お酒を飲んだら翌日帰国できないかも・・・とお酒は一滴も飲まず。
旦那はもともとアルコールが得意ではないので、ワインは飲まないのですが、
周りのテーブルで注がれるワイン、むちゃくちゃ美味しそうに見えました~。

Tantris04 Tantris03

Tantris02 Tantris01

一品一品出てくるまでに相当時間がかかり(高級レストランとはそんなもの!!)、
風邪薬がい~い具合に効いてきて眠さマックス
耐えられず、旅行者でもないのに食事の間に眠ってしまう私

あまり怒ったりしない旦那もこれには、飽きれてました・・・

というわけで、味はほとんど覚えてません!!
おそらく美味しかったのでしょう。。普通の体調のときに来てたら。

Tantris05

なぜか律儀にレシートが残っていて、Rechinungには298ユーロとあります。
お酒を飲まなかったから安くついたということもありますが、
日本でミシュラン二つ星でディナーというと、これではおさまらないですよね・・・。


なんだかすごい思い出のディナーになったわねって思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけるとこのブログのランキングがアップしまーす♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。