スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中海クルーズから戻って来ました!

一昨日、無事に地中海クルーズの旅から戻ってきました
costa01

どれだけ寝ても寝たりないし、ミュンヘンだというのにいまだに揺れてます
でもこの揺れ、クルーズというよりベニスの小船(ヴァポレット)のせいかも。。

久しぶりに結構日焼けして、
久しぶりに暑いところで汗をたくさんかいて、
キレイな海や街を見て、
船上ではうれしいハプニングも起きたりして、
予想以上にとってもとっても充実の旅になりました


これから旅行記もどんどんUPしていきたいと思います。
本当は、行ってきますの記事でも書きたかったのですが、準備に追われて時間がなくなりました・・・。
最近、リアルタイムで記事を書いたり(今日のように)、バックデートして旅行記を書いたりしています。旅行記は実際の日付にしたいので。。

最新の記事は変わらなくともその前の記事が更新されていきます。
メルヘン街道の旅や、ノルウェーの旅記事のように。
見づらいけど許してくださーい。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
スポンサーサイト

ベニス観光ラスト ☆クルーズ終章

コスタフォーチュナ号を優先下船後(前記事参照)、フライトまで時間があるのでベニス観光です

スーツケースは、ローマ広場のpeople mover入り口の右側にある荷物預かり所に預けました。
コスタでも預かってもらえますが、有料だしマリティマ港なので、我らは却下。

さて身軽になったら、ヴァポレットに乗ってサン・マルコ広場を目指します。
ベニスには、たっくさん教会があって
venicelast02

目にする建物どれをとっても凝っていて、
venicelast03

混んでるし暑いけど、ヴァポレットに乗るのが楽しくて仕方ないです!
venicelast04

venicelast05

サン・マルコ広場。当たり前だけど、やはりクルーズ船とは見える風景がが違いますね。
venicelast01

1週間前と違う細い道を歩いたら、ショーウインドウが仮面だらけ。これが結構ステキ!
venicelast06 venicelast07

仮面といえば・・・
卒業旅行で初めてベニスに来た時、ちょうどカーニバルの日で、仮面をつけた人がわんさかいたのを思い出しました。あまりに見過ぎたために、ベニスの思い出と言えば「仮面&仮装」しか出てこなかったくらいです。
カーニバルはまだまだ先なのに、年中販売されてるんですね。

修復中の溜息の橋のある細い運河には、ゴンドラ乗り場があります。
venicelast09 venicelast10

人でごった返しているこんな通りを楽しみながら、ドゥカーレ宮殿に入った時に共通チケットを買って持っていたので、コッレール博物館に入ってみました。
内部はとても広く、ベネチア共和国の繁栄っぷりのうかがえる展示の数々でした。
この美術館からは、サン・マルコ広場が一望です。
venicelast08

この後、ごった返すショッピングストリートに沿って、小さな橋を渡ったりして、
venicelast11

リアルト橋までやってきました。
venicelast12

ベニスには細い道がたくさんあって探検してるみたいで楽しい。
venicelast14

ランチは、イカ墨パスタが食べたいという旦那の希望で、Diavo'lo e L'aquasantaへ。
バーカロと呼ばれる、ワインとおつまみ(写真左)を楽しめる居酒屋だそうですが、ちゃんとテーブル席もあってしっかりお食事もできます。グラスワインも10種類くらいから選べて、良心的なお値段でした。
venicelast15 venicelast18

魚介フライ(右上)も、イカ墨パスタ(左下)も魚介パスタ(右下)も、どれも美味しい
venicelast17 venicelast16

クルーズ船の後だからより美味しく感じたかな?

このあとデザートのアイスを食べに!
venicelast19

ジョデッカ運河に面するジェラテリア・ニーコです。チョコ&バナナ。美味しい
venicelast20 venicelast21

ベニスって、観光客もいっぱいだし、観光地化されてるけど、やっぱりとっても素敵な街。
グリーンの海と凝った石造りの建物とゴンドラと教会と細い迷路みたいな道と・・・て魅力的なものだらけ。
クルーズの出港がベニスでよかったなぁと今さらながら思いました。

最後に乗ったヴァポレットからの我らのコスタフォーチュナ号。
venicelast22

本当にさようなら~

こうして、コスタフォーチュナで行く地中海クルーズの旅、充実の10日間が幕を閉じました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪


情報
大きなスーツケース1つ@ローマ広場の荷物預かり所 確か5ユーロ
ヴァポレット&バス12時間+空港バス片道 19ユーロ
 *この空港バスは普通の路線バスのような車内。
  荷物置き場も座席数もかなり少なく、荷物を持って立ちでの移動となりました。
  ヴァポレットとのセット券では乗れない空港バスは、バスのトランクに荷物を入れられる大型観光バスのようでした。

さよなら!コスタフォーチュナ ☆コスタクルーズ Day8

昨日はまさかのiPad2が当たってビックリしちゃいましたが(前記事参照)、今日はついに下船です。

それも、朝8時にはキャビンを空けなくてはならないので、またまた早起き
ちなみに、荷物は前日深夜1時までにタグをつけて廊下に出しておきます。

下船は9時から開始。
下船順は階数で順番があるらしいのですが、優先下船をお願いしちゃいました。

7時半ごろ朝食を食べ終えてデッキに出てみたら、サンマルコ広場はもうそこまで来てた
fortunabyebye01

今日は朝靄かガスかでクリアじゃないんだけど、これもまた良い感じ。
fortunabyebye02

1週間前の出港時と違って、ひっそりとしたデッキでした。

何度となく通ったこの吹き抜けともお別れ。
fortunabyebye04

ありがとう&さよなら、コスタフォーチュナ
fortunabyebye03
(サントリーニ島近くに停泊しているところです)

優先下船のおかげで9時半前にはターミナルを出られました。

ターミナルを出たところで、日本へのフライトが迫っているご夫婦が
「お迎えの車が来ていない
と困ってみえたので、一緒に探したり、コスタの人やタクシー運転手さんに色々聞いたりしてみました。
ご年配のご夫婦で英語をお話できず困ってる様子を見ると、なんだか自分の親を見ているようで助けたくなっちゃいます。

そうこうしてる内に、無事お迎えの車が来たので一件落着となりました。
奥様は家の旦那の名前を覚えられていて、ボクシング(こちら)がとっても楽しかったとのこと。
同じ船に乗った方の楽しい想い出のワンシーンに入れてもらってるなんてなんだか感慨深いですねぇ。

旦那は、「オレ大活躍しただろーー!」と言ってました。

それにしても、iPad2当たっちゃうなんて本当にラッキーで、
嫌だなぁと思うことが一切起きず、
寄港地全部にとても満足できた楽しい旅でした~



<<ベニス観光編へまだまだ続く


クルーズに行ってみたくなった方、ぜひポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪(ランキングサイトにジャンプします)


魔女の宅急便のドブロブニクとiPad2 ☆コスタクルーズ Day7

終日航海の昨日を経て(前日記事参照)、最終寄港地のドブロブニクにやってきました。

ドブロブニクは、旧ユーゴスラビアだったクロアチアのアドリア海沿岸南部の街。
アドリア海の真珠とも呼ばれ、旧市街は世界遺産。
ジブリアニメ「魔女の宅急便」のモデルとなった街でもあるそうです。

寄港時間が8時から13時と短いので、今日は頑張って早起き
整理券配布30分前から並び、8時半には救命ボートに乗って港に向かっていました。

一番最初に向かったのは、スルジ山。標高412mだそう。
独立戦争で一度破壊されたロープウェイが昨年の夏に復活。おかげで一気に頂上に到着です。
青いアドリア海とオレンジ屋根の旧市街が一望できます。
dubrovnik02

さっき降り立った港もこの通り。
dubrovnik03

近くに絶景カフェがあって、寄港時間が長かったら絶対にお茶したのに~と残念に思いながらも旧市街に下りていきました。

こんな感じ、魔女の宅急便っぽいかな?
dubrovnik10

旧市街に戻り、聖ルカ要塞から城壁に上ってみました。
dubrovnik11

オレンジの屋根ばっかりーー
dubrovnik06

目抜き通りのプラツァ通りです。フランシスコ会修道院も見えます。
dubrovnik26

天然の湧き水が美味しいらしい、オノフリコ噴水
dubrovnik27

最初は城壁の山側を歩き、ポカール要塞から海側に。
ここ、とってもきれいなブルーだったの!!でも写真ではうまく色が出てないみたい。
dubrovnik25

港のそばの海では、海水浴してる人も発見。海がきれい過ぎてびっくりー!!
dubrovnik09

見張り台もある。
dubrovnik07

海岸線にこんなに高い城壁。登って来れないよねぇ。
dubrovnik08

城壁からは、旧港も、コスタの救命ボート行列もキレイに見えました。
dubrovnik20

城壁は全長1940mもの長さとのこと。がんばって1周しました。
城壁を歩くのは、絶景続きだしとっても楽しい
でも、暑い。暑すぎる。。。
今すぐ水着になりたいくらい暑かったよ。
船内新聞では、26度で曇り予報だったんだけど。

その後は、旧市街をお散歩。ここは城壁から見たプラツァ通りの逆からの風景。
dubrovnik16

プラツァ通りを歩いてアイス食べたり、
dubrovnik19 dubrovnik17

城壁から見えた、15世紀に造られたオノフリオの大噴水で腕を冷やしたり。
dubrovnik18

12時半頃にボート乗り場に着いたら予想通り大行列。
30分ほど並んで、この黄色い救命ボートに乗ってフォーチュナ号へ戻りました。
dubrovnik21

さてさて、船に戻って、ドブロブニクの出港シーンを見つつランチ。
さっき登ったスルジ山や歩いた城壁も見えます!!
Dubrovnik30

どうやらドブロブニクの暑さが身体に響いたのか、ランチ後からちょっとお疲れモードに。
パッキングをしながらお部屋でぐったりしていたら、何度もアナウンスが・・・

「iPadの抽選会は5時からです。くじの販売は○分後の5時で終わります。」

iPad発売当時から買いたいなぁと言い続けてた旦那。
乗船後もくじを買おうか迷ってたけど、やっぱりどうしても欲しくなったようで、
「行こう行こう」と言われたけど、もう少し休みたいし、絶対当たらないしとしばらく旦那を放置。
1人でも買いに行きそうな素振りだったけど、優しい?私。最後は付いていってあげることに。
無事、1枚のiPadくじを入手できたのは、購入締め切り10分前。

予定の17時になっても前のプログラムが終わらないので、まだ始まらないならと
1人アフタヌーンティーを取りにレストランに行って戻って来たら、既に当選番号の読み上げが始まっていました。
イタリア語に続いて英語で読み上げられた瞬間、
「Yeah!」と言いながら、突然旦那が猛ダッシュ


普段は私より足の遅い旦那を追いかけるのが大変だった

5ユーロのくじで、iPad2が当たってしまった

ステージに上り、嬉しそうにiPadをもらって、
高々と両手を上げたポーズは、
Heroesのヒロとダブって見えました。

(ヤッター!!)
周りにいたたくさんの人からも、おめでとうと祝福してもらいました。

ぜーーーったいに当たるわけないじゃん!
とタカをくくっていた私でしたが、旦那、やってくれちゃいましたーー
信じられないっ

ジャーーン。これが、当たったIpad2です。すごすぎるー
dubrovnik23

興奮冷めやらぬ中、デッキで最後の記念撮影しました。
船は、右側にクロアチアを見ながら進みます。もう明朝にはベニス。下船です。
dubrovnik22

この幸運が続きますように・・・


>>クルーズ最終日に続く

ドブロブニクに行きたくなった方、ぜひポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪(ランキングサイトにジャンプします)


情報
スルジ山ロープウエイ 80クローネ
城壁 70クローネ(ユーロ現金不可。カード払いOK)
総督邸 40クローネ
アイスなど ?クローネ
 *ドイツで両替した400クローネを使い切りました。



dubrovnik13 dubrovnik04 dubrovnik01 dubrovnik24

船の上 ☆コスタクルーズ Day6

昨日は、ロドス島を大満喫!(前記事参照)

今日は、どこにも寄港しない、終日航海の日。(写真が斜めですみません。。)
atasea01

クルーズ前は、1日船の上なんてもったいないと思ってたのに、
乗ってみたら「やっとゆっくりできる1日だわ~」と嬉しい。

ゆっくりできるとは言っても、日本語の下船説明会やキッチン見学ツアーなどは午前中なので、それなりです。

ランチ後に、高層階のデッキチェアで寝ようと試みたけど、強風過ぎて寝てられない
降りてプール周りに行ったら、風は強くないけど、デッキチェアは1つも空いてない
実際には人が使っていなくても、備え付けのバスタオルや私物で席が取られてしまってるのです。

仕方ないから普通の椅子でも持ってきて座ろうかとしていたら、
日本人のご一家が2つ席を譲ってくださいました!
その時までお話したこともないご一家でしたが、ご好意でプール目の前のベスポジを譲っていただけてホント嬉しかったし助かりました~。ありがとうございます

しかもそのお母様、私達を新婚だと勘違いされていたようで・・・
ラブラブな雰囲気でないのは一目瞭然だろうから、まだまだ若く見えるってことかしら(←調子乗り過ぎ?)

ジャグジーにプール、せっかくだから入っておきました。
小さなプールなのでがっつりは泳げないけれど。。

アクアビクスも目の前でやってましたよ。
atasea02

日差しが強くて日焼けがだいぶ気になったけど、ぽかぽかお日さまの下寝転がるのは至福の時でした。


今日は、さよならガラディナーhoshi_10
2回目の正装の日です。
クルーズの旅ももう終わりが近づいてきました。

毎日ディナーを共にするうち、同じテーブルの方ともずいぶん打ち解けてきました。
とっても仲良しなポロミルさんご一家と、クルーズは何度目かとおしゃるご年配のご夫婦。
皆さん気さくな良い方ばかりで、ディナーはとても楽しかった~
旦那と2人だけだと、それほど話す事もないのでね(新婚に間違われた割には冷めてる。)

ウエイターさんも毎日同じ。
私の定番デザート「ムース系+アイス添え」を覚えてくださったり、確か1本お水をサービスしてくれたりと、だんだん私の中の評価が上がってきました。

(味についてはコメントを控えさせていただきますが・・・)
慣れ親しんだレストランとももうすぐお別れなのねぇとちょっと切なくなります。


レストランといえば、こちら、フルーツアートというのでしょうか。劇場での実演もありました。
Rhodes32 Rhodes33


ルームメイキングの担当者も毎日同じ。
私たちのお部屋は、英語の上手なアンジェリカ。
お掃除は素早くカンペキで、顔を合わせたり、要望を伝えたりしてるうちに仲良くなりました~。
atasea04

ゾウさんだぞー。
atasea03


そういえば、私たちのお部屋について書いてませんでした。
それもそのはず、感動がなかったからなのですが・・・
なぜなら、窓なし内側キャビンだったから!
atasea05 atasea06 atasea07

寝るだけだろうし、初めてのクルーズだろうし、まぁいっかとケチって最安値のお部屋(内側キャビンのカテゴリー指定なし)にしたのです。
多分、バスルームは他の部屋と変わりないけど、お部屋はやはり狭かったです。
スーツケース2つは同時に開けられませんからね。
廊下を挟んだお部屋がちょうどバルコニー付きで、チラッと見えた隙間からだけですが、
あの海のきれいさと開放感と部屋の明るさはだいーーーぶ羨ましいものがありました。

atasea08
お昼、あんなににぎわってたプールは、夜にはこんなに静寂に包まれてました。


>>最終寄港地、ドブロブニクに続く


にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪(ランキングサイトにジャンプします)
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。