スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポコからの写真データ

今日お出かけして家に戻ったら、日本に帰ったポコからの国際郵便が届いていましたー
ありがとう

ドイツに遊びに来てくれてた時の写真データが入ったDVDや、大好きセリーヌのタオルや、旅行中にもらって絶賛していた胃薬などがお手紙とともに入っていました。
こ~んな心遣いがほんとにありがたいっ
しかも26日消印で30日に到着ってむちゃくちゃ早い

ポコは既にオランダからもサンキューカードを送ってくれましたよん。

ポコって本当にやることがとっても早くて、タイミングバッチリでいつも感動h_05

特に、結婚式を終えてドイツにトンボ帰りした時の結婚式の写真DVD国際郵便は、むちゃくちゃうれしかったなぁ。式場からの写真は2ヶ月とか待たなきゃいけないから、友人からの写真はすんごい貴重でありがたかったのです。

私もポコへの動画DVD、ドイツポストから頑張って贈るよぉーー
スポンサーサイト

最後の授業

また通い始めたドイツ語学校(過去記事参照)。
ところが、今日で生徒数過少により、クラス閉鎖

私が入って4人になったクラス。
1人いなくなり、3人にまたなってしまったことで、閉鎖の運びになったよう。
1つ下のレベルのクラスが上がってくるまで待つか、払い戻してもらうかだな。。

入る前に教えて欲しかったけど、まぁそこまで惜しくもない感じ。
ドイツ語週2回に加えてプライベートも週1回通い出したら、他の習いごともあるし、なんだか毎日忙しくなってしまったから。

これからはプライベートのみ週1回でボチボチペースでがんばろう

イフ島 ☆Provence day4☆LAST

マルセイユ名物ブイヤベースでパンパンになったお腹を揺らしながら駆けつけ、ギリギリ乗り込んだのはイフ島行きの船
If01

結構な混雑っプリです。
食べ過ぎなのか、ちょっと頭痛が・・・

窓にもたれてぼーっとしてたら、すぐイフ島に着きました。
If02

お城のチケット購入に行列ができてましたが、マルセイユパスのおかげで待ち時間ゼロ
ジャーン!これがイフ城
If03

1516年にフランソワ1世の命令で建設が始まったイフ城。
1531年の完成後、数年で監獄として使われ始めたそうです。
父親の要求でミラボーも閉じ込められていたとのこと。様々な部屋があり、有料で暖房付きの居心地の良い部屋に入れられていたそう。いろんな部屋が見学できます。

イフ城の知名度が高いのは、アレクサンドル・デュマの「モンテ・クリスト伯」という本の舞台がこのイフ島だったことに起因するらしい。恥ずかしながら私、その本のことをガイドブックで初めて知りました。

If04

イフ城の上は展望台のようになっていて、海を隔ててマルセイユの町が眺められます。
If06

島は小さいので、周囲の海をずっと見てました。この地中海が青いのなんのって。
If05

イフ島を出た船は、フリウール島に寄ってからマルセイユに向かいます。船からのイフ城。
If08

美しいhoshi_10
If09

旧港に戻る時には、パニエ地区にあるサン・ローラン教会も見えました。
If10

今日は月曜日なので美術館はぜーんぶお休みでした。
開館してたにしても、観る時間はなかったけれど。

この後、空港に行くため使った地下鉄駅の自販機でお水を買おうとしたら、なーんと下の台にひっかかって落ちてこない駅員さんに言いに行ったら、自販機に書かれてる電話番号に連絡するよう言われ、電話して待ってる時間はないし、そもそもフランス語、全くわからないしで諦めました。

これ以外は苦い思い出はなし!の大満喫南仏プロヴァンス旅行終了です。

情報
マルセイユパス
 1人22ユーロで美術館、プチトレイン1路線、イフ島かフリウール島の船往復、イフ城、市内交通などが1日無料となるパス。イフ城ではこのパス提示で行列に並ばず入場できた。
エアポートバス
 マルセイユ・サン・シャルル駅から直通で約30分。20分置き。1人8.5ユーロ。

プチトレインとブイヤベース ☆Provence day4

最終日の今日は、一日マルセイユ観光です。
旧港にある少しおしゃれげなビストロで海を見ながら朝食タイム。
Marseille11

おしゃれげなのに、クロワッサンのサクサク感が足りなかったのが残念。
Marseille12

港では魚の朝市がやっていました。
Marseille13

いろんな魚がいます。
Marseille14

これなんだ?
Marseille15

歌うおばちゃんもいました。
Marseille16

プチトレインで街を周ります。マルセイユは結構広いし高低差があるのでプチトレイン必要!
Marseille17

要塞の横や海岸線など走り、駅からも見えていたノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂に着きました。
Marseille19

近くに来ちゃうと大き過ぎてうまく撮れない。
Marseille20

高台にあるので、旧港↓やイフ島などすごいパノラマです。
Marseille18

内部もスゴイ装飾。
Marseille21

バジリカ聖堂からまたプチトレインに乗って港に戻ってきました。

早速ランチ。マルセイユに来たならやはり名物ブイヤベース
港にはレストランが連なっていてどこに入るか迷いますが、確かネットで評判がよかったはずのRestaurant Miramar(←クリックするとHP(音付き♪)へジャンプ)があり、お値段が張るけどここに決定。

トマトのアミューズからしてオイシー
Marseille22

ブレッドににんにくとソースを塗り、ブイヤベースのスープに浸していただきます。これ美味しーい
Marseille28 Marseille29

お魚達は2人前でこのボリューム。
Marseille30

取り分けられて、サーブされます。美味しい カシスの白ワインも飲みました。
Marseille31

最後にチョコレートまで出ました。器も中身もチョコレートです。
Marseille32

早めのお昼だったのとボリュームがすごくて完食し切れず
お魚達がサーブされた頃には、腹七分目まで来ちゃってました。
ここへはお腹ぺこぺこで向かうことをおすすめします!

きっと人生初で最後の?マルセイユのブイヤベース、大満喫でした

Marseille入り ☆Provence day3

感動のアルルから列車に乗ってマルセイユ(Marseille)に来ました。
Marseille02

すごーく治安が悪いという評判だけど、駅も特に危険を感じはしませんでした。
駅を出たところで、ノートルダム・ド・ラ・バジリカ聖堂がそびえるのが見えます。
Marseille01

ホテルは旧港にあるNew Hotel Vieux Port。ここはホテルHPから直接予約しました。
フロントに、疎い私でも間違いないと思うくらい完璧に美しいゲイの方がいて、しばし見とれてしまいましたh_05

地下鉄上がってすぐだし、部屋はすごく広いし、
Marseille03 Marseille04

なんと言っても、窓から顔を出すと、旧港が一望できるのがステキhoshi_10
Marseille05

これで100ユーロはお買い得

ちょっと旧港をお散歩して、シーフードのいただけるレストランCoquillages Toinouへ。
お店の前に新鮮そうな魚介がたくさんあって、テンションアップ
Marseille07

ウエイターさんも立ち止まって美しい魚介盛りの写真を撮らせてくれました。
Marseille06

私達は、まずこのプレート。
Marseille08

生牡蠣ウマイ!
Marseille10

そして蟹が食べたくて、こちらも追加。蟹美味しすぎ
Marseille09

いつもお正月に、実家で取り寄せた志摩の岩牡蠣や北陸の蟹やらを食べてたのに、2年連続日本にいないのでずーーーっとありつけてなかったのです。

久々の新鮮な魚介達を、すごい速さで食べて行く私達。
それを見ていたからか、お隣のテーブルのご夫婦が、「お腹が一杯でもう食べられないから残りだけど私たちのプレートも食べる?」みたいなことを言ってくれ、もちろん喜んでいただきました
残りと言っても、特に美味しいと思ったエビや牡蠣がモリモリのプレートで、今夜、1人10個以上は牡蠣を食べたような・・・

幸せなディナーの後ホテルに戻り、まさか牡蠣であたったりなんてしないよね と少し不安を感じつつ、充実の3日目も終了。


Schedule
18:09 Arles
19:01 Marseille-St-Charles
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。