スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディンケルスビュールの子供祭り

ロマンチック街道沿いの街、ディンケルスビュールは鉄道が走らない、少しアクセスしにくい街です。この街は、第2次世界大戦でも被害を受けることがなかったために中世のままの街並みを楽しむことができます。
ちょうど、7月25日はこの街の「子供祭り(Kinderzeche)」の最後の日でもあり、ネルトリンゲンから特別列車が運行される日でもあったので、両方を目的に行って来ました。

ネルトリンゲンからディンケルスビュール間は、Museumsbahnという特別な列車が夏季の主に第4日曜日に往復2便運行しています。(詳しくは下記の参考を参照ください)日によって蒸気機関車だったり、クラシックなディーゼル車だったりします。ロマンチック街道60周年記念の催しで運行されるようですが、実は毎年開催されているものなのかどうかはちょっと分かりません。
Dinkelsbuehl01

Dinkelsbuehl02

Dinkelsbuehl03
この日は、クラシックディーゼル車でした。
蒸気機関車の方がかわいいのでちょっと残念

でも壊れた網棚のままだったりと相当使い古された車両も連結されていて、ノスタルジーを感じました。

Dinkelsbuehl04
ちゃんと昔風綺麗な車両もあります。
もちろん、こちらに座りました。

でも往復とも乗客が数人しかいなかったので、とっても赤字なんではないでしょうか??
ある意味貸切のようで、うれしかったけど。

このクラシックディーゼル列車も、ネルトリンゲン駅に普通に停まってました。
そして子供祭りだからか、車掌さんは2人の少年でした。


でも車両より何より、車窓からの眺めが最高でした。
Dinkelsbuehl05
一面のトウモロコシ畑が見渡せたり、田舎の香水も香ったり、風を感じながら見渡せる自然そのものがとっても気持ちよかったです。


1時間ばかりのクラシックカーの次は、ディンケルスビュールの子供祭り。
由来はと言うと、、30年戦争の時に、攻め込んだ新教徒側のスウェーデン軍が開城を求めたのに、旧教徒側の街の偉い人が何日も返答を引き延ばした。そのため、スウェーデン軍の隊長が怒ってしまい、街を焼き尽くすことにした。その隊長のもとへローレという女の子が街の子供たちを引き連れて懇願しに行き、わが子を思わせる少女のいたいけな姿に心をを動かされ、街が焼き尽くされずに救われたという話に基づくものだそうです。
駅を出てすぐのパーキングにスウェーデン軍の駐屯地が再現されてました。
Dinkelsbuehl06
ここから入場料が一人4ユーロ必要でした。
ちょうどスウェーデン軍が出兵の準備中。
何か炊いてたり、馬にえさをやってたり、街中から駐屯地に戻ってくる兵士達にも遭遇したりしました。
Dinkelsbuehl07 Dinkelsbuehl08

11時45分からのドイチェスハウス側の劇場で、「Die Kinderzeche」30年戦争の由来についての劇も観ました。
Dinkelsbuehl10
ドイツ語で分からないし、シリアスなだけで笑いどころはないしで前半は旦那も私も爆睡。最後は大量の子役が出てきてなんだかかわいかったです。
劇団員ではなくて街の人が演じてそうな感じでした。

その後のパレード。ドイチェスハウス前あたりは花火見物みたいなイスが設置されてました。
最初は乞食役の人。アピールして観客から物を恵んでもらったりしてました。
Dinkelsbuehl11
スウェーデン軍。
Dinkelsbuehl12
子供たち登場です。
Dinkelsbuehl13
パレード中に観客がお菓子やらお酒やらお花やらを渡しに行くというちょっと変わったパレードでした。実は子供祭りやその戦争に何か由来しているのかもしれません。
Dinkelsbuehl14
音楽隊もいました。
Dinkelsbuehl15
天使のような子供たち。
Dinkelsbuehl16

パレード後に街を散策していたら、帰途に着く馬車に出逢いました。
Dinkelsbuehl18
Dinkelsbuehl17
そして、博物館側の中庭に入ったら、こんなものがありました。
そこは、村の軍の駐屯地のようです。

なにげな~く覗いただけだったのに
ブタの頭??リアルに再現するんですね


城壁の中は結構広くて、木組みやパステルカラーの壁のかわいいお家がたくさん並んでいます。
左がドイチェスハウス。今回は人だかりで近寄れませんでしたが、昨秋ヨーロッパバスで数十分滞在した時に寸時でお茶をしましたが、とっても雰囲気のあるレストランでした。右は農家の塔。
Dinkelsbuehl09 IMG_4356.jpg

帰りにネルトリンゲンに寄ってDanielという愛称で呼ばれる聖ゲオルク教会の塔に登ってきました。
IMG_4387.jpg
ここは、塔の上で始めてお金を支払います。
ここのおじさんは、毎日この何百段の階段を登ってるなんだなぁと感心しました。
IMG_4396.jpg
ネルトリンゲンは、1500万年前に隕石が当たってできた盆地にある街だそうで、城壁も大きな円を描いています。
なんとなく円っぽい城壁が分かりますか?
IMG_4391.jpg

そうそう、後日旦那の会社の同僚に子供祭りに行った話をしたら、誰もそのお祭りの存在すら知らなかったらしいです。かなりマイナーなお祭りなんでしょうね。。

行き方 ネルトリンゲン(Noerdlingen) from ミュンヘン
RE/RBでDonauwoerth乗換え。所要約2時間~2時間半。
ICEを使ってもAugusburgまでしか行けないので大して時間短縮にはならない。

行き方 ディンケルスビュール(Dinkelsbuehl) from ミュンヘン
上記でNoerdlingenまで行き、そこからバス501番でDinkelsbuehlまで所要40分。
時間が合えばヨーロッパバスで行くという手もあります。
今回は10:20Noerdlingen発、11:00Noerdlingen着のMuseumsbahnで行きました。

参考
Museumsbahnについて→Bayerischen Eisenbahnmuseum Nördlingen HP(独語)

かかった費用(全2人分) 総計103.50
28.00 バイエルンチケット
36.00 Museumsbahn(Noerdlingen-Dinkelsbuehl間往復)
5.00 ダニエル入場料 
34.50 飲食代など

スポンサーサイト

★初★ドライブ

雨の降る土曜日、海外で初めての(恐怖!?)ドライブを体験してきました。

というのも、9月に旦那の上司が出張帰りにミュンヘンに立ち寄られることになり、今二人で、2日間どう接待するか?ない知恵と選択肢を絞りまくってるところなのです。

中央駅にあるレンタカー会社を訪れました。
土曜日だからか結構混んでいます。皆、事前予約している感じでした。

まずはSixt
今日は全車予約済で今日の今日という急な貸し出しは不能とのこと。
料金も込み具合により変動するので、一定の料金表はないとのこと。
ちなみにオートマはBMWの5シリーズとか大きな車しかないとのこと。
ネットで予約した方が若干安いだろうこと、またその時にオートマをリクエストできるが、実際にオートマがあてがわれるかは当日までわからないとのこと。(←こんなこと言われたら怖くて今後予約できない。。)

続いてAvis。。
今日は、ベンツのA180という小さめの車でオートマ、ナビ付きが貸し出し可能とのこと。
基本的な保険(詳しく聞いていません)もついて24時間約110ユーロ。
相場として高いのか安いのか分からないけど、練習のため乗ることに意義があったので、迷うことなくすぐさまこの車を借りてみました。

他には、EuroCarとHertzというおなじみレンタカー会社がありましたが、今回は当たっていません。

オフィスで契約を交わし、鍵を渡され、駅そばの立体駐車場の指定の階へ行きましたが、特に誰も人がおらず、勝手に運転していけ!と言わんばかりでした。日本だと簡単にでも人が説明してくれます。車種によって操作が違ったりするので、とてもありがたい!
もちろんそれを期待していたので、わざわざ1階の人がいたところへ降りて行き、どうやって操作するか教えて欲しいと頼むと、車の操作なんてみな同じだよと苦笑しながら言われました
とりあえず、近くのガソリンスタンドや返却方法、もらったパーキングチケットのことなど質問して、結局二人だけで心許なくレンタカーに戻ってきたのでした。
rent a car←(注)このパーキングはバウハウスです!

日本でよく見るベンツほど大きくないけれど、マーチみたいなかわいらしい大きさでもない。。
でも乗ってみるとかなり快適な車です。ハンドルは安定してるし、そこそこ車高はあるし。
ドイツは日本とは逆で、右側通行。よって左ハンドルなので、左手で操作するウインカーになかなか慣れなかったけどなんとか車線変更などもでき、私の初ドライブはなかなかの滑り出し

続いて旦那の運転。
日本で10年以上も運転してないという旦那の運転は、予想してたけど怖かった
やたら道路の右寄りを走るので、路駐している車にぶつかりそうでヒヤヒヤしっぱなし。自分が白線を踏む感じで運転するよう言ってもすぐに右寄りになる。路駐してる車のミラーとかがもげて私の顔に飛んでくるんじゃないかと思った。何度も注意しまくる私は旦那から「鬼教官」と呼ばれました
10年のブランクはそう簡単には埋まらないようです・・・。

私はその後アオトバーンと呼ばれる高速にも少し乗り、IKEAまでドライブしてきました~。
高速は100キロ出して走ったけど、他の車はものすごく速い!!
あっという間に追い抜かされます。さすがドイツ

今日分かったこと。
1.市電(トラム)が走ってるのが怖い。そして線路の上走っていいのか分からない。
2.街中はマルクト中心として道が発達したはずなので、碁盤の目状ではなく、斜めの道がたくさんあって分かりづらい。
3.ナビの操作が良く分からない。

初日のドライブを終えて、二人とも精神的に疲れ果て、天満屋で日本食食べました~。
旦那は、今日は私のおかげで無事事故なく終えられたと肩もみをしてくれました。
どうやら自分のレベルにちょっとショックを受けてるようで鬼教官の私もかわいそうになっちゃいました。。

だけど、こんな状態(2人で運転だけに集中!!その上常に不穏な空気)で旦那の大切な上司を車で接待できる日は来るのでしょうか


返却時
地下の駐車場の空いているところに止め、鍵やパーキングに入る時に取ったチケットや契約した時に渡されたものを一式セットにして1階の精算機横にある金庫に入れる。車内に忘れ物してたらもう取り出せない!!ってちょっとドキドキしました。


薄切りのお肉

これまで薄切りのお肉が欲しくなったら、ヴィクトリエンマルクトまで足を延ばしていたのですが(以前、友達に教えてもらったお店に行っていた)今日、衝撃の事実発覚です。

なんと、家から歩いて1分のところにあるお肉屋さんでダメモトで薄切りにしてもらえますか?って尋ねたら、いやな顔をしないで、綺麗な薄切りにしてくれたのです!!
むしろ今まで行ってたお店の薄切りが得意なおばちゃんに最近出会えてなかったので、こちらのお店の方が綺麗な薄切り
Freisch

ミュンヘンは日本人が多いので、慣れてるんでしょうか?
これまであのお肉屋さんで日本人を見かけたことがなかったのですが、私より前にも誰かがお願いしてるってことですよね?
何はともあれ、嬉しい発見でした

モーリッツブルク城とピルニッツ宮殿 ☆Dresden Reise no.3

3日目は、ドレスデン近郊にあるモーリッツブルク城とピルニッツ宮殿のダブルヘッダーをしました。

モーリッツブルク城は、、一部修復中で少し悲しい画像になったりしてますが池の中に浮かぶ凄くかわいいお城でした。
Moritzburg07
正面から見ると右側が前面工事中
Moritzburg01
工事中を避けて写真を撮るとこんな感じ
Moritzburg12
後ろから見るとちょっとは工事中具合がマシかな。
Moritzburg09
1723年からアウグスト強王によって建築されたこのお城の敷地は恐ろしく広くて、写真のモーリッツブルク城から40分もお庭を歩かなくてはFasanenschloesschen(キジのお城??)まで辿り着けません。今回は時間がなくてモーリッツブルク城と羽のお部屋見学をしました。オーディオガイドやガイドツアーもありましたが、今回はこちらもパスして自力で見ます。ちなみに、内部撮影禁止でした。

羽のお部屋には、ふさふさした色とりどりの綺麗な羽で出来た天蓋付きベッドやらタペストリーやらを見ることができました。動物全般が怖くて嫌いだけど、これは見る分には相当ステキでゴージャスで圧巻です。
そしてお城の中には鹿の角が大量に飾られてました。鹿の城って言っても間違いじゃないくらい半端ない量の鹿です。生涯、これを越える鹿の角を一度に見ることは絶対ないと思います。。

モーリッツブルク城のいいところは、蒸気機関車に乗って行けちゃうこと!でしょうか。
Moritzburg02
最初は住宅街を走りますが、だんだん木立が綺麗で涼しげな自然の中を走るようになります。
Moritzburg05
煤も飛んでくるけど、夏はやっぱり青空を見ながらの開放感あふれる車両がおすすめ。
Moritzburg03
気持ちいい!!でも太陽の日差しが痛い。
Moritzburg15
煤のおかげで太陽の光が目に見えます。
Moritzburg16

モーリッツブルクのこじんまりしたかわいい駅舎とラーデボイルオスト駅。
Moritzburg06 Moritzburg17

モーリッツブルクの駅で食べた美味しいカレーブルストとお城のカフェで食べたピュックラーアイス。
なぜこれをピュックラーと呼ぶのか知りたいところです。。
Moritzburg14 Moritzburg11

続いて、エルベ川沿いのピルニッツ宮殿へ向かいます。ピルニッツ宮殿
渡し舟から見るエルベ川向こうのピルニッツ宮殿はこんな感じです。
Pilnitz01
対岸に着くともうピルニッツ宮殿のお庭。
Pilnitz02
まっすぐ前に新宮殿が見えます。
中の見学には30分程度は必要です。昔のキッチンが再現されてます。
Pilnitz03
山の宮殿。かなり広い美術工芸品館になっています。
Pilnitz05
水の宮殿。こちらも山の宮殿ほど広くないけど美術工芸品館のようでした。
Pilnitz07

美術工芸に興味があまりないので、やはり中の見学よりも外観がステキでした。
でも、今日は余りに暑すぎました。お庭のお散歩もしたかったのですが、もう午後にはくたくたになり、カフェに入ったりビアガーデンに入ったりと水分補給と休憩に時間を費やしてしまいました。
寒すぎるのも大変だけど、暑すぎるのもやっぱり観光には大変です


モーリッツブルク城への行き方 from Dresden Hauptbahnhof
S1でラーデボイルオスト駅下車、レスニッツグルントバーンの蒸気機関車でモーリッツブルク駅下車。そこから電車の進行方向に少し歩き、Bahnhof strで左折しまっすぐ歩くとSchlossalleeに出るので右折。前にモーリッツブルク城が見えているのでひたすらまっすぐ歩く。合計徒歩20分程度。
他に蒸気機関車を使わずに電車とバスで行く方法もあります。

ピルニッツ宮殿への行き方 from Dresden Hauptbahnhof
S1でニーダーゼトリッツ下車。88番のバスで終点フェアシュテレクラインシャハヴィッツ下車。このバス停から斜め右の川向こうに宮殿が見えています。目の前の渡し舟で対岸に渡るとそこはもう宮殿内の庭園です。そこから宮殿までは、徒歩で10分程度。渡し舟は10分おきにあります。
旧市街からはエルベ川遊覧船で2時間(帰りは1時間半)だそうです。川の色は茶色いけど、時間があったらとっても優雅でしょうね~。乗り続ければ、バスタイやケーニヒシュタイン要塞にも辿り着けます。

参考
エルベ川ピルニッツ宮殿の渡し船時刻表(独)
エルベ川遊覧船時刻表(独)
レスニッツグルントバーン(SDG)HP(独)


旅程
7月9日(金)
06:20 München Hbf発  ICE 886
07:30 Nürnberg Hbf着
08:40 Nürnberg Hbf発  RE 3445
13:02 Dresden Hbf着
13:30 Dresden Hbf発  S1
14:10 Koenigstein(Saechs Schw)着  ケーニヒシュタイン要塞観光 バス2回乗る
16:45 Koenigstein(Saechs Schw)発  S1
16:51 Kurort Rathen着  バスタイ橋観光
19:21 Kurort Rathen発  S1
19:58 Dresden Hbf着

7月10日(土)
07:32 Dresden Hbf発  RE
08:40 Goerlitz着
09:44 Goerlitz発 OE
10:19 Weisswasser着
10:35 Weisswasser発  Bus 250
10:53 Kirchplatz, Bad Muskau着  ピュックラー伯爵庭園観光★世界遺産★ 
15:15 Kirchplatz, Bad Muskau発  Bus 250
15:27 Weisswasser着
15:35 Weisswasser発  OE
16:15 Goerlitz着
16:26 Goerlitz発  RE
17:48 Dresden Hbf着

7月11日(日)
08:00 Dresden Hbf発  S1
08:16 Radebeul Ost着
08:26 Radebeul Ost発  LoesnitzgrundbahnのDampfzug(蒸気機関車)
08:53 Moritzburg着 モーリッツブルク城観光
12:03 Moritzburg発  LoesnitzgrundbahnのDampfzug(蒸気機関車)
12:30 Radebeul Ost着
12:38 Radebeul Ost発  S1
13:10 Dresden-Niedersedlitz着
13:18 Dresden-Niedersedlitz発   Bus 88 降りたら渡し舟で対岸へ渡る
13:30 Faehrstelle Kleinzschachwitz着  ピルニッツ宮殿観光
16:31 Faehrstelle Kleinzschachwitz発  Bus 88
16:43 Dresden-Niedersedlitz 着
16:48 Dresden-Niedersedlitz発  S1
16:58 Dresden Hbf着
17:54 Dresden Hbf発  ICE 1552・・・20分遅れ
19:07 Leipzig Hbf着
19:11 Leipzig Hbf発  ICE 1617・・・こちらも20分遅れてくれたので、うまく乗り継げました!
23:51 München Hbf着


かかった費用 全2人分 総額 553.92
137.70 IntercityHotel2泊分・・・列車のチケットをネットで購入した後にそのままDBでホテル予約
      ドレスデン市内チケットが3日分無料でもらえた。
      タオルの質やアメニティーなどは最低限レベルだけど、駅前のとても新しいホテルで綺麗。
      古いホテルより、狭くてサービスが低めでも私は新しい方が好きです!
143.50 Train von Munich nach Dresden(Hin & Zurueck)・・・Sparpreis
11.00 Train Koenigsteinへの1dayファミリーチケット(タリフゾーン2を購入)
6.00 Bus Koenigstein駅から要塞へのバス往復
2.60 Schiff Basteiへの渡し舟往復
12.00 Koenigstein要塞入場料
21.50 1日目食費など
28.00 ザクセンチケット
10.00 Fahrrad 公園の自転車レンタル料(1日の料金)保証金現金50ユーロ要
18.00 Museumsnacht
72.79 2日目食費など
7.00 1dayファミリーチケット(タリフゾーン1を購入)
23.20 Loesnitzgrundbahnチケット往復
13.00 Moritzburg城入場料
12.00 Pilnitz宮殿入場料
35.63 3日目食費など

バードムスカウのピュックラー庭園 ☆Dresden Reise no.2

ドレスデン付近の旅2日目は、バードムスカウにある世界遺産のピュックラー伯爵庭園まで足を延ばしました。

スムーズに行ける電車がその日だけ工事の都合でうまく接続できず、途中Goerlitzで1時間くらい散歩しました。
ライヒェンバッハ塔とその右側に広がるObermarktに面する元取引所や商人の立派な家々。
Goerlitz02 Goerlitz01

運転手さんに教えてもらい、バードムスカウ庭園に近いバス停で降りて5分くらい歩いたら、立派な建物の中にTouristInformationを発見!
その横にこのNeues Schlossがあります。
BadMuskau04
お城に接近。お城前には金ぴかのライオンが2匹いました。
BadMuskau01 BadMuskau02
お城の塔に登ってみました。まだお城は修復途中のようでした。
BadMuskau03
TouristInformationのお姉さんの説明によると、この庭園は、3分の1がドイツ、残り3分の2がポーランドに属しているそうです。第2次世界大戦後の国境線がオーデル・ナイセ川とされたために2国に分断されてしまったのです。だからというわけではないですが、相当な広さです。あまりに広いので、TouristInfromationでレンタサイクルをしました。じゃり道で山道だったりするので、サイクリングと言っても結構大変でしたけど、おかげで庭園を広範囲に駆け巡ることができました。
暑かったけど爽快でした~。右は多分ピュックラー伯爵。
BadMuskau09 BadMuskau10
この橋がポーランドとドイツの国境線。国境といっても誰もいなくて、パスポートのスタンプは増えなかった・・・。
橋を渡り終えると、柱がポーランドの国旗の色になってた。
BadMuskau07 BadMuskau08
庭園内の唯一と思われるカフェのある広場の建物。ここのカフェは豪快なパフェが安価に多数揃っていました。凄く大きいけど美味しそうでした~。私は喉の渇きが凄くてアイスコーヒーフロートみたいのを飲みました。
BadMuskau05 BadMuskau06
このカフェではぜひ、パフェを堪能して欲しいと思います!!

ドレスデンに戻ってから旧市街に夜ご飯を食べに行き、食後にお目当てのコーゼルパレイへ!!
Dresden0112月に食べて感動したアイアーシュッケをリトライ!
んーーーん。
この暑さだからなのか、一番下のスポンジ生地がもったり感じてしまう。。
最初のカンドーはどこへ・・・・?
やっぱり別のケーキにすればよかったな。

夕食にヒルトンの中の日本食レストラン「OGURI」で胃にやさしい日本食を堪能したから今夜はいいことにしよう。

君主の行列(←だんながファンで、行列全部を動画撮影していた)の一部。
Dresden02
ブリュールのテラス
Dresden04
エルベ川の夕焼け
Dresden05
エルベ川の夕焼け2
Dresden06

疲れてるにも関わらず、この日「ミュージアムナイト?」ドレスデンの美術館が18-01時までオープンしているという情報をゲット。ドイツ人も夜中の1時まで働くことがあるんだ~と変なところに感動
共通チケットを購入し、アルベルティーヌム(ここ最近まで修復中だった美術館)とドレスデン要塞に行ってきました。かなりヘトヘトになりました。

そうそう、この日新市外側エルベ川河畔でパブリックビューが設けられてました。
サッカー3位決定戦でしたね。歓声が何度も響き渡ってました。
・・・日本が負けてからきっぱりにわかファンを辞退した私でした

To be continued...

参考
ピュックラー伯爵庭園公式HP(英語・独語他)
Waldeisenbahn Muskau(WEM)HP (英語・独語他)
  ・・・バイスバッサーから蒸気機関車で公園に行くこともできるようです。

ピュックラー伯爵庭園への行き方 from Dresden
ドレスデン中央駅からREでGoerlitzへ、そこで別の列車に乗り換えてWeisswasserへ。そこから250番のバスでKirchplatz, Bad Muskau下車。乗ってきたバスが進む方向に少し歩くとちょっとした広場にTouristInformationの看板があるので、そこを右折しまっすぐ歩くとTouristInformationの前に到着します。250番のバスもザクセンチケット有効でした。
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。