スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイデルベルクで救急車

先週の日曜日は、私たち夫婦恒例の鈍行電車で行く週末の旅に出かけました。
今回はハイデルベルク!!

なんだかこの時期あちこちで鉄道の修理をしているみたいで、直通で行けるはずがバスに乗り換える必要があったり、遠回りさせられて普段より多く時間がかかったりするみたいです。
ハイデルベルクも後者に当たってたんだけど、8時半出発にするとほぼいつもどおりの所要時間で行けることが分かり、5時間少しかけてようやく目的地到着となりました。
Heidelberg 駅前にあった変てこな像

駅から街の中心まではちょっと離れているので33番のバスに乗り込みました。
晴天だからか旅行客でバスは恐ろしく混んでいて、バス内は暑くてとっても気持ち悪くなりました。
そもそも駅に着く頃になんだか胃の上の方が気持ち悪いなーと感じていて、前夜と同じ感じがするなーとちょっと不安になってたのでした。

元来胃が丈夫な私は、胃腸風邪になっても上から・・ということはほとんどありません。
バスもケーブルカー乗り場までなんとか無事乗り続けました。そこで少し休んでも全く気分が回復しません。。それどころかますます気持ち悪くなる一方で、トイレを求めて近くのホテルを探しましたが、途中で道で戻してしまいました。その後綺麗なトイレを求めてレストランを回り、2件目のトルコ料理屋さんで快く貸してもらえました。でもどれだけ戻しても終わりがなく、気持ち悪さが襲ってきます。最後は5分置きに襲ってきてヘロヘロになりました。
レストランのオーナー夫婦が救急車を呼んでくださり、救急病院に行きました。
救急車デビューがドイツなんて少しかっこいいかな?でも救急車に乗っても気持ち悪かった・・・・

点滴をされ、血液検査をされ、まーひどい病気ではなくウイルス性のものだろうとの診断で、この病院に泊まるか、家に戻るか選択を迫られました。身体はひどくえらかったけど、翌日は旦那の仕事があること、ドイツの病院ではきっと食べ物も、寒さも日本人の私には耐えられないだろうことより、ミュンヘンへ戻ることを選びました。
薬を欲しいと懇願するとひとつだけ、胃の薬をくれました。
その後も貧血でちゃんと歩けなかったりしましたが、なんとか無事19時台の最後の直通特急列車に乗れ、旦那が勧めてくれた1等車両の3人掛けを独り占めして横になって帰ってきました。

翌日日本人のお医者さんに行くと、ウイルス性急性胃腸炎と診断されました。
上から襲われたのは初めてでした・・本当に辛かった

とんだハイデルベルク旅行。
トイレを探してさまよう途中で私が持ってるカーディガンの中では一番高価なものを紛失してしまうし、格安鈍行旅行のはずが、何も見物していないのに、高級特急旅行になってしまうし!

今回得た教訓
少しでも体調が良くないときは、大人しく家にいよう

ちなみに、ドイツ語で学校の友達に症状を書いたメールの返信に「きっと妊娠したんだから、薬なんて飲んじゃだめだよ!」とあったのには、驚きました!!違うってば~

ハイデルベルクへの行き方 From ミュンヘン
 RE ウルム、シュツットガルトで乗換えて5時間15分
 IC 直通で3時間15分

かかった費用
 37 週末チケット
 12 ケーブルカーチケット  乗れなかったけどね・・・
 10 トルコレストラン
 50 搬送代
 70.63 救急病院
 205 特急(IC)1等料金 2人分 座席指定含む
スポンサーサイト

ゲーテ街道の旅

遡ること約2ヶ月。2月20日から1泊2日でゲーテ街道の旅に出てました。
  ・・途中まで書いてたけど、一時帰国前で時間がなくなってそのままになってました。。
アイゼナハ→エアフルト→ワイマール→ライプチヒと4都市を駆け足で巡りました。
実はアイゼナハ、ライプチヒは2度目の観光です。以前は日本から2005年7月に9日間旅行したときに廻りました。当時の写真を見返してみると大きな違いは空の色、花の色。やっぱり夏の旅行がお勧めです!!

今回の旅の最初は、アイゼナハにある世界遺産のヴァルトブルク城から始まりました。
Eisenach01

ガイドブックには英語のガイドツアーもあると記載されてましたが、冬季だからかドイツ語のみで10分置きにありました。その代わり日本語のパンフレットをもらいました。ドイツ語の説明が以前よりはすこーーしだけ理解できたことがうれしかったです♪
左が歌の間のステージ。右がルートヴィッヒ2世がノイシュバンシュタイン城に真似て作らせたほど感動したという祝宴の間。祝宴の間では今もコンサートが行われているらしい。行きたい!!!!
Eisenach02 Eisenach03

ルターが3ヶ月こもって新約聖書のドイツ語訳をしたルターシュトゥーベを最後に見学できます。
Eisenach04

Eisenach05お城の先の方に眺めの良さそうな塔があり、子供達がその周りにいたので、私も絶景を眺めたい!とサクサク歩いて行きました。
下なんて全く見ないで!!

そしたら、見事に滑って転んでしまった!!
両手の平とおしりできれいに三点着地です。
ここ最近積もった雪と山頂にあるがゆえの寒さのためか、地面がスケートリンクのようにツルッツルになってたんです。
あまりにツルツルしてたので、なかなか立ち上がれませんでした。
周囲の人が笑いもしないで普通にしててくれたのがせめてもの救い!?

そんなこんなで塔には登れずじまい。。
冬の旅は調子に乗らないこと!を身をもって学びました。

続いてロイターワーグナー博物館へ。

概観も内装も素敵なヴィラだったけど、なんとワーグナーが住んでたわけではなかった。
1Fにワーグナーの資料室があって、タンホイザーの楽譜があるんだけど、
ワーグナーの弾いたピアノも残ってるんだけど・・・・。
名前だけで判断してはいけませんね。
Eisenach06


バッハハウスでは、13時からの古い楽器を使った演奏を聴くことができました。前の旅行のときと同じ人が演奏してくれてる気がしました。前回の写真に人が映っていなかったので、確認できませんが。。
以前はなかった新館も右側にできていて、カプセルに入って音楽を聴けるのがとーーってもここちよかったです。バッハ好きなら1日いられるかも。
Eisenach08 Eisenach07

ルターの家。木組みの家でかわいいんだけど、ルターの部屋は1部屋だけ。下宿だから仕方ないけど、すぐに見終わってしまった。右は、ゲオルク教会。ルターが説教をした教会でもあり、バッハが洗礼を受けた教会でもあるらしい。
Eisenach09 Eisenach10

駅に行く歩行者天国の道で1軒しか見つけられなかった行列してる屋台のチューリンゲンソーセージを食べて、チューリンゲン州でもっとも大きな町、エアフルトへ電車で移動。炭焼きで香ばしいけど、ちょっとソーセージを食べ過ぎて美味しく感じなくなってきました。。
エアフルトは特に期待してなかったのに、重要な観光名所はないものの、かなーりかわいくて好みの街でした。
Erfurt03

夕日を受けている大聖堂とセヴェリ教会。その間の道からの光。
Erfurt01 Erfurt02

橋の両側にお店が建っていて川面が見えないクレーマー橋。普通の道に見えるけど橋なんです!
右は他の橋から見たクレーマー橋の眺め。
Erfurt04 Erfurt08

橋の上のかわいーお店たち。昔の衣装を着てパンを売る人。
Erfurt05 Erfurt06 Erfurt07

翌日はワイマール観光から。
最初に訪れたのはゲーテの家。番地を見ると、左側の写真の建物なんだけど、どうも中に入れそうにない!
街の人に聞いたりして立ち往生してたら、他の観光客がついに登場。。なんとこの建物の左横の建物のドアから入るらしい。さすが大きくて立派な家だった。
weimar01 weimar02 weimar03
真ん中は劇場前のゲーテとシラーの像。ちなみにガイドブックによるとこの劇場でワイマール憲法が採択されたらしい。右写真の右側がドイツで有名な画家、クラーナハの家。
他にシラーの家、ヘルダー教会、バウハウス博物館、美術館を回りました。

Leipzig03
最後にバッハがオルガン奏者兼指揮者として活躍した「トーマス教会」を見に、ライプチヒへ。

中には、バッハのお墓があります。

もちろん、バッハが演奏していたパイプオルガンもあります。

ステンドグラスには、バッハやルター、メンデルスゾーンが描かれているそうです。
 ・・・ちなみに下の写真はルターのステンドグラスです

バッハ博物館は修復中で見学できず、残念でした。。
3月下旬にオープンするとのことでした!


Leipzig01 Leipzig02

トイレに行きたくて入った無料の「現代史博物館」がかなーり見ごたえがあり、1日いても飽きない感じでした。ドイツの歴史に、今興味があるからそう感じたのかもしれないけど・・。ドイツの現代史を多数の興味深い展示とともに学べるものでした。展示は全てドイツ語ですが、最後にあるショップで英語の解説書をもらえます。

旅程
2/19(土)
06:20 Muenchen発
10:05 Eisenach着 (Fuldaで1回乗換え)
15:07 Eisenach発
15:56 Erfurt着
18:48 Erfurt発
19:02 Weimar着
2/20(日)
13:19 Weimar発
15:12 Leipzig着 ・・20分程度遅れて発車しその分遅れる
17:11 Leipzig発
22:25 Muenchen着 ・・10分程度遅れて到着

ヴァルトブルク城への行き方 from Eisenach駅
「冬季は定期的なバスサービスはなく、Ruftbusという呼び出しバスを利用できる」とガイドブックにあり、KVG(アイゼナハ交通局!?)のHPにも出ているのですが、電話をしても通じたことがありませんでした。お城に前日に電話をしてバスのことを尋ねたら、バスはないのでタクシーで5ユーロくらいで来られますとの回答をもらい迷わずタクシーで。駅からだと8ユーロかかりました。
ちなみにホテル客以外は少し下にある駐車場で下ろされます。そこから徒歩で10分程度。結構な坂なので、バスもあり片道2ユーロとのこと。帰りは駐車場でタクシーを呼んでもらいましたが待合室もなく外で15分くらい待ちました。山の上だし雪も降ってて寒かったのでホテルでお願いしてみればよかったなーと後悔しました。タクシーから、歩いて下りている人もみかけました。
Ruftbusは電話も出ないしお城の人の回答もあって、存在自体ないのかと信じていましたが、帰りに駅側を走る10番のRuftbusと表示されたバスを見ました!確かに走っているようです。利用方法は分かりませんが。。


かかった費用
109 DBのICE乗車チケット 往復*2人分 12月に最安値でDB公式サイトより購入
9 DB座席予約 窓口で購入
59 チューリンガーチケット 28*2日分 アイゼナハ-ライプチヒ間の移動に利用
   ワイマールとエアフルトのバスにも乗車できました!
73 ホテルドリント 1泊 Booking.comにて
  ヴァルトブルク城 2人分
24 ワイマール美術館1日券 2人分
  その他各種見所入場料
67 飲食代
13 タクシー代

結婚式

4月3日に結婚式が無事終わりました。
2週間前予報から気にしてたお天気にも恵まれ、桜の花が綺麗な暖かい日になりました。
20100403-3

この日に至るまで、書ききれないくらいいっぱい大変なことがあったけど、無事終わってほっとしました。
そして来てくださったみなさんが楽しんでくださったようで、素直にうれしかったです。
何年も会っていなかった友人にも久しぶりに会えて、お互いの元気な姿を確かめ合えたことも良かったです。

今回の日本一時帰国は3月10日から4月5日と約1ヶ月。その間2回打ち合わせで東京へ行き、披露宴で流す2本のDVD製作とウェルカムボード作成、引き出物決めと席次などでかなりの時間を費やし、日本に帰ったらしなくちゃ!と思ってた半分くらいのことをこなせずに戻ってきてしまいました。。
そしてドイツに戻ったら、夏時間になってすーっかり太陽も高くなり、明るくなってました!

Weddingphotoブーケは白と淡いラベンダーよりのピンク。
やさしいブーケになりました。

カメラは持っていたけど、挙式前は時間が全くなく、あれよあれよという間にリハーサルと本番。
撮影できたのは、ブーケこの一枚のみ!

リハーサルをまじめに聞いていなくて最初のベールダウンすら忘れてしまい、そんな自分にウケてました。
その後もなぜかやたら笑えてしまう変な花嫁でした。

当日は考えてる暇がなかったんだけど、
後からよくよく考えると、なぜかとーーっても急いだ感じの披露宴だったかも。
みんなと全身の写真を撮ってる暇がなかったなぁ。
余興もスピーチもなかったのに・・

食事美味しかったって言ってもらったけど皆ちゃんと食べ終わる時間があっただろうか?
写真は十分撮れましたか?って聞かれた時に皆のところに歩いていって写真を撮ればよかったなーとか今頃思うのでした。

それでも、多くの人にいい式だったよ!と言ってもらえたことは、すごくうれしかったです。
そして、この結婚を本当に祝福してくれる大切な友人がこんなにたくさんいてくれて、子育てしてたり、遠方からだったりと、忙しい中駆けつけてくれたことが何より本当に幸せでした。

私達の結婚自体が友人や同僚のおかげなのですが、こんな私たちにしてくれたのは、これまで生きてきた中で、多くの人に出逢い、友情を育んだり喧嘩したり、教えてもらったり、様々な経験をさせてもらってきたから。今の私たちに至るまでには、出逢った人に誰一人要らない人はいなかったはずで。出逢ったことには必ず意味があるはずで。そしてこれまでの人生を、側にいてくれて共に過ごした家族、親族、友人の皆に、そんなありがとうの気持ちを伝えたいなと思いながら、エンドロールも作りました。

来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。
そして、お呼びできなかった皆さんにも、もちろん同じ気持ちでいます。
これからも末永くよろしくお願いします。


プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。