スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄切り肉を購入

今日は、ドイツに来て初めて薄切り肉を購入できました!
語学学校で知り合ったお友達が連れてってくれたおかげですありがとう

20100127Freisch

ドイツではスーパーで売られてるのは、どんな薄切りでもハム以外は5ミリ以上は厚さがあるので、料理の腕前が未熟だからか、日本食を作るときにはなんだか扱いにくいんです。厚みがあるからかドイツだから肉質は硬いし。
おまけに、鶏肉はもも肉が必ず骨付き。手羽は普通だけど、もも肉の部分だと、ケンタッキーで買うチキンパーツよりかなり大きなものが基本売られてます。丸ごとチキンも当たり前。。
でもグロイものに触るのがとっても苦手なので、気持ち悪くて買えませんきゃー
前、近所のお肉屋さんへ行って拙いドイツ語で骨を取ってもらうようお願いした(つもり)ですが、骨付きでしかだめでした。
あーー鶏もも肉が恋しい♪

でも、今日はこの豚バラのおかげで、ドイツで日本のキムチ鍋が再現できるはずです~。
500グラムで3.5ユーロ(日本円で500円くらい!?)だから安いと思う!!
でもキムチが300グラムで4.8ユーロ(日本円で650円くらいjumee☆a)だから、トータルだとやっぱり高くついてるかなぁ。

2998912792その後、Reschartという有名なベーカリーチェーン店のkrappchen(綴りがあやしめ手書き風シリーズ汗1)クラプヒェン(ドーナツのようなもの?)のティラミス味を購入。

お家で一人カフェです。

ドレスデンで食べたケーキを除いたら、
これが一番好みの味かもしれないっ。

旦那にも買おうかと思ったけど、友達も買わないって言うし、夜食べると旦那が太るし、、ということで一人分だけにしました!

スポンサーサイト

フランクフルト日帰り旅行

土曜日に旦那と、初めてフランクフルトの街を散策してきました。
ミュンヘンとはだいぶ雰囲気が違います!高層ビルも建っているし、観光より商業の色が濃いです。
Frankfurt01

そしてフランクフルトだけに!?フランクフルト屋さんがImbiss含め、かなりたくさんあるなーと思いました。
もれなく、シュレマーマイヤーというお肉専門店?のフランクフルトを食べました。
香ばしくってパリッとしてて美味しかった♪

他に、ハウプトヴァッヘの駅上にあった屋台で、煮込み豚肉を食べました。
とろっとろで、味付けも少し辛目で、寒い冬にぴったりの絶品手書き風シリーズハートでした。

観光するところは、ゲーテの家以外はあまりない様子。
ゲーテの生まれ育った家は、4階建ての大きな家です!こんな大きな家に住めたらなぁ!
ゲーテは苦労人ではないらしい。。有名な人は苦労人の方が共感度があがる私でした。。
Frankfurt03 Frankfurt02

結構無機質に思える街なみの中、レーマー広場だけはちょっと昔の雰囲気があってかわいめです。
Frankfurt06
旧市庁舎レーマーのかわいい外観と、2階にある神聖ローマ帝国皇帝戴冠式後の祝宴が催されたというカイザーザール。カイザーザールにはカール大帝はじめ、神聖ローマ帝国の52人の皇帝の絵が飾られています。
Frankfurt07 Frankfurt05


Frankfurt04
今回のお茶は、るるぶを見ていてどうしても食べたかった、念願のフランクフルトのケーキ
「フランクフルタークランツ」
に決めてました!!

でも、そこまで美味しくない・・・・・困り顔
むしろ奥のケーキ、その名も「ゲーテ」の方が好みでしたー。


最後に自然博物館へ。
家族連れがたーーくさんいて、かなり人気の博物館のようでした。
恐竜の模型やら、多種の動物の剥製やら、虫入りの琥珀やらの展示がいっぱいあって、大人でも楽しめました!
Frankfurt08 Frankfurt09

そうそう、ブランドストリートは、細い道の両脇に店舗があってミュンヘンよりも見やすそうだと思いました!
そんなに用はないからいんですけどね・・・あはは

ヴュルツブルクで乗換える時、たくさんのポリスマンが待機していて、何があるのかなぁ~と思いながら列車に乗り込んだら、隣のホームが白と黒の帽子をかぶった人たちとでごった返ってました!
なんだか怖かったー。爆竹も数発破裂してたし。
そしてやってきた列車に乗り込んでいきました。満員電車になってました。
あの列車に乗る予定じゃなくって本当に良かった~~ほっ

電車フランクフルトへの行き方 From Munich
RE、RBを利用して5時間半~6時間強もかかる長旅です。2,3回の乗換えがあります。
ICEだと3時間ちょっとで行けちゃうらしい。

メモ出費メモ
37ユーロ 週末チケット
7.6ユーロ 地下鉄代
   ・・・週末チケットではフランクフルト辺りの交通連合(RMV)のU-BAHNやトラムに乗れません。
4ユーロ レーマー入館料
10ユーロ ゲーテハウスと博物館
12ユーロ ゼンケンベルク自然博物館(Senckenberg Naturmuseum)
13ユーロ カフェ「リープフラウエンベルク」でお茶
3ユーロ 屋台の肉煮込み
5.45ユーロ シュレマーマイヤーのホットドッグ 2本分
6.5ユーロ その他

ザルツブルク日帰り旅行

先週日曜日にオーストリアのザルツブルクに行ってきました。
salzburg03

ザルツブルクと言えば、モーツァルトが生まれ育った街として有名です。
モーツァルトの生家と住居の2つが街にあります。

そして、大好きな「The Sound of Music」の舞台としても有名です。
ホーエンザルツブルク城からの街並みは、雪が積もっていて本当に幻想的でした~。
salzburg05

オーストリアと言えば、ケーキです♪
旦那に今回のお茶だけは譲れない!と主張して付き合わせちゃいました。
奥がザッハートルテ。私はマロンショコラ(みたいの・・)食べました。
  でもザッハートルテにクリーム付け忘れてショックでした。
甘めだったけど、普通くらいのレベルで美味しかったです。
salzburg06
メランジェという、泡立てた温かいミルクとコーヒーが半分ずつ入っているらしいものも飲みました。
泡がむちゃくちゃふわっふわで美味しかったです。

salzburg07 salzburg02 salzburg01 salzburg04
左から
①お茶したカフェ フュルスト
②サウンドオブミュージックで一家が隠れた教会の墓地ペータースフリートホーフ
③カピタルプラッツから望むホーエンザルツブルク城 巨大チェス付き
④ホーエンザルツブルク城からの眺め

電車ザルツブルクへの行き方 from Munich
REのザルツブルク行き直通で終点まで行くと到着しちゃいます。所要2時間。
RBだと途中乗換えが発生するようです。所要2時間半程度。
RJという最速の特急を使用すると、途中停車駅なしで1時間半で到着するようです。

メモ出費メモ
28ユーロ バイエルンチケット
44ユーロ ザルツブルクカード 2人分・・・これお得です。ほとんどの見所に入れます。
13ユーロ お茶代
20ユーロ 昼食代
14ユーロ モーツァルトのCDとモーツァルトクーゲルン3つ入り

日本への宅配便

先週の水曜日に、日本の実家へ宅配便を送りにドイツポストに行きました。
最近はがんばって、ドイツ語で質問したり、依頼したりしてます。
学校で習ったの使ったら、通じたーーっBrilliantてのがうれしいから。

備忘のために、書いておきます。
窓口はポスト(郵便局)でも配送会社はDHL。
一番速い便で5キロまで、62ユーロ。
Premiumというシールを貼って20ユーロの追加で最速の便になるとのこと。
・・・あまりに小さなシールだったので、私はもう1枚余分に貼りました!

かなり不安でしたが、5日後の日曜日に日本に到着したとのことです。
日本の税関でも開けられた形跡がなかったもよう。
受付は水曜日の17時で日曜日の18時に到着したってことは、8時間の時差を加えると、EMSにも勝る速さです。

EMSにも追跡サービスがありますが、同じようにDHLのHPで12桁の荷物番号を入力すると現在の荷物の所在がわかります。
ちなみにEMSの送り状には既に番号があるのに対し、DHLは依頼して初めて番号が付与されます。
楽と言えば楽ですが、EMSよりもさらに簡易な内容しか記載する欄がありません。

イギリス留学中にイギリスの配送会社のひどさを見聞きしていたので、ドイツもあやしんでいましたが、どうも安心して良い様でほっとしました顔 ニコ

ベルリンとポツダム旅行

12月25日から4日間、ベルリンとポツダムを旅しました。
実は、両都市ともに2度目なのです。今回の旅でイメージがアップしました。ちょっと青空が見えたからなのか、宿泊したのが、ユースホステルじゃないからだからなのか、自分でもよく分かりません。
ちょっと時間があいたので、詳細を覚えてないかもしれません!?
Berlin07

きれいだったのが、ベルリン大聖堂の上からの景色です。ちょうど夕焼けが見えました。
Berlin14 Berlin16
Berlin15

■クリスマスマーケット編■
シャルロッテンブルク宮殿のライトアップ・・クリスマスマーケットも開かれていました。
Berlin01
こちらの写真は正真正銘のシャルロッテンブルク宮殿。
初日にお隣にある宮殿の新翼にだけ入館してこれがシャルロッテンブルク宮殿だったんだなー。外観があまりいけてないなーーーーーなんて思ってクリスマスマーケットの方にやってきたら、このライトアップされた素敵な宮殿を発見。
危うく宮殿を誤って理解しちゃいそうでした。3日目にちゃんと本物にも入館しましたよ。
・・・でも私3年前にもここに来てるのですが・・・・

カイザーヴィルヘルム教会そばのクリスマスマーケット・・巨大なサンタやらが2年前と変わらずに光ってました!
Berlin02 Berlin05 Berlin06

おいしかったケバブ風の食べ物とかわいい入れ物に入ったグリューワイン♪
Berlin03 Berlin04 Berlin11
その横は小さいドーナツみたいなの。これも美味しかった!


■ポツダム編■
サンスーシ宮殿・・・星世界遺産星庭園の池の水が凍ってました!
Berlin08
新宮殿・・・サンスーシ宮殿から庭園を歩くこと20分ほど。やーっとたどり着きました。
Berlin09
ツィツィリエンホーフ宮殿・・・ポツダム会談が開かれた場所です。
                 出っ張りの1階部分が会談会場のはずです!
Berlin10


■食べ物編■
ポツダムで食べた魚料理。るるぶに乗ってた「ガストマール・デス・メーレス」というお店。美味しかったです。
Berlin12 Berlin13

ベルリンといえば"カレーブルスト"が有名。
   こちらは連邦議会議事堂そばのセルフサービス式のカフェにて。
Berlin17
写真はないけど、ここよりもポツダム広場の屋台で食べたものの方が美味しかった。
カレーブルストといっても茹でたソーセージを使うところもあり、注意が必要です。もちろん炭火で焼いたものが一番美味しいと思います。


アイスバインという塩漬けされた骨付きの豚の足をゆでたものとベルリナーボウレッテというただのハンバーグ。
Berlin19 Berlin18
ベルリン料理のお店ではなかったのが残念・・。


■美術館と博物館編■ 博物館島・・星世界遺産星
だいたいどこも入館料にオーディオガイドが含まれてます。日本語はそんなにありませんが英語はあります。
ベルガモン博物館バビロニアのイシュタール門などスケールが大きい♪
新博物館ネフェルディティの胸像が有名。エジプトから返還を迫られてるらしいとか?本当に美しくて見入ってしまった。残念ならがこの像は撮影不可能でした手書き風シリーズ44ブタ
・花注意・花
オープンしたばかりだからか、直接博物館の入り口に行っても入れず、橋にあるチケットショップで時間指定の券をもらう必要がありました。当日分は既になく、一番早くて翌日の15:30からとなりました。最終日の前日に来ておいてよかった絵文字名を入力してください
旧博物館小さなものがたくさんあったような。あまり記憶が・・
ユダヤ博物館ホロコーストタワーという収容されたユダヤ人が入れられた部屋と思われるところを再現した場所は一見の価値あり。ユダヤ人の数千年の歴史が詳細に展示されているよう。別料金のオーディオガイドを借りなかったからか、もともとの知識が不足してるから、あまり理解できず
DDRミュージアム東ドイツの暮らしぶりを実物で展示。
壁博物館東ドイツから友人や恋人を脱出をさせるために改造した車や、気球などの実物展示に加え、多種のパネルで終戦から壁崩壊までを学べます
絵画館希少なフェルメールの絵が見られます。ボッティチェリやレンブラントも。
旧ナショナルギャラリー大好きなゴッホは1作品のみ。。
ですが、ルノワールがたくさんありました!!
ベルクグリュン
コレクション
ピカソの絵がたくさんあります。とってもモダンな建物。


壁博物館にあった東ドイツから脱出用に改造された車とイーストサイドギャラリーの絵。
Berlin21 Berlin20

今回は、テレビ塔に登ったり、ドイツ連邦議会議事堂に登ったり、ポツダム広場に行ったり、イーストサイドギャラリーという壁に描かれた絵を見たり、、結構盛りだくさんの旅でした。
100番バスは5分置きに走ってるし、200番バスやM45番バスやSバーンを利用して街並みも乗り物から堪能できました。
外国ではバスや市電が楽しくて大好きです8分音符-x2Beamed*LeafGreen(白い背景用) †SbWebs†


メモ出費メモ
179ユーロ 航空券 2名分・・・ルフトハンザで少し安くなった時に購入♪
238ユーロ ホテル 3泊 booking.comにて "NH hotel Friedrichstrasse"
         湯沸しポットと流し台とティーバッグ・コーヒー粉まであったので重宝しました!
37.60ユーロ ミュンヘン空港までのパートナーチケット 往復
69ユーロ ベルリーナーカード 2名分・・・これに付いて来た地図達がスゴイ使えます!
38ユーロ 博物館チケット 2名分
**ユーロ その他・・覚えてません汗
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。