カテゴリ ■ポーランド旅行■ の記事一覧

|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウシュビッツ ☆Poland Day2

クラクフ2日目の今日向かったのは、アウシュビッツ強制収容所
Auschwitz01

今日のブログには、アウシュビッツの展示や購入したガイドから学んだ惨い事実や、ここアウシュビッツで撮影した写真も載せています。あまりに生々しいものは載せていませんが、人によって感じ方は異なりますので、この先は自己責任でお読みください。


私達はここを訪れるために、クラクフにやってきたのです。
強制収容所は、ナチス・ドイツがダッハウを初めとしてドイツ国内に、続いて占領下の国々に次々に建設した収容施設。中でもアウシュビッツは、当時のナチスドイツの支配領域のほぼ中心にあり、また交通の要所であったために、周辺に第2アウシュビッツ(ビルケナウ)、第3アウシュビッツ(モノビツェ)を持つ最大の収容所となったのです。政治犯や捕虜だけでなく、数え切れないほど多数のユダヤ人やロマ族などのジプシーも送り込まれ虐殺されました。1940年に建てられ、1945年1月27日にソ連軍によって解放されるまでに、推定で150万もの命が奪われたそうです。

立ち並ぶ2階建てのレンガ造りのバラック。アウシュビッツには、バラックが28棟あります。
Auschwitz02

最初、150万の命と言われてもあまりに大きな数字でピンと来ませんでした。
ですが、バラック内に展示されていた山積みになった義手・義足、髪、靴、かばんの量などが半端ではないことから、どれだけ多くの人が犠牲になったかを知り、苦しくなりました。しかも、これは犠牲者が所有していた物の一部でしかないのです。没収後、ドイツ本国へ搬送されたり、解放日前にほとんどの倉庫に火が付けられ燃やされたりしたためです。
焼け残っていた倉庫の中に大きな袋があり、その中から大量の髪の毛が発見されたそうです。2tもの量だそうです。髪の毛が山のように積まれて展示されていましたが、とても写真を撮る気にはなれませんでした。展示の中には髪の毛で編んだ布もありました。とても尋常じゃないです。

この2つのバラックと壁に囲まれた中庭は、死刑場でした。右側のバラックは「死のバラック」と名付けられていて、この建物の地下で初めて毒ガスを使った実験が行われました。
Auschwitz03

全裸にされた収容者は、中庭の奥にあるこの死の壁の前で銃殺されたそうです。
auschwitz04

こちらは、ガス室と焼却炉の建物。つまり、大量殺戮の行われた場所です。最初は死体安置所だったところが、ガス室に改造されたそうです。
auschwitz05


第2アウシュビッツ、ビルケナウは、鉄道引込み線のある巨大な強制収容所。
Birkenau01

ぎゅうぎゅう詰めの列車で連れてこられて、線路の左右の広大な敷地にあった300棟以上のバラックか、そのままガス室かに振り分けられていったそうです。こんなに広いのに、それでも1ベッドに5、6人も寝なくてはならないほどの人たちが収容されてたそうです。
Birkenau02

広過ぎてこの突き当たりにある慰霊碑など全く見えません。
Birkenau03

ガス室と焼却炉の跡。
Birkenau04

ナチスのSS隊員が撤退前に、証拠隠滅の目的で爆破したため、瓦礫となってしまったそうです。
Birkenau05

その隣にある国際慰霊碑。
Birkenau06

ビルケナウは本当に広大で、見たいところ全てをまわる時間がありませんでした。


全てを見尽くすことはできなかったけど、絶対に行っておかねばと思っていたアウシュビッツを訪れることができ、貴重な経験ができました。
途中、目に焼きついて離れない展示があったり、牢屋や実際に多数の命が奪われた場所に立ち、だんだん恐ろしくなったり(今、ブログを書きながら写真を見返していても、そのとき感じたことや連想される事柄が蘇ってきて恐ろしいです)。

アウシュビッツで行われていたのは、1世紀も前の話ではありません。まだ新しい歴史です。
そして今も地球上では、戦争が行われています。
ナチスと同じではなくとも、独裁政治の行われている国が今もあります。

「歴史は繰り返す」というけれど、こんな凄惨な悲しい歴史だけは絶対に繰り返さないようにしなくては。
スポンサーサイト

夜のクラクフとポーランド料理 ☆Poland Day1

ヴァヴェル城の大聖堂をじーーっくり見学し(大聖堂しか入れなかったからね・・・)まず向かったのは、カフェ
お城に向かう途中、急いでいても雰囲気のある居心地の良さそうなカフェがいくつも目に留まって大変でした。でも、いざどのカフェに入るかというと結構難しい。。

カフェ探ししてる間には、スイーツ屋さんや、
krakow22

おしゃれげな食材店を発見!
krakow23

大道芸人や笛吹いてる人や衣装着てる盛り上げ役の人なの?もいました。
krakow19 krakow21
krakow18 krakow20

結局入ったのは、中央市場広場にある少しだけデザイナーズっぽいカフェ。窓からは聖マリア教会が見えます。
Krakow24

オーダーしたのはカプチーノとダークチョコレートケーキ。旦那はコーラだけ。
Krakow25 Krakow26
ドイツの一般的なカフェで食べるケーキよりもクリーム部分が軽く、食べやすかったです!
問題は・・・見た目かわいらしいカプチーノ。
大嫌いなシナモンの香りがいっぱいです
ドイツではカプチーノにぜーーーったいシナモンはかかっていないので、油断していました
シナモンをスプーンで除去してからいただきましたよっ。

カフェを出たらもう真っ暗。
Krakow27

中央市場広場はライトアップされてて、とってもいい雰囲気でした。
Krakow28

夜の聖マリア教会
Krakow29

馬とコラボの織物会館
Krakow30

今ケーキ食べたばかりだけど、まだ17時半だけど、、他にすることもないのでレストラン探し♪
犬も歩けば・・・ってくらいレストランたくさんありました。
が、せっかくなのでポーランド料理を試したいじゃないですか
だけど、ガイドブックを見る限り、あまりそそられるようなお料理が見当たらず・・・まずはZapiecekというピエロギ専門店に行ってみることに。
セルフサービスのお店だけど、結構外観も中もかわいんです。
Krakow33 Krakow32

3種類のピエロギ盛り合わせをいただきました。
Krakow31
見ての通り、ピエロギとは日本で言う蒸し餃子、ドイツでいうマウルタッシェンのようなもの。
お肉のと、ポテトのはなかなかでしたが、もう一皿リピートしたいとはとても思えず、別のレストラン探しに出ました。

ポーランド料理じゃないレストランがとってもステキに見えました・・・。
が、あくまでポーランド料理にこだわり入ったのはJaremaというレストラン。
お店は可愛らしい内装で、ウエイトレスさんの衣装もポーランドの花柄の可愛いロングワンピでした。
Krakow34

ポーランドビール ドイツビールや日本ビールとの違いは分からないが、うまいっ
Krakow35

私は、ポテトパンケーキのサーモンクリーム&キャビア添え
Krakow36
おしゃれ目に盛られてるけど、ポテトを揚げてあるのです。クリスマスマーケットでも、アップルソースやサワークリームを掛けていただくものですよね。レストランで食べるだけあってかりっと美味しく揚がってました。

旦那は懲りもせず(笑)、2皿目のピエロギ
Krakow37
こちらの方が、皮が美味しかった。
けど、もうピエロギは許容範囲超えました!

というか、悲しいことに日本の餃子の方が、、そしてドイツのマウルブロンのレストランのマウルタッシェン(←過去記事参照)の方が数倍美味しいのです。。。

ポーランドの絶品料理は何なのでしょうかね?

食については未知数だけど、初ポーランドの初クラクフは、街もきれいだし、暗くなっても浮浪者も怪しげな人もほとんどいないし、尋ねたほぼ全ての人が英語を話せたし、おしゃれげなカフェもたくさんあるし、予想以上に快適な街でした 

クラクフの街並み ☆Poland Day1

1泊2日の強行日程でやってきたポーランドのクラクフ

ポーランドの首都はワルシャワ。クラクフは例えて言うなら古都京都のようなところだそうです。第2次世界大戦の時は、侵攻してきたドイツ軍の司令部が置かれたおかげで戦災を免れたそうです。

ホテルにチェックインしたのは13:30過ぎ。明日は1日行きたいところがあるので街を観光できるのは今日だけです。というわけで大急ぎで観光に繰り出しました。

これは、15世紀に造られたバルバカン。こちらから見ると普通の砦のようですが、
krakow01

その裏側は、円形をしています。(↓急に夜になっててごめんなさい。。)
krakow02

中央市場広場に着きました!
広場の中央にデーンとそびえる織物会館
krakow03

中はおみやげ物屋さんがたくさん!!
krakow06

チェスや小箱や陶器など、キレイに可愛くディスプレイされてました(写真をクリックすると拡大します)。
krakow07 krakow08 krakow09

織物会館を中心に対角線上に建つ旧市庁舎の塔聖マリア教会
krakow05 krakow04
聖マリア教会の中はありえないくらいに、ものすごく美しかったhoshi_10
でもカメラ撮影禁止マークを発見したので、写真は撮れず残念

ショパンコンサートが行われるらしい聖ペテロ聖パウロ教会
krakow10

柵の柱に彫像がたくさん並んでいて惹きつけられます。
krakow11

やっと見えたヴァヴェル城
krakow12

門までの坂からヴァヴェル城大聖堂が見えます。
krakow13

門をくぐるとすぐに大聖堂の入り口が。ガイドブックによると15:45までだったので急いで見ます。
角度によって全然見えるものが違う、変わった大聖堂です。
krakow14

次は旧王宮。16時に閉まる上に閉館1時間前までに入場しなくてはならないとの記載を見ていたので15時3分前にチケット売り場に到着しました(チケット売り場は旧王宮とは離れた別の建物にある)。
krakow15

さすが、私たち。ギリギリ間に合ったー
ところがチケット売り場のおばさんたちはなぜか既に片付け中。尋ねると、
14:45に終わりました~。コンピューターも閉めたのでもう無理です。」
まだ15時じゃないですよね!とか、明日は来れないしなどと泣きを入れたりもしてみたけれどまるで効果なし
旧王宮に入るために他の見所をかなりはしょって来たのに・・・どこへも寄らずに真っ先にここに来なくてはいけなかったようです。

ま、旧王宮の中は大したことないさ~とあきらめて、もう一度見ごたえたっぷりの大聖堂をじっくり見学しました。大聖堂のチケット売り場もあったけど、チケットなしでも入れたし、いったいどういうシステムなんだろう?
地下にはたくさんの有名人と思われる人の棺がありました。

お城の敷地内には跡も残ってます。
krakow16

お城からは白鳥いっぱいの川が見下ろせました。
橋を渡ってこの川越しにお城を撮ったらキレイだろうなーとは思ったのですが、気温はプラスなのに突風が吹いていて時々歩くのもパワーが必要な状態だったので、頑張るのは止めにしてかわりに食に走ることにしました

クラクフへ ☆Poland Day1

予報によれば、今週末、ミュンヘンは10度を越える陽気だとか。
そんな(奇跡的に?)暖かいミュンヘンを離れ、こんな小さめな飛行機で1泊2日の旅に出ました。
nach krakow01

やってきたのは、ポーランドのクラクフ。初ポーランドです
クラクフの空港はえっ?ってくらい小さな空港でした。
その上、お隣の国なだけなのに、なんだか天気がよくない

外に出てすぐに見えた無料シャトルバスで電車の駅(Krakow-Balice)まで行き、そこから中央駅まで15分くらいで到着しました(この電車の時刻表はこちら)。写真は中央駅です。
nach krakow03

車内に切符の自販機があったので、少し格闘しました。
英語に切り替えるけど最後はなぜかポーランド語になるので正しいチケットなのか確信が持てない
他の乗客に尋ねると、車掌さんから購入すればよいとのこと。
ホントかな~?と思いながら乗っていたら車掌さんが回ってきました。
1人10ズウォティ(300円弱)で問題なし!よかった~。
nach krakow02

国際列車も到着する駅だというのに、出口の表示などが全然読めない言語
人の流れに乗って歩いてみたら、駅直結の大きなショッピングセンターに辿り着きました。
nach krakow04
このショッピングセンターというか巨大モール(近年日本でも良く出来ている感じのもの。Galeria Krakowskaというらしい)、ミュンヘン中央駅に出来たらいいのにっという充実ぶり。
しかも平日は夜10時まで、日曜日も営業しているとのことで羨ましい限りです。。
(ミュンヘンのショッピングモールやデパートは日曜定休)

今回のホテルは、Europejski(エウロペイスキ)
nach krakow06

駅前広場からこの歩道橋を渡っていきます。
nach krakow05

このホテル、booking.comで212ズウォティ(55ユーロ程度)という安さ。しかも朝食付き。ELVがないのでちょっと階段が大変ですが、湯沸しポットも付いてるし、お水も2本用意されてるし、なかなかだと思います。
ただ、部屋の大きさはチラッと見えたお部屋とは雲泥の差。私たちの部屋はきっと一番小さいものでしたが、最低限のものは揃ってました。
夜にはフライトのWeb check-inを無料PCでさせてもらい、プリンターも付いていたのでプリントアウトもさせてもらえました!これには助かりました~。

私の中のポーランドのイメージって勝手に晩秋から冬です。ちょっと寂しい感じ。
ホテルの部屋からの眺めは、昔映画で見たような、そんな思い描いていたポーランドの情景そのままだなって思いました。
nach krakow07


両替情報
そうそう、ユーロからポーランド通貨のズウォティに現地で両替しました。
①空港
 複数の両替店があり。
 BANK PEKAO SAというところは手数料5%で1ユーロ=3.80ズウォティでした。
 結局手数料込めると1ユーロ=3.7957ズウォティとなりました。
②ショッピングセンター内
 手数料なし。1ユーロ=3.80ズウォティでした。
③ホテル
 1ユーロ=3.85ズウォティでした。手数料については不明(ホテル内にKantorがあり、レートだけ確認)。

*ガイドブックには、「Kantor(両替所)は土曜日の13時までで日曜休業が一般的だ」と記載がありましたが、土曜日の15時頃でも開いてるKantorを見かけました。


Flight Schedule
11:05 Muenchen T2 (Lufthansa スペシャル価格時に予約 往復1人88.74ユーロ)
12:30 Krakow T1
17:00 Krakow T1 (機体がAugsburg Airwaysのものだったが、機内サービスはルフト同等だった)
18:20 Muenchen T2
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。