スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いことは重なる ☆London Day 5☆ LAST

King's Cross駅のLeft Luggageに預けてあった荷物を取りに戻り、地下鉄ピカデリーラインで一路空港へ向かいました。

取りに戻る時にピカデリーラインが遅れてるという情報をキャッチしていたので、すこーし嫌な予感がしつつも、止まってたら考えよう!と安易に向かったホームには、人がごった返していました!
もう何分も地下鉄が来ていないのでしょうね。。
策を練らねば!と思った矢先にアナウンスが流れ、反対側のホームにヒースロー行きが発車されるので移動するようにとのこと。すると、すぐに空の車両がやってきて無事席を確保し、本当に西向きに走ってくれたらこのまま乗り続ければ安泰だわーと願ってました。周囲の人も皆同じ気持ちのようで、次の駅名を確認し、皆一息ついたのでした。

ですが、メイン所を走るピカデリーライン。
遅れていたため、どの駅もすごい人。
そのたびに乗り降りに時間がかかり、なかなか進みません。
ずいぶん乗ったのに、まだアールズコートだよ(怒)と嘆く現地人も

途中で止まってしまったらどうしよーなーなーんて考えつつも一応進んでくれるので安心してました。
(留学中に一時帰国して戻ってきた時ピカデリーに2時間以上も缶詰にされた経験アリなのです・・・)

時間はかかったものの、16:20頃にヒースロー1・2・3駅に到着。フライトは17:15。
16:30頃に一番奥にあるチェックインカウンター「K」に辿り着きました。
ドイツのフラッグキャリア「ルフトハンザ」は、ロンドンではとっても小さな扱いです・・・。

複数のエアラインの合同チェックイン場所となっており、そこもものすごい人で、チェックイン機に並ぶのにも一苦労。やっとのことでチェックインをし、荷物を預けようとまたも長蛇の列に並びました。
並びながら、トランクに回すベルトを必死に付けたり、荷物の整理をしたりして、それでも一向に順番が回って来ず、ふと時計を見ると既にフライト20分前。

今頃預けて荷物が乗るわけないじゃん!
というか、私達自身も乗れるわけ?


と急に我に返った私
係員の人に時間がないことを必死にアピールするも、あまりに焦り過ぎて、全く英語が出てきません。
そんな我らに「あそこに並べ」だの、並んだら「もう無理。あそこに行け」だの言われ、誰も私達を乗せるように協力してくれる人はおらず(外国だもの。当たり前です。。。)、タライマワシにされた挙句、辿り着いたチケットカウンターのルフトの係員の人に、荷物を持って行ったら間に合うか聞いたら、行けるかも?とのこと。

そこからダッシュでセキュリティーチェックへ。このときフライト10分前。
こんなに急いでるのに
「Any liquid??」
と何度も言われ、ジャパセンで買ったハバネロ醤油を渡すと、多すぎて持ち込み不可と言われ、
「捨てろ!」
という旦那に、
「やっぱり無理だ。諦めよう」と汗だくになりつつ提案。。
お醤油のみならず、食べるラー油やら色んな液体が割れないように丁寧に衣服に巻かれて私のトロリーに入っていることに改めて気づいたのです。こんなことやってたら捨てたわいいけど、乗れなかったってなるに違いない・・・。
こんなに興奮した状態で、うまくやってのけられるわけがない。。

私達、飛行機に乗り遅れました!!
それも留学してた勝手知ったるイギリスで・・・


諦めて、チケットカウンターで次のフライトのチケットに振り替えてもらいました。格安チケットだった私の分のみ追加で£222の出費です。まだ許容範囲で良かった~。

次は無事に余裕を持ってセキュリティチェックをこなし、パスポートコントロールなしで(だったらさっき頑張れば乗れたかも?)、TAXFREEエリアに入れました。
振り替えたフライトは20:05発だったのですが、なんとミュンヘン空港の雪のため到着が遅れていて結局出発したのは21:20頃となりました。朝からすこーし調子が悪そうだった旦那は、あの騒ぎでさらに調子が悪くなってしまったようです。搭乗直前には相当キツそうになってました

が、そんな時すごいことに気づいてしまったのです。
家の鍵がついたキーケース、自分のかばんにしまった記憶がない
ホテルの金庫の中に忘れてきてるに違いない!!
この金庫さぁ、真っ暗で何が入ってるか全く見えないから、絶対忘れ物する人いるよねー
なーんてのん気なこと言っていて、それ私のことでした(私予知能力あるかも・・・)。

急遽ホテルに電話をかけ、紛失物はないと言われたけど、部屋の金庫を見てくれるよう頼んだら、、
「茶色のでしょ。ありました!!」
とのこと。ほんとに良かったぁ~~
搭乗寸前だったので、送り先の住所をミュンヘンに着いてから電話するよう言われ、飛行機に乗り込みました。

離陸してすぐに、旦那の様子が変なことに気づきます。
ガタガタ震えていて、ついには痙攣まで。。。
ブランケットを何枚ももらい、2人のコートもマフラーもありったけを旦那の身体に掛けて悪寒を和らげるよう奮闘です。痙攣はおさまり、寝息が聞こえ・・・。

雪がシンシンと降るミュンヘン空港に到着したのは真夜中0時過ぎ(イギリスとの時差1時間)。
荷物を取り、タクシーを捕まえ家に到着したのは夜中の1時でした。

旦那の熱は、38.6°

疲れた。疲れすぎた1日でした。
スポンサーサイト

ロンドン観光とショッピング ☆London Day 5

今日は最終日。
ロンドンは広くて何度来たことがあってもまだまだやりたいことがいっぱいの街。

ホテルが中心からかなり離れているので、荷物を持って出ることにしました。
事前調査で地下鉄駅にはロッカーがないことを知り、1個8ポンドもするけど、主要鉄道駅のLeft Luggageを利用することにしました。

旦那は美術館や博物館のロッカーを利用できないかと考えていましたが、クロークしかなくスーツケースのような大きな荷物は無理だとの書き込みを見つけ、断念したのです。(これは後にNational Garallyのクロークで私たちのような小さなトロリーバックが預けられているのを発見し、日本からの旅行者が持ってくるようなハードで大きなスーツケースだけが駄目だったのだろうと気づきました

King's Cross駅で荷物を預けて(少し並びました。)いざ観光へ出発!
でも、頑張った割には、既に11時半になってました。


最初に本屋さんWaterstonesへ。

英語の本を買って、Japan Centre(リニューアルされて新しく広くなってた!)へ。

ヨーロッパの歩き方を買って、お隣のTokuへ。

美味しい天ぷらうどんを食べて、
Toku

National Garallyへ。
National Garally

National Garallyの館内図が£1で売られていました。
前は無料でしたよねー??
悔しいので私の記憶で旦那を急ぎ足で案内。
こんなにたくさんルーベンスあったんだーと再発見。
そして大好きなゴッホもしっかりと見つめてきました!!

少し観光を欲張ったので、体力を消耗した上、予定を押してしまった
15時頃にKing's Crossからピカデリーでヒースロー空港へと急ぎ向かいました。
(ヒースローエクスプレスにした方が無難かなーなーんて考えながら・・・)


Curry Restaurant 「Chor Bizarre」 ☆London Day 4

ミュージカルの後は、旦那の希望により、インディアンカレーレストランに行くことになっていました。
私がテキトーに送ったサイトから(Mちゃんゴメン。。)Mちゃんが選び抜いてくれたのは、「Chor Bizarre」というインドのニューデリーにも店舗を構える、本格派インド料理店。
Mちゃんご夫婦と4人で乗り込みました。

内装も落ち着いてて、雰囲気がいいです。

チキンティカとシシカバブ(ケバブ??)を前菜に頼みましたけど、こんなに臭くないシシカバブ初めて食べました。

その後、4種類のカレーとサフランライスにナン。
Curry01
カレーのみならず、サフランライスもナンも一味違って美味しいのです。

これ何カレーだったっけ? (しかもぶれてるし。)
Curry02

どれもこれも外れなく美味しくって(この写真じゃ伝わらないとは思うんだけど・・・)、
ミュンヘンにあったら絶対また来たいと思うレストランでした。

Les Miserables ☆London Day 4

プチロンドン観光の後は、旦那のたっての希望でミュージカル「レ・ミゼラブル」を見ました。
Les Miserables01

旦那は2回目、私は3回目
ロンドン以外のを見たことはないのですが、何度見てもいいと思うくらい好きなミュージカルだから、また見られるのが嬉しい。

旦那はストーリーはバッチリ把握してるし、ちょっと前からCD(←結構年季入った感じのもの)聞いて気分も盛り上げてました。映画のDVDを見たのに詳細な内容を忘れてる私もそんな旦那からストーリーのレクチャー受けました。

当日チケット買えるかな!とのん気に1週間前にサイトを見たら、結構空きがなく、Mちゃんからも予約しといた方が無難だよ。とアドバイスをもらいストール席を予約。隣同士は空いていなくてバラバラです。

それでも10列目の中央寄りと5列目の一番端が取れました。
端だったけど、5列目は迫力満点。舞台がこんなに近いです 煙も席までモクモクやってきました。
Les Miserables03

その上、今までで一番ストーリーを把握できてたので、歌詞もかなり聞こえました。

そして、目の前で聞く歌はやはり、まーったく違いますね。
前半からすでに、感動で涙出そうでした

人間とは?
愛とは?
正しさとは?

何度見てもすごく考えさせられます。

そしてこのエポニーヌの歌はスゴイです。On my own・・・・なんて切ないのでしょうか!!


イギリスでは10月3日に「レ・ミゼラブルコンサート」があったのですね。
そのときのDVDやらパンフやら、所有していないグッズを購入してきました!
Les Miserables04

なんと、旦那も私もミュージカルのパンフを持っているんですよね~。
知り合う前に買ってるので偶然。
旦那とのかなり少ない共通点=レミゼ好きなこと!って今ふと気づいちゃいました。

今日の出演者の方々はこちら。
Les Miserables02

本帰国する前に、もう一度見に来たいなーーー。
ついでに他のミュージカルもね!

<<ディナーに続く・・・

Tower of London ☆London Day 4

4日目は、仕事から解放された旦那とプチロンドン観光からスタートです。

泊まっていた会社付近のホテル「Radisson Edwardian New Providence Wharf」から最寄のDLR Blackwall駅に行ったのですが、ホームに上る階段が鎖で入れないようになってます。
代わりに横に、貼り紙が!
この土日はちょうど私たちの駅を挟んで一部区間が運行しないらしい。

あらー、やっちゃいましたー
この3日間毎日使った駅なのに、ちゃんと掲示されてたはずなのに、気づかなかった私がバカだった・・・。
仕方なく、代替のバスでカナリーワーフに向かい、そこから地下鉄に乗りました

DRLで行ったら簡単に着いたはずのその目的地とは、Tower of London(ロンドン塔)
Tower of London 08

ウィリアム1世(イギリスを征服したノルマンディー公ウィリアム)が建設し、ヘンリー8世の時代には、2番目の后であるアン・ブーリン(エリザベス1世の母)が幽閉された建物であり、とロンドンの歴史を詰め込んでいるロンドン塔。要塞として造られているので、建物自体凝っていて面白いはずです。

でもMちゃんと飲茶ランチを一緒にする約束の時間まで、既に1時間を切ってます。
迷ったけれど、せっかく遠回りして辿り着いたところだったので、飲茶をあきらめこちらに集中することにしました。Mちゃんドタキャンゴメン

そして、恐ろしく高い入場料(1人£18.70)を支払い、金銭感覚が麻痺した私達はさらにオーディオガイド(日本語1人£4)を借り、丁寧に見学しました。

ホワイトタワー。
Tower of London03

その前にあるゴージャスな大砲。
Tower of London04

こんな素敵なおじ様による無料のガイドツアーも頻繁にあるようでした。
Tower of London01 Tower of London02

敷地内でカラスが飼われてました。確か8羽。6羽でいいのに、予備で2羽多めに飼ってるとか。
カラスがいなくなると、要塞が崩壊してしまう?とかいう伝説に基づき、ちゃんとカラス飼いが雇われているとのことでした。
Tower of London05 Tower of London06

大好きなタワーブリッジもバッチリ見えました。
Tower of London07

処刑場跡や、監獄として使われていた塔や、中世の居城なども見学しました。

疲れてきたのと、次の予定までに時間がなくなってきたので、全てのオーディオガイドは聞けないまま2時間半で退散しました。

そしたらどうも一番有名な、530カラットもあるダイヤモンドがはめ込まれた王冠「アフリカの星というものを見逃してしまったようです。

後から聞くと、旦那はその存在も、有名だということも知っていたそう。
ちゃんと教えてよーというと、
「聞いたじゃん。Jewel House行く?って。」とのこたえ。
そんな風に聞かれただけじゃぁ、そんな有名なものがあるとは気づかないですよね・・・
(まぁ、パンフをちゃんと読まない私がいけなかったんですけど

ロンドン塔はじっくり見るなら、一日仕事です。時間に余裕を持って行ってくださいね~。


>>次の予定へ続く・・・

情報
 The Tower of London 公式HP
  オンラインでチケットを購入すると気持ち安くなると記載がありますよ!

LADUREE ☆London Day 3

今日は特に予定の決まっていない日でした。

ですが、買い物途中に早々とMちゃんに連絡をして、LADUREE(ラデュレ)でお茶をすることに。
今や私の地元名古屋にも店舗のあるフランスの有名パティスリー、ラデュレ。

ラデュレを知ったのは4年前。
ケンブリッジの語学学校で知り合ったスイス人少年(←当時)のジュネーブのお家に友達と遊びに行った時に、「ここのマカロン美味しいよ!」と少年から教えてもらったのがこのラデュレだったのです。スイスの路上で食べたその味は、ありえないくらい美味しかった
当時は予想もしなかったけど、その後ロンドンにお店ができ、銀座三越にお店ができ、名古屋にもできました。でもフランスのお隣、ドイツでは一度も見たことありません

銀座三越に出来た当時、会社帰りに同僚を誘って行ったのですが、ケーキもさることながら(何を食べたか忘れた・・・)、紅茶が高かった記憶があります。
でも雰囲気は本当に可愛くて、いつまでも座っていたいーと思うカフェでした。

ハロッズのラデュレはランチタイムだったからなのか、ランチゾーンとカフェゾーンに分けられてました。
カフェゾーンは狭苦しかったけれど、私の頼んだこのケーキ(サンノトレショコラだっけか?)が絶品過ぎる!
Laduree01
シューだったりムースっぽかったり、うまく説明できないけど、程よい甘さの美味しさ。
(これ、日本にもありますかね?もしあったなら絶対頼んでたと思うんだけどなぁ・・)

そのあと、私の定番チョコレートマカロンを頼みましたが、ケーキがあまりに美味しすぎたので、いつも美味しいと思ってたマカロンに感動できなかった・・・頼む順番間違えたそしてお隣はMちゃんのお気に入り、イスパハン。
Laduree03 Laduree02


最終日に行ったWaterstones(本屋さん)で、こちらを発見。(Amazonさんから画像借用!)
Laduree04
「(スイーツに目がない)私が好きそうな本発見したよ」と日本に住むもっちゃんが、いち早く教えてくれてた本です。かわい~~
ロココな模様と色合いと質感が好み過ぎるっ。
英語だったから買わなかったけれど、日本に帰ったら買っちゃうかも。


誰か、ミュンヘンにもラデュレをオープンさせて~~~

ロイヤルバレエ「シンデレラ」 ☆London Day 2

2日目の一大イベントは、ロイヤルバレエの「シンデレラ」をストール席で鑑賞すること。
またもやMちゃんの幸運にあやかって、前から11列目、ストール席の真ん中で堪能できちゃいました!!

その前に、Sketchという名のカフェへ。
ムッシューって呼びたくなるような男の人がウェイターのカフェ。
食べたいと思ったケーキが悉く売り切れており、私はやむなくマドレーヌに。。
Sketch01 Sketch02
それでも美味しかったー♪紅茶も美味しい。Mちゃんのマロンなんたらケーキも美味しかった。
ただ、混んでいて少し待たなくてはならなかった上、ちょっとあやしげでおしゃれげなカフェで、私には居心地が良いとは感じなかったな・・・。
トイレが異様な雰囲気で、ペーパーがブランコみたいなゴージャスな感じで釣り下がってました。

その後ディナーをMちゃんのおすすめビストロ風レストランでいただきました。
エントレコートって言う部位のビーフソテーとムール貝の白ワイン蒸し。
Dinner02 Dinner01
お肉が美味しかった!こういう味付けのお肉ってドイツでまだありつけてないのよねー
てことは、イギリス料理>ドイツ料理なの??
いやいやそんなことはないと信じたい。このお肉はかなりのボリュームだったけど、完食しました

ロイヤルオペラハウスは2回目。
留学してた時に、すっごい角度で上の方から米粒のようなバレリーナを眺めた記憶があります。
今回は、前から11列目、ストール席の真ん中。すごいグレードアップですよ。
Cinderella01

座ったそのままの姿勢でとっても楽に舞台全体が見えました!
近かったので表情までよく見えちゃいましたー。
Cinderella02

おかげでなのか、ストーリーを知っているからなのか、すっごく楽しめました!
義理姉妹(↓)を男性がコミカルに演じていて、何度も声を出して笑っちゃいました。
Cinderella04

大満喫のバレエ また見たいよー。
Cinderella03

地下鉄にSaddler's Wales劇場で公演中のマシューボーンのシンデレラのポスターも掲示されていて、見比べたいな!と思ったけどさすがに時間がなく、こちらは断念です。。

ロンドンって、悩むほど見たいものがたくさんあっていいですね

憧れのRitzでAfternoon Tea ☆London Day 1

旦那は今日からロンドン出張。
私も3年ぶりくらい?のロンドンに遊びに行ってきましたー。

今日は、ロンドン在住のMちゃんが幸運を使って勝ち取ってくれた、Hotel RitzでのChristmas Afternoon Tea。なんでも有名ホテルは何ヶ月前かには予約をしていないと満席で入れないそうなのですが、Mちゃんは1週間前にネットで空きを発見して予約してくれたのです。
ありがとう。強運のMちゃん

入るとすぐに大きなクリスマスツリーがお出迎えしてくれます。
ぶれちゃったけど・・・リボンがきいててゴージャスでかわいい
Ritz01

クリスマスムードいっぱいのデコレーション。
Ritz03

あとから焼きたてスコーンもサーブされて完成形の3段トレー。
Ritz02

チョコレートケーキが一番美味だった
がんばってもう1つ食べとけばよかったな・・・。
クロテッドクリームはとても美味かったのに、スコーンがそこまで絶品ではなかった。残念
サンドイッチも普通でした。

きっとクリスマスのアフタヌーンティーだと、シャンパン&生歌分が普通のものと違うのだと思います。
お値段一人55ポンド。
留学当時の250円レートではとてもとても来られなかった!
今のレートでさえ、コスパはどうなのか??
1時間半という制限付きであまりゆっくりした気分は味わえないし、かなり疑問なところではありますが、有名ホテルのAfternoon Tea、しかもクリスマスバージョンを味わえたのは、一生の想い出になりました



プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。