スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛用してるミュンヘンの空港バス

ミュンヘンに来てから旅行三昧しましたが、空港へ行く時は、当初Sバーン(近郊列車)ばかり利用していました。
が、1年ほど前に空港バスを試して以来、その快適さゆえに空港バスを利用するようになりました。

ターミナル2に着いたら、空港バス乗り場は、タクシー乗り場そばの出口を出てすぐです。
20分置きに発車ですが、始発なので、早めに行ってもだいたいバスが既に停車しています。
大きな荷物を下のトランクに入れた後は、寒い冬も発車まで車内で待つことができます。
切符を買うタイミングは運転手さんや混雑状況により異なりましたが、だいたい乗り込んだ後回ってくる運転手さんに支払います。
往復だと安くなりますし、私達は10枚セットを購入し、夫婦で同時に使用していたのでもっと割安です。

通常、ミュンヘン中央駅まで40~50分で到着します。
ミュンヘン中央駅の北側出口、Sバーン側出口を出てすぐのところに着きます。乗車も同位置から。中央駅から乗る時も始発のため、ほとんどの場合、乗り込んで待っていられます。

何がオススメかって、停留所が空港ー中央駅間で1つ、Nordfriedhof(U6と接続)しかないので、熟睡できること
しかも座席がSバーンよりも角度もクッションも良いので、疲れません
車内も程よい暗さです。
そして時間帯にも寄るでしょうが、車内は空いていることが多いです。
(あくまで個人的主観に基づくものですので、ご参考まで!!)

寒い冬はSバーンの駅に停車するたび、突き刺すような冷たい風が車内に吹き込んできて震えることになりますがそんな心配もなし。
しかも、Sバーンよりは車窓が楽しめます。Allianz allenaやNational Museum、Karlsplatzを見ることができますよー。

平日のラッシュ時空港に向かう時には一応十分に余裕を持って出たりはしますが、1時間以上かからずにターミナル2には着いていたと思います。

我が家の場合、ちょうど中央駅の空港バス停前から発車するバスが自宅そばに着くので、何より一番歩く距離が少ないのです!

そんなバス(100番、58番)を利用している人は限られるかもしれませんが、一度機会があったらお試し下さい!
中央駅近辺のホテル滞在の方やNordfriedhofからU-Bahnで自宅に辿り着ける人も便利なのでは??
(旅行者は、Sバーンの1日券の方がその後も観光できるのでお得になりますが、夜着の方はぜひ!)
ただしNordfriedhofから空港に行く場合は、バスが来るまで寒空の中待つことになりますが。。。



ミュンヘンの空港バス、使えそうだなーと思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


情報
Lufthansa Aiport Bus公式HPはこちら(英語・独語)
 
スポンサーサイト

ペーター教会の塔とソーセージ

まだまだマイナス10°を下回るさむーい日々が続いています

そんな寒さに負けず、今日はペーター教会の塔に上ってきました。
新市庁舎がよく見えます。
peterskirche02
                (クリックすると写真が大きくなります)

その奥の黄色いのはテアティーナー教会
その右側がレジデンツでさらに右が州立歌劇場

旧市庁舎(現おもちゃ博物館)もこの通り。
peterskirche01

ふたつ玉ねぎ頭が並んでるフラウエン教会。その右奥にはオリンピックタワーがうっすら見えます。
peterskirche03

中ではミサが行われてました。こっそりパチっと。
peterskirche04

ペーター教会って1枚の写真にキレイに収めるのが本当に難しい。。
peterskirche05

上った塔はこれです。螺旋でもなく上りやすい階段なんだけど、疲れました。
peterskirche06

展望台は予想通り激寒
こんな日でも人気な様で、狭いのに込み合ってたし、階段も譲り合って上るくらいでした。
晴れの日(かつもう少し暖かいとき)には、オススメスポットです
もしかするとアルプスも見えたりするかもしれません(今日は寒くて確認する余裕なし!)。

この後は、たまねぎ頭のフラウエン教会の前にあるニュルンベルガー・ブラートヴルスト・グレックル・アム・ドーム(Nuernberger Bratwurst Gloeckl am Dom)へ。
Frauenkirche

特製自家製(多分!)ニュルンベルガーソーセージ with ポテトサラダとビール(小)で。
旦那は8本 with ザウアークラウト(酢漬けキャベツ)。付け合せは選べます。
Nuernbergerbratwurst01 Nuernbergerbratwurst02

店内もバイエルン風(戦後、昔と同じように再建したらしい)だし、ソーセージの本数も選べるし、ソーセージ以外のメニューも結構あるようでした。
ソーセージの味だけを評価するならば、ニュルンベルクのホイスレっていうお店だったかな?そちらの方が私は美味しいのではと思いました。


塔からの眺めが美しいなーと思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)



情報
ペーター教会の塔 1.5€ (教会の入り口とは別)

ワーグナーの街、バイロイト

時が遡りますが、、
バイエルン州などカトリックの州では、1月6日は3賢者の日の祝日でした。
今年は金曜日に当たったので、旦那の会社も3連休。
年末の旅行が軽目のものだったら、ここにも旅行を仕込んでいたと思うのですが、休養の日にしようと予定が皆無でした。

で、思い立ってなんとなく古城街道沿いのバイロイト(Bayreuth)に行ってみました。
ミュンヘンから結構北上しますがバイエルン州です。
ワーグナーにゆかりのある地で、夏場のバイロイト音楽祭はとっても有名だそうです。

辺境伯オペラハウス。ドイツじゃあよくありそうな普通の建物だなーと思ったら
Bayreuth01

中がまばゆかったです。サイズは小さめだけどゴージャス感がすざまじい。
Bayreuth03

舞台装置も豪華でしたー。
Bayreuth02

新宮殿もオペラハウスに似た外観。内部は写真撮影禁止でした。
Bayreuth04

窓からの庭園がまた美しい。
Bayreuth05

その庭園を抜けてすぐにあるのは
Bayreuth06

ワーグナーの屋敷、ハウス・ヴァーンフリート
Bayreuth07

今はワーグナー博物館となっているのですが、残念ながら修復中で見学できず。
ちなみに建物の前に建っている像は、ルートヴィヒ2世
そう、あのノイシュバンシュタイン城を建設した王です。
彼は、ワーグナーのパトロンとしてもとっても有名でした。

続いて、リスト博物館
Bayreuth08

リストの銅像が建ってます。
Bayreuth09

ワーグナーの妻、コジマの父親がリストです。
そんなにクラシックに詳しくないけど、リストの作品は好きです。
ラ・カンパネラや愛の夢・・・。
ピアノをもう一度練習し直してラ・カンパネラ弾けるようになってみたいなぁー。

Bayreuth10 Bayreuth12 Bayreuth11

リヒャルト・ワーグナー・フェストシュピールハウス(祝祭歌劇場)です。
Bayreuth14

ワーグナーが考えた音響効果を持つ、世界でも最高の劇場と言われているのだそうです。ガイドツアーで内部見学が可能ですが、時間が合わず外観のみ。ちなみにこの歌劇場は市庁舎や新宮殿のある街中とは駅を挟んで逆側にあります。

そばには、ワーグナーとコジマの像が立っていて
Bayreuth19 Bayreuth20

通りの名前もワーグナー!
Bayreuth15

周囲もきれいでしっとりと落ち着く街並みでした。
Bayreuth13 Bayreuth17

Bayreuth16

そんな中、3賢者が通りを横切って行きました。
Bayreuth18

小さな街ですが、夏のバイロイト音楽祭には多数のオペラファンで賑わうらしいです。


バイロイト、結構興味あるかも!と思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


Schedule
09:04 Muenchen発 RE
10:48 Nuernberg着 ・・・なぜか一時間の乗換え待ち。接続悪いわー。
11:48 Nuernberg発 RE
12:55 Bayreuth着 バイロイト観光
16:28 Bayreuth発 IRE
17:18 Nuernberg着
17:32 Nuernberg発 RE
18:42 Augsburg着
19:06 Augsburg発 RB
19:52 Muenchen着


情報
辺境伯オペラハウス 4.5€(なぜか割り引いてくれました!本当は多分5.5€)
新宮殿 4.5€(なぜか割り引いてくれました!本当は多分5.5€)
リスト博物館 2€

ヨーロッパバスに揺られて ☆2年前の新婚旅行 Day2

2年前の新婚旅行を振り返って書いています。

第2日目。ヨーロッパバスでロマンチック街道を北上中です(前記事はこちら)。
予想外に美しいエッタール修道院に思わず見とれつつも、停車時間が短いので急いでバスに戻ってロマンチック街道をひた走ります。

次に着いたのは、アウクスブルク(Augsburg)。こないだじっくり観光した街です(過去記事参照)。
本当なら、30分停車する予定だったのに、道中の工事渋滞で、たったの15分に

バスは市庁舎前に停車。
Augsburg200901

早速市庁舎の黄金の間にダッシュ
augsburg200903

黄金というだけあるー。きらびやかだー!
Augsburg200902

この後カフェで飲み物を買って、乗り遅れることなく無事乗車
というか乗客が少なすぎて、バスの運転手さんも待ってくれそうだけど。。。

次の停車場所は、ネルトリンゲン(Noerdlingen)。ここもその後ちらっと寄った街(過去記事参照)。
残念なことに、この頃雨が降ってきました。。
dinkelsbuehl200901

ディンケルスビュール(Dinkelsbuehl)も停まったのですが、アウクスブルクでランチ予定だったのに停車時間が短すぎてちゃんと食べられなかったので腹ペコです。
というわけで、この街で適当に買ってランチにしました。
小雨も降ってたというのもありますが、観光<食い気!!

続いてローテンブルク(Rothenburg)。一目散に聖ヤコブ教会へ。うつくしーー
Rothenburg200904

2階にあるリーメンシュナイダーの傑作と言われている聖血の祭壇を見ます。
Rothenburg200905

空が暗すぎるけど、それでもこの街の木組みの家の可愛さは印象に残りました。このバウマイスターハウスは、1596年に建てられた建物で、今はレストランになってます。
Rothenburg200901

本当に寒いので、ここで温かい飲み物を飲んで身体を温めます。
天井も家具も味があってとってもいい空間でした。しかも、お客さんが誰もいなくて貸切!!
Rothenburg200902

帰りにローテンブルク名物、シュネーバル(Schneeball)を調達してバスに乗り込みました。
Rothenburg200903

バスからの風景はこんなでした。
vonbus01

ヴュルツブルク(Wuerzburg)も通り越して、
vonbus02

フランクフルト中央駅が終点です。
ヨーロッパバスは、時折乗客が乗り降りするだけで、一番多い時で5人。
私達が一番長い距離乗っていました。運転手さんと、なぜか握手をしてお別れ


この日のホテルに向かって、旅はまだまだ続きます。
続きはこちら


ヨーロッパバスいいねー!と思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)



Schedule
 過去記事参照

ヴィース教会とエッタール修道院 ☆2年前の新婚旅行 Day2

2年前の新婚旅行記の続きです(第一日目はこちら)。

ノイシュバンシュタイン城とホーエンシュヴァンガウ城のある街に宿を取った2日目。
イエーガーハウスにはお部屋しかないので、お隣のホテルリースルで朝ごはんを頂きます。

ちょっとだけ外を歩くことになるのですが、その時に見えたノイシュバンシュタイン城
Neuschwanstein200907

まだライトアップされている明け方のホーエンシュヴァンガウ城
Neuschwanstein200908

シンと冷えた外気の中で見るお城は、神秘的で美しく感じる。
しかも、プライベート感溢れてます。
昼間は観光客で賑わうこの街も、朝夕はほんとうにひっそり静まり返ってます。。。

そんなシュヴァンガウの街に別れを告げて、ロマンチック街道を北上するヨーロッパバスに乗り込みます
europabus01

なんとバスの乗客は、私達含め3人のみ
しかもオール日本人

かなり大きなバスなのに、ほぼ貸切状態です。

一番前の特等席に座って車窓を楽しんでいたら、こんな風景に出くわしました。
牛さん、道路横断中
europabus02

まだかなーとワクワクしてたら、ついに到着です。世界遺産ヴィース教会
白銀の平野にぽつんと立っていました。
wieskirche01

早速中に入ると、ロココ調の豪華な教会が
wieskirche05

祭壇に近づいて
wieskirche02

パイプオルガンに
wieskirche03

優しい天井画。
wieskirche04

なんて美しく、優しい教会なのでしょうhoshi_10
すごーーく感動しました。

その後、オーバーアマガウの赤頭巾ちゃんのフレスコ画を車窓からカメラにおさめて、辿り着いたのはエッタール修道院
事前知識ゼロ。何か有名な見どころがあるのかしらと思い、おトイレの後に散策してみたら、外観もさることながら、中に入ってみてビックリ。
klosterettal01

なにこれー。むっちゃんこ美しいじゃん
klosterettal02

一緒のバスに乗ってた方も同じように驚いていらっしゃいました。
klosterettal03


まだまだヨーロッパバスの旅、続きます。


ヴィース教会もエッタール修道院も美し過ぎるー!と思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)



Schedule
08:20 Hohenschwangau(Infopoint)発 ロマンチック街道ヨーロッパバス(以下同じ。)
08:53 WiesKirche着
09:10 Wieskirche発
09:45 Ettal(Klostergasthof)着
10:00 Ettal(Klostergasthof)発
12:05 Augsburg着
12:35 Augsburg発
13:45 Noerdlingen着
14:00 Noerdlingen発
14:40 Dinkelsbuehl着
15:10 Dinkelsbuehl発
16:00 Rothenburg o.d.T.着
16:35 Rothenburg o.d.T.発
19:15 Frankfurt着

情報
ロマンチック街道のヨーロッパバス
 公式HP(独語・英語etc)でオンライン予約可。タイムテーブルPDFも見難いがあり。

雪のノイシュバンシュタイン城 ☆2年前の新婚旅行 Day1

過去を振り返って想い出を綴る旅行記シリーズ!!?
今回からは、2年前の10月中旬に行った h_05 新婚旅行 h_05 について書きたいと思います。

新婚旅行とか言いつつ、たった4日のドイツ縦断旅行です。
赴任して数ヶ月で、1週間のお休みとかさすがに取り難かったからでしょうね。
土日に2日有給をくっつけて、密かに旦那がプランニングし、私がドイツに来る直前に報されました。

それにしても、新婚旅行=ハネムーンって結婚して初めて行くゴージャスで長期の旅行のことですよね??
でも、自分達で決めればそれがどんな旅であれ、新婚旅行??
クルーズ旅行の方がよっぽど新婚旅行っぽい響きだなぁと思ったり(内側キャビンだったけど)、なんだか新婚旅行の定義がよく分からなくなってきました。



記念すべき第1日目、向かったのは定番のこちら。
Neuschwanstein200901

そう、ノイシュバンシュタイン城です。それも、雪化粧した!
なんと10月15日というのに、雪が降り、最高気温も1桁台というとーっても寒い日でした。
フッセンからお城までのバス待ちの数分で凍えそうだったのを覚えています。。。

旦那も私もこのお城に来るのはこのときお互い2度目(一緒に来るのはお初!)。
夏のお城しか見たことがなかったので、寒いけど、雪景色というのも風情があってなかなか素敵でした。

13:15からホーエンシュバンガウ城の見学。
Neuschwanstein200910

雪はあるけど、そんなに天気は悪くないんです。
Neuschwanstein200911

内部見学後は、こんなに青い空に!
Neuschwanstein200912

だけど、ノイシュバンシュタイン城の方は空の色が違う。。。
Neuschwanstein200902

新婚旅行ってことで、馬車でお城に向かいます。1番前の席に乗れました。
Neuschwanstein200903

雪化粧した山道を馬車で行くなんて、なんてロマンチックーと思ってたら、
Neuschwanstein200904

目の前のお馬さんの尻尾が上に上がり、モリモリモリッと大きなものが放出されました
おーー歩きながら出来ちゃうなんてすごいーって感動しましたよ。
途中で、お馬さんの背中から湯気が上がってました。外はこんなに寒いのに、重荷を引いて坂道を往復してたら身体も熱くなるよねぇ。オツカレサマ&ありがとうーって心から思いました。

到着です。白い空に白いお城。映えてない。けど、やっぱり美しいー。
Neuschwanstein200905

15:15から内部見学できました。
さすがにマリエンブリッジは行かず(この時期も行けたのかは不明です)

帰りはのんびり歩いて下りてきました。紅葉してるのに、雪が積もってるという不思議。
Neuschwanstein200906

この日は、フッセンにて宿泊。泊まったのはこちら。イエーガーハウス(Jaegerhaus)
Neuschwanstein200909

この立地がたまらないです。右に見えてるのは、ホーエンシュバンガウ城!
Neuschwanstein200913

初めてのドイツ旅行でも利用したこのホテル。リピートです。
室内も、十分な広さで(写真撮影場所よりまだ後ろがあり)ファブリックも落ち着いた花柄でかわいんですー。
初旅行から10年近く?経ってるので少し年季入ってましたけどね。。
Neuschwanstein200914

お近くのホテルミュラーでディナーをいただき(何食べたか記憶なし)、明日に備えて早々に寝ました。


2年前と比べると、雪もやっと今朝少ーし積もったくらいだし、今年の冬はゆっくりやってきているようです。


>>2日目に続く


雪のノイシュバンシュタイン城美しいわーと思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


Schedule
09:19 Muenchen発 ALX38704
10:24 Kaufbeuren着
10:44 Kaufbeuren発 RB91240
11:46 Fuessen着
12:05 Fuessen発 Bus78
12:13 Hohenschwangau,schwangau着

情報(2年前当時なのでご注意ください!)
17.00€ お城コンビチケット 1人分
6.00€ お城までの馬車代 1人分

シュロスホテルリースルHPはこちら
イエーガーハウスHPはこちら
 *アップルワールドの場合、シュロスホテル・リースルで予約を入れても団体でなく個人客の場合はイエーガーハウスになる模様。(前回もこの時もそうでした!)
 チェックイン時にお城チケットの割引券がもらえます。
 なので、先にチェックインしてからチケットを購入した方が若干お得です。

アウグスブルク日帰りの旅

昨日、今日と寒いけれど、雲ひとつない快晴が続くミュンヘン。
そんな昨日はお近くのアウグスブルク(Augsburg)に行ってきました。
アウグスブルクはロマンチック街道沿いにある都市で、起源はローマ帝国まで遡る古都。
最盛期は15~16世紀で、豪商フッガー家ゆかりのものも多数。
ミュンヘンから電車で乗換えなしで1時間もかからず行ける、お手軽日帰り旅行先です。

前回は滞在時間数十分という弾丸過ぎる弾丸っプリの猛スピード観光だったので、私にとっては、今回が初めてのじっくり観光となりました。

駅から歩いて旧市街に向かう途中、新しくておしゃれげなカフェを見つけました。
Augsburg01

ショーウインドウにMaeluチックなかわいいケーキが並んでたので、
Augsburg05 Augsburg06

観光そっちのけで、いきなりカフェにて休憩タイム。
Augsburg02 Augsburg04 Augsburg03

インスピレーションで入ったカフェは居心地はバツグンだったけど、ケーキのお味がイマイチで残念でした・・・。

また歩いていたら、FCアウグスブルクのショップに遭遇!
Augsburg07

中は広くないけれど、細貝選手のユニフォームも売られてました
Augsburg08

街中でまさか会っちゃったりして~なーんて期待したけど、お見かけできず
そもそもミュンヘンと比較して、日本人が少ない気がします。

マルティン・ルターも滞在したことのある、聖アンナ教会。修復中で残念ながら見学できず。
Augsburg09

教会の近くの脇道を入ったところでマルクト開催中でした
Augsburg10 Augsburg11
Augsburg13 Augsburg12

ミュンヘンのビクトリアンマルクトと比較するとこじんまり。
だけど、十分に見ごたえのある、商品充実のマルクトだと思いました。
「さくら」という日本食(風??)のお店は大盛況のようでした!!

美しいベルラッハ塔市庁舎の前からトラムに乗って
Augsburg34

最初にやって来たのは、モーツァルトハウス
Augsburg15 Augsburg16

あのモーツァルトのお父さん、レオポルトの生まれ育った家が今は記念館になっています。
Augsburg18

レオポルトはバイオリンの名手でもあり、バイオリン教本を書いたり、
Augsburg17

作曲したり。
Augsburg19

入場料3.5ユーロと安価ですが、日本語のオーディオガイド代も含まれていて、30分みっちりレオポルトを中心にモーツァルトについても知ることが出来ます。予想以上に見ごたえがありました。

続いて大聖堂。大きいです!ロマネスク様式とゴシック様式が混在する教会とのこと。
Augsburg20

外観も(木が邪魔してるけど)西側(↓)と東側(↑)では全然違います。
Augsburg21

壁面に描かれた巨大なクリストフォロス像
Augsburg22

床部分にも磨り減った像がありました。
Augsburg24

写真(右上端)ではっきり見えないけど、身廊上のステンドグラスはドイツ最古のものだとか?
Augsburg23

最後はフッゲライ(Fuggerei)へ。
フッゲライとは世界初、1521年に貧しい人々のために作られた社会福祉住宅。
フッガー家のヤコブ・フッガーの寄進で建てられたそう。
驚くのは、建設当初と変わらず、今現在も生活困窮者がここで生活していること
その数150人とか。しかも家賃は、年間1ユーロ弱だって!!

こじんまりとした素敵な教会もある、紅葉の美しい、落ち着いた、静かな街並みです。
Augsburg26

この長屋住宅の一部が博物館になって昔の様子を知ることができたり、見学用住宅では現在の住居を肌で感じることも出来ます。
モーツァルトの曾祖父フランツ・モーツァルトもこのフッゲライの住人だったそうです。
Augsburg33

各住居にそれぞれの玄関があり、そのドアベルの取っ手部分が個々に異なる形なのだそうです。街灯のない時代、夜遅く帰ってきたときでも自分の家を見極めるためだったとか。

お金持ちの人が、立場の違う貧しい人たちのために、暮らしやすさを追求した住宅街を約500年も前に作っていたなんて感動です
このフッゲライ、観光客でものすごくにぎわっていました。

Augsburg32

石畳と美しい家々が印象的な、歴史あるアウグスブルク。
ちゃんと観光することができて、良かったです。


アウグスブルク、行ってみたいなって思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


Schedule
11:36 Muenchen発 RE
12:17 Augsburg着
17:06 Augsburg発 RE
17:52 Muenchen着

情報
モーツァルトハウス 3.5ユーロ(日本語オーディオガイド込み)
フッゲライ 4ユーロ HPはこちら(独語・日本語etc)


Augsburg25 Augsburg29 Augsburg14

ミュンヘンからの旅の記憶◆レーゲンスブルク◆

2年前を振り返って、旅の記憶を辿って綴るシリーズ第2弾は、レーゲンスブルク(Regensburg)
初リンダーホーフ城の旅(過去記事参照)の翌週末に行きました。

ローマ帝国時代に起源を持つ、ドナウ河畔の古い街、レーゲンスブルクの旧市街は世界遺産です。

天気が悪くて寒かったのですが、まずは遊覧船に乗ってこちらを目指しました。
Regensburg01

アテネのパルテノン神殿ではありません(似てるけど)。ヴァルハラ神殿です。
Regensburg02

内部はドイツの有名な人達がいっぱいです。
Regensburg16

ゲーテにルター。
Regensburg17

このヴァルハラ神殿を建てたルートヴィヒ1世(ノイシュバンシュタイン城を建てたルートヴィヒ2世の祖父)は全身です。
Regensburg18 Regensburg19

だんだんお天気が回復してきて、神殿の素敵さが増してきました。
Regensburg04

本当に大きいんですよー。
Regensburg06

見晴らしもいいです。快晴だと動けないくらいに素敵なんでは?
Regensburg07

丘の上に建っていて、階段もいっぱいあるのでこの神殿に来るだけで結構な運動になります。
Regensburg05

また船に乗って旧市街へ。
遊覧船から眺めた、石橋。なんでも、11世紀に建てられた古い橋だとか。
Regensburg08

その石橋からの旧市街。
Regensburg14

石橋は幅が広いです。
Regensburg11

ランチは、石橋そばのドイツ最古のソーセージ屋さん(ほんとかな?)Historische Wurstkueche(歴史的ソーセージ料理屋?)にて。人気店のようで並びました!
Regensburg09

定番のソーセージ+ザウアークラウト&スープ。ソーセージは美味しかった(と思う)。
Regensburg10

こちらは橋からも見えていた大聖堂
Regensburg12

最後はトゥルンウントタクシス城(Schloss Thurn und Taxis)へ。
Regensburg13

ガイドツアーでしか内部見学ができないというので、ドイツ語だったけれど(英語の回は終わっていた)トライ
なーーーんにも分からないのに1時間以上も丁寧に解説してくれて、終了と同時に電車にダッシュした記憶が。。
今頑張っても、内部に何があったのか思い出せない
けれど、ガイドブックには見ごたえありと自らのメモ書きがありました。
HPを見ても見ごたえありっぽいです。←旅行記は記憶が薄れないうちに書くべきですね・・・。



レーゲンスブルクにこんな神殿があるなんて!と驚かれた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)



Schedule
08:44 Muenchen 電車
10:11 Regensburg
10:30 Regensburg Schiff
11:15 Walhalla
12:30 Walhalla Schiff
13:30 Regensburg
17:46 Regensburg 電車
19:15 Muenchen

情報
Walhalla神殿公式HPはこちら(英語・独語)
遊覧船の時刻表はこちら(夏季のみなので、2011年は10/16でおしまいです。)
Schloss Thurn und Taxisの公式HPはこちら(英語・独語etc)

ミュンヘンからの初旅の記憶◆リンダーホーフ城◆

ミュンヘンに住んでいる間に行った旅行は全部ブログにUPしておきたい
ので、これから2年前を振り返って旅行記を書きたいと思います。

旦那から遅れてミュンヘンにやってきた私。
ちょうどオクトーバーフェスト真っ只中でした。

そして迎えた初めての日曜日(10/4)に、リンダーホーフ城に行きました。
Linderhof0907

虹がすごーーくきれいで、ドイツに歓迎されてるようで嬉しくなったのを憶えています。

これまで、リンダーホーフ城については2回記事を書いているので(こちらこちら)、内容の被らないお庭についてを中心に書きたいと思います。

こちらは、ヴィーナスの洞窟の程近くに建つMaurischer Kioskという建物。
Linderhof0902

内部は、イスラムチックな世界です。
Linderhof0901

お散歩が楽しくなるようなキレイな緑の中、調子に乗って遠くまで歩いてしまいました。
Linderhof0903

Hundinghuetteです。
Linderhof0904

鹿の角やら、斧やら、少し博物館みたいでした。
Linderhof0905

お城ほどスゴイ建物はなく、だんだん歩くのに疲れてきました。
その上、あまり人も歩いていなくて、本当にこの道でお城に辿り着けるか不安に・・・
信じて歩き続けたら、脇の方の道から、やっと展望スポットへ辿り着きましたー。
Linderhof0906

洞窟から1時間近くお散歩してたみたいです。疲れるわけだ
庭園地図はこちら

ミュンヘンに住んで初めて訪れた私にとって特別なお城、リンダーホーフ城。
さらに、このお城のこじんまりとしてるのにとっても豪華なところが大好きになり、ブログのアドレスにLinderhofと入れちゃったのでした


リンダーホーフ城のお庭を散歩したくなっちゃった方、ポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


Schedule *2年前当時のメモを元にしていますので、若干間違ってるかも。
11:32 Muenchen発 電車
12:29 Murnau着
12:42 Murnau発 電車
13:21 Oberammergau着
13:25 Oberammergau発 バス
13:55 Linderhof schloss, Ettal着
16:35 Linderhof schloss, Ettal発 バス
16:57 Oberammergau着
17:00 Oberammergau発 バス
17:26 Oberau着
17:32 Oberau発 電車
18:40 Muenchen着

Oberauまでのバスが渋滞で遅れてしまったので、乗客の多くが電車に間に合わないー!とカリカリし始め、駅に着いたと同時に皆でダッシュしたのが懐かしいです。ちゃんと全員乗れましたよ!
そういえばこのバス、途中で急ブレーキがかかり、座席から人が振り落とされたりしました。
ものすごく痛そうだったけど、バスの運転手さん謝ってなかったなぁ。。。

オリンピックタワーとオリンピアパーク

今日のミュンヘン、ありえないくらい寒いです
なんでも、最高気温9度とか。。一気に冬になりました!

まだ書ききっていない夏の日の想い出があるので、今日の空の色とは全く違うけど、綴りたいと思います。

クルーズから戻って最初の土曜日。
ちょうどミュンヘンに暑い夏日がやってきた頃、オリンピアパークで夏のフェスティバル(Sommerfest)が終盤を迎えていました。
オリンピアパークとはその名の通り、1972年のミュンヘンオリンピックが催されたところです。
290mもの高さを誇るオリンピックタワー(Olympiaturm)が目印です!
Olympiapark13

オリンピックができるくらいだから、とても広くて、池や、芝生などの緑や
Olympiapark01

流線型の建物があったり
Olympiapark02

プールがあったり。ホールもあったりします。
Olympiapark03

屋台も結構充実。子豚の丸焼きが回ってるし、
Olymipapark19 Olymipapark120

おいしそーなハンバーガー屋さんを見つけて、出来立てホヤホヤをいただきました!
Olymipapark21

普段は有料っぽいスタジアムでは、何かの催しがやってたので立ち寄ってみると、
Olympiapark08

思わず走り出したくなるきれいなトラックに、
Olympiapark14

サスケセット(←名付けた!)。
Olympiapark11

難易度高そうなロッククライミングや、気持ちよさげなトランポリン。
Olympiapark09 Olympiapark10

上を見上げたら、かなーーり高い所から人が釣り下がってる!
これでターザンみたいにスタジアムを横断できるのかな?
おーーー怖いけど気持ちよさそー♪
Olymipapark22

申し分のないキレイな芝生でした!!
Olympiapark15

トップスピンに観覧車などアトラクションもありましたよー。
実はこれ、オクトーバーフェストにそのまま使いまわされてたりして!?
Olympiapark27 Olympiapark26

そして、これまで一度も上ったことがなかったオリンピックタワーにトライしました。
Olympiapark16

高速ELVで一気に上ります。展望台の高さは190mだそう。
Olympiapark17

オリンピアパークも一望のもと。ホールの面白い形がよく分かるー。
Olympiapark18

遠くが霞がかってるけど、なんだか気持ちいーー
Olymipapark22

BMW本社ビルもよく見下ろせます。
Olymipapark23

ここ、夕焼け時に来たら、むちゃくちゃ素敵だろうと思いました
帰国前の晴れた日に、もう一度上りたいーービデオカメラ持って。
冬は日没も早いので夕焼けも早く拝めそうです。

ちなみに、ELVの階は屋内展望室になっていて、山の名前や建物の名前がガラスに書いてあってそこもかなり楽しめましたー。フラウエン教会(2塔の玉ねぎ頭の教会)もバッチリ見えました。

タワー付近の池では、子供たちが大きなボールに入って転がってたり、
Olymipapark24

白鳥が優雅に泳いでたりしました。
Olymipapark25

野外フィルムもあったのですが、その日はドイツ語オンリーとのことで撤退しました。

オリンピアパークっていいところだったのね~~!!


オリンピックタワーに上ってみたくなった方、ポチッとお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


オリンピアパークへの行き方
U3 Olympia Zentrum下車すぐ。
 (公園は広いのでタワーまでは10分程度歩きます。ミニトレインも走ってるみたいでした。)
 BMW博物館のついでにオリンピックタワーに上れちゃいますよー。

情報 
オリンピックタワー入場料 4.5ユーロ
 24時までいられるようなので、夜景もいいかも。
 展望レストランもありました(予約が必要なようですが)。高さ181mとのこと。 
 公式HPはこちら
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。