スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリでお買い物 ☆Paris Day4

昨日は お湯も出なけりゃ、Heizung(ヒーター)も付かないという悲惨な日でした
というか、このマンション、毎年こういう故障日がやってくるんですけど
しかも、ちょうど寒さが厳しくなった頃に・・・。

お昼過ぎには直るかと思って待ってたけど、なかなか直らないので、管理会社に電話しました。
(マンション全体が故障してるだろうから、他の誰かが連絡済みだと思うのだけど、あまりに直らないのでまさか我が家だけか?と不安になったのです。)
そしたら、修理屋さんには連絡済みとのこと。
待ってたら、夜9時頃にやっと復活。凍え死なずに済んでよかった

昨日は一度外出して身体が冷えたら大変!と家に引きこもっていて、今日外出してみたらあまりに寒くて。温度を確認したら、お昼過ぎなのに気温はマイナス
今年はまだ雪も降らず、暖かい方だよなーと思ってたけれど、着々と真冬がやってきています。


さて、10月末に行ったパリ旅行記の最終回です。
ミュンヘンへ戻るTGVが15時過ぎなので、それまでパリ観光です。

朝一で(と言っても着いたのは9時過ぎ)やってきたのはこちら。
parisday201

カルーゼル凱旋門(↑)というわけで、ルーブル美術館に来ました。朝陽がまぶしいわ
parisday202

実はここへは、旦那を送りに来てあげただけ。
旦那はルーブル美術館に行きたいと言うのですが(1度は行ったことがあるらしい)、私は買い物がしたい
だって、ルーブル美術館、既に4回も行ったことあるし、直近はこないだの3月だし。
と言うわけで、ルーブル美術館の逆さピラミッド前集合にして、少しの間、別行動です。

それにしてもこの美術館、朝っぱらから混んでましたよ。
メインのピラミッドの入り口に長蛇の行列を発見し、カルーゼル・ドゥ・ルーブルの入り口に行きましたが、そちらも行列でした。やはりライオンの入り口が狙い目なのかしら??

ミュンヘンにもある私のお気に入りのかわいい雑貨屋さん。
可愛らしいってよりは、あるツボを刺激する可愛さ。パリに来る度に寄って、お買い上げしてます。
parisday203

こちらが本物の凱旋門
parisday407

そしてシャンゼリゼ大通を歩きます。ヴィトン(写真左)は開店前で行列でした。再びLADUREE(ラデュレ)で朝ごはんをしようかなと思ったら(前回はこちら)、なんとシャンゼリゼ店は火事があったとかで閉店中でした。残念
parisday204 parisday205

ラ・メゾン・ドュ・ショコラにも寄って少しお買い上げした後は
parisday206

まーそこまでお腹空いてないってことで、ショッピングにギャラリー・ラファイエットへ。
うーーん、美しい 朝10時台というのに激込みでした。
parisday408

膝丈&内側モコモコ付きのブーツが欲しくて、靴ゾーンに。
1フロア全部 靴、靴、
しかもどれもかわいくて(ドイツのデパートとは違いすぎて)テンション上がっちゃう上に迷っちゃうわ~。。

だけどお目当ての内側モコモコ付きというのがあまり置いてなく(ミュンヘンほど寒くならないから??)、代わりにローヒールパンプスお買い上げです。
洋服も見たかったけど、さすがに試着して購入に至るには時間が足りなすぎるのであきらめ、カルーゼル・ドゥ・ルーブルに早めに向かいました。

パレ・ロワイヤルも青空に映えてます。
parisday409

早めに向かった理由は・・・3月に来た時もお茶をした、マリアージュ・フレール(過去記事はこちら)。
今回もティー&ケーキ。どちらも美味しくて至福のひとときっ。
紅茶はRoi des Earl Grey。リピートしたい美味しさでした。
そして漏れなく、量り売りの紅茶もいくつかお買い上げ。
parisday410

その後、逆さピラミッドで旦那と合流し、ホテルへ荷物を取りに向かいました。
parisday411

この日は、念願のパリのバスに初乗車した日。parisday412

ルーブル美術館からセーヌ川を超え、サンジェルマン・デ・プレを抜けてモンパルナスに行く路線。
車窓の風景がすっごいキレイで、堪能しました。
その後はホテル近辺で、またもガレットランチ。急いで食べて東駅に向かいました。

本当はホテルのあるモンパルナス駅からは、地下鉄4号線で直通20分程度の東駅ですが、あろうことかパリは旅行の2日目から連休終り(11/1)まで、この路線の一番真ん中部分が利用できないため、だいーぶ迂回させられました。
さすがパリだわ!!わざわざ連休にかぶせたのは、観光客<通勤者ということでしょうね。
まぁ、無事に電車に間に合ったので良しとしよう。

TGVでお買い上げスイーツを並べてみました。ルンルンです
parisday413

お腹に入る前に再度アップで撮影!!
parisday416 parisday414

袋入りにしたので、予想通り、形がおかしくなってました。。
parisday415

こんなに美味しそうなのに旦那は要らないというので、チョコレート以外、1人で3日で平らげてしまいました。
幸せすぎるー

パリ、行ってきたばかりなのに、また行きたくて仕方ないです


パリのスイーツ好きだわって方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)

スポンサーサイト

モン・サン・ミッシェル ☆Paris day3

10月末に行ったパリ旅行3日目です。
世界遺産モン・サン・ミッシェルへ電車とバスで日帰りの旅です。

モン・サン・ミッシェルは旦那も私も一度訪れたことがある地。
(私は島内のホテルに宿泊までしましたが、極寒の2月にツアーで来たのであまり良い想い出なし
旦那が、できたらもう一度行ってみたいということで、プランニングしました。
本当は前日の2日目、土曜日に行きたかったのですがTGVの安いチケットが押さえられず、3日目になりました。

前日はディズニーランド(前記事はこちら)。
疲れた翌日に片道3時間半の遠出というハードスケジュールはどうしようかと思ったけれど、ヨーロッパはちょうどこの日の深夜から冬時間で1時間時計を戻すので、1時間余分に寝られる日。
おかげで電車の時間に余裕を持って駅に到着。
そもそもモンパルナス駅そばに宿を取ったのもこの日のためですから!

と準備万端だったのに、電車が遅延です
その路線で人身事故があったようで、警察が駅を巡回したりと少し物々しい雰囲気。
どんどん人で溢れかえってくる駅構内。運よく待合室の椅子に座れたのでしばし待機。
結局、電車は1時間15分程度遅れで出発となりました。
そのためレンヌから乗るバスも1本遅れ、現地滞在時間は3時間になっちゃいました。

それでも、モン・サン・ミッシェルへのバスは本数がとても少ないのに、1本遅いバスがちょうどうまく合って、それに乗れただけでもラッキーでした。

乗り心地の良いバスからも見えて来ました!!テンション上がるー
montsaintmichel01

本当はこの辺で写真撮影のために止まってほしかったけど、ぐんぐん進んで本当に島のすぐ手前まで行ってしまいました。少し下がってパチリ。急に青空が広がってきました
montsaintmichel02

周囲は干潟になってます。
montsaintmichel03

早速、落とし格子の付いた王の門(写真左)をくぐって修道院を目指します。
montsaintmichel07 montsaintmichel04

グランド・リュという坂道のメインストリートを上って行きます。メインストリートとは言っても、とっても細い道。観光客が溢れ、道の両脇にお土産屋さんやレストランがひしめいていました。
これらの家々は20世紀初めに再建されたものが多いそうですが、中には15,6世紀のものもあるそう。
変わった壁の家(写真右)です。これ、忍び返しだそうです。
montsaintmichel09 montsaintmichel19

修道院のそばまで来ました。この階段の途中から、チケット購入行列。30分近く並びました。
montsaintmichel21

その階段から見えた塔と干潟。
montsaintmichel20

この建物の中の階段を上ると哨兵の間。そこの右側でチケットを購入し、大階段を上ります。
montsaintmichel08
モン・サン・ミッシェルは、708年に神のお告げを聞いたアブランシュのサン・トペール司教によって大天使ミカエル(ミッシェルはミカエルの仏語読み)を奉る聖堂を建てられたところから始まります。

この頃からキリスト教巡礼地の1つとなり、大聖堂、修道院と大きくなっていき、100年戦争で要塞となり、フランス革命後には牢獄として使われ、と増改築を繰り返し、変遷を経て今の状態に至るそうです。

教会がよく見えます。でも大き過ぎて写真に入りきらないてっぺんには聖ミカエルが!
montsaintmichel13

西側テラスに到着。見晴らしがとってもよくて、島周辺を歩いている人たちが見えます。
montsaintmichel15

このテラスからの教会。
montsaintmichel14

中はこんな感じ。
montsaintmichel24 montsaintmichel25

回廊。
montsaintmichel16

大天使ミカエルが!
montsaintmichel26

ここにも。大車輪(写真右)は、ここが牢獄として使用された時代に、食料を上へ運ぶために設置されたもののレプリカだそう。
montsaintmichel22 montsaintmichel23

だいぶ潮が満ちてきたのか、もう砂地など見えないところがあるのに、歩いている人多数(黒い点が人)。
montsaintmichel17

サン・ピエール教会入り口のジャンヌ・ダルク像と内部にある銀製のミカエル。
montsaintmichel27 montsaintmichel28

帰りは少し城壁を歩いて、
montsaintmichel29 montsaintmichel30

城壁沿いのカフェでお茶(ランチ??)。チョコレートワッフルと
montsaintmichel31

ムール貝。
montsaintmichel32

城壁から見る修道院はまたアングルが違っていい感じ。
montsaintmichel33

下を見るとこんなかわいい昔っぽい風景が。
montsaintmichel34

モン・サン・ミッシェル名物のふわふわ巨大オムレツを作り始めたのはこのお店のマダム・プラールとのこと。疲れた巡礼者のために編み出されたレシピらしい。ツアーで来た際に違うお店でふわふわオムレツを頂いた時は、うーーーんと思ったのですが、ここのは看板だけでも美味しそうに見えました。
montsaintmichel35

この日は20度近く気温も上がり、上着を脱ぐほど暖かく、キレイな青空も拝めて最高でしたっ。
さようならー、モン・サン・ミッシェル。
montsaintmichel37



モン・サン・ミッシェルきれいねーって思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)



Schedule
09:05 Paris Montparnasse発 idTGV2975(Webにて1人24.90€で予約)
11:08 Rennes着
*電車が上記予定より10:20発と遅れたため、乗る予定のバスが1本遅れました
11:3012:50 Rennes発 Bus (1人11.70€を運転手に直接支払い)
12:5014:10 Le Mont-St-Michel着
17:15 Le Mont-St-Michel発 Bus (1人11.70€を運転手に直接支払い)
18:40 Rennes着
19:00 Rennes発 idTGV2970(Webにて1人28.90€で予約)
21:20 Paris Montparnasse着

情報
モン・サン・ミッシェル公式HPはこちら *潮の満ち干きも調べられます。
  モン・サン・ミッシェル修道院入場料 1人9€
レンヌ駅からモン・サン・ミッシェルへのバスの時刻表etcのHPはこちら

ディズニーランドパリ ☆Paris day2

途中で止まってた、10月末に行ったパリ旅行記の続きです。
2日目は、ディズニーランドパリへ繰り出しました(1日目はこちらこちら)。

10時開園と同時に入るくらいの気持ちではいましたが、ゲートに着いたのは10時半過ぎ
思ったより混んでます!
入場の前の荷物チェックで少し並ぶほど。。
parisdisney01

修学旅行っぽい水色パーカーを着た学生がたくさんいました。
parisdisney02

私たちの目的は絶叫系アトラクションに乗ること。
というわけで、最初に向かった先は、Discoverylandのスペースマウンテン

行く道の途中でBuzz Lightyear Laser BlastのFast Passを発見し、何も考えずすぐさま入手。
出てきたFast Passは12:20-50のものでした。

スペースマウンテンに行ったら、並ぶのは30分待ちで、Fast Passは11:15-のものでした。
ありゃりゃ、Fast Pass取る順番間違えたかも
Fast Passはその時間が来るまで他のFast Passが取れないってルール、うろ覚えだった~
parisdisney07

大人しく待って乗ったスペースマウンテン、怖いー。速いー。そして楽しい~~
さすが、Mission2なだけあるわっ。

続いてStar Tours。これもまぁまぁ待ちました。結構激しく揺れて、楽しいー
parisdisney08

Fast Passですんなり入ったBuzz Lightyear Laser Blast
parisdisney03

そもそもどんなアトラクションかも知らなかったんだけど、2人乗りのマシンに乗って備え付けられた銃で的に当てて得点を稼ぐというもの。
途中で旦那の点数を見たら、自分のあまりの下手さ加減にやる気が萎えて途中から写真撮影に変更!!
この三つ目ちゃん(なんていうキャラなんだろー?)、かわいくて、ぬいぐるみ買おうかと思ったくらい。

この後、ダッシュで辿り着いたビッグサンダーマウンテンは終日メンテナンス中で乗れず

代わりにインディジョーンズのFast Passを取って、ランチをし、カリブの海賊ピノキオに行きました。
parisdisney06

カリブの海賊は確か70分待ちと出ていて、本当にそれだけ待たされました。。。疲れた。。。

インディジョーンズはFast Passのおかげでこの位置から合流でラッキー♪
見晴らしも良いし、スリリングで楽しすぎるっ。スペースマウンテンを超えました。
parisdisney12

眠りの森の美女のお城 with ハロウィンのミッキーかぼちゃ
parisdisney13

中にはステンドグラスでディズニー映画の場面がたくさん
parisdisney10 parisdisney11

巨デカかぼちゃミッキー(だよね?)もいました。
parisdisney09

ちょうどお城を出たら、ステージで何かやってたのでチラ見。
parisdisney14

もう16時近くになってしまったので、Disney Studioに急ぎました。
ウォルト・ディズニーとミッキーが手を繋いでます。
parisdisney16

地面のタイルもディズニースタジオ仕様でかわいい。
parisdisney17

入ってすぐに向かったけど、既にFast Passが締め切られてたTower of Terror
parisdisney29

1時間近く待ったけど、待った甲斐の十二分にある、怖くて楽しくて、まだあるの?というお薦めなアトラクションでした。

これはニモの世界、カメに乗って進むクラッシュコースター
parisdisney30
この部分だけ外からも見えてたので、これを見てどうしても乗りたくなり、1時間半くらい並んだけど、楽しいというより並ぶのにへとへとでその割りにあっという間に終わった感じです。なぜこんなに人気なのでしょう??

ここに並んでいる間にランドでやっていたパレードも終わってしまいました・・・。
まだまだランドはやってるけど、疲れたのでお土産を買って引き上げることに。

今回出会ったキャラクターはこんなでした。
parisdisney15

parisdisney18 parisdisney17 parisdisney18

お土産とは言ったものの、なんだか商品、可愛いものが少ないかも
というわけで時間だけやたら費やし、すっかり夜になりました。
parisdisney21

もっともっと空いてるかと思ったら、連休だったこともあるのかまぁまぁ混雑していました。
日本のディズニーパークのアトラクションで怖いって思うものがなかったと思うんだけど(遠い記憶・・・)、フロリダのディズニーワールドも日本のよりも怖くて楽しかった想い出がありますが、やはりパリのもスリリングで面白いと感じました。満足でーす


ディズニーランドパリも興味ありだなーって方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)

エッフェル塔とフレンチ ☆Paris day1

パリ旅行の続きです。

初日。ヴェルサイユ宮殿のあとは(前記事はこちら)、エッフェル塔に来ました。
effel01

ライトアップがすばらしく美しい
effel02

こんな写真、昔も撮ったなー♪
effel03

長蛇の列が出来ていたので、塔に上るのはあっさり諦め、ディナーに向かいました。
フランスを味わいたいけど、早起きだったし胃に優しそうなものが良い!とガイドブックに掲載されていた日本人シェフのフレンチのお店に行きました。

前菜。私はオマール海老のクレームブリュレ(左)。旦那はマグロのお刺身(右)。
french01 french02

メイン。私は子牛肉の照り焼きソース。旦那はイベリコ豚の味噌ソース。
french03 french04

デザート。私はミルフィーユの栗クリーム添え。旦那はクレームブリュレ。
french05 french06

ディナーなのに、かなり選べる3コースメニューで34ユーロと安価なフレンチ。
味付けは少しくどいかな?というのもありましたが、総じて美味でした
なのに、お客さんが他におらず、私達2人だけだったのはとても気になるところ。。。
(小さなお店でしたがね。)

そういって歩いてモンパルナスのホテルに帰る道すがら、おびただしい数のレストランを発見し、これだけお店があったらわざわざひっそりしてる界隈にあるあのお店に行く人は少ないかも・・とやや納得してしまうのでした。

中でもとっても気になったのはこちらのお店。
nagoyaparis

私の地元が店名に
名古屋鍋なるメニューもありました。結構賑わっていましたが、ホテルからやや離れていたので行く機会がなく、気になるだけで終わってしまいました。実際はどうなんでしょうねー。


>>パリ2日目ディズニーランドに続く

エッフェル塔のライトアップがきれいー!と思われた方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)

ヴェルサイユ宮殿 ☆Paris day1

昨日までの4日間、パリへ行っていました。
パリへは往復とも電車です。
Bahncard25を持っているので(割引を効かせるため)ドイツ鉄道で予約しますが、車両はフランスの高速鉄道、TGV。片道6時間、ミュンヘンから乗りっぱなしでパリ東駅に到着します。

昨夜TGVを降りて最初に感じたこと。
ミュンヘン寒いー
この時期にしては、ミュンヘンも今年は暖かい方だと思いますが、パリは日中、上着が邪魔と思うほどの陽気でした。


1日目。電車は東駅に少し遅れただけで無事に到着!
地下鉄でホテルへ移動です。Mobilis(ゾーン刻みの細かい1日券)を買うために窓口に行列しました。自販機も試しましたが、ゾーン毎に購入する必要があるので、結局窓口で2種類買い足しました。1人並んでる間に一人自販機で買ったりできるのが2人旅の便利なところですねー!

ホテルはモンパルナス駅そばにしました。
モンパルナスと言えば、クレープが有名!
今日はヴェルサイユ宮殿に行くので時間がないのですが、やっぱりパリに来たらちゃんと食べたい
というわけで、チェックイン後に急いでランチ
3月のパリ旅行で入ったお店(こちら)は並んでたので、別のお店Le Flibustierへ。
ランチメニューは、サラダorコーヒー+お食事ガレット+デザートガレット+シードルで9ユーロと破格
しかもガレットは具材が選べるハム&マッシュルーム&卵ガレットはゴマ風味でパリパリ。
creperie02

デザートは塩キャラメル(←食べちゃった後でゴメンナサイ)。こちらはややモッチリ。
creperie03

どちらも美味しくって、和食派の旦那も満足してました
とっても小さなお店ですが、インテリアもかわいいし、食事もすぐに出るのでおすすめ
(クレープの質感や味は、私としては前回のほうが好みだったかな。)

30分ほどで退散し、一路ヴェルサイユ宮殿へ。
旦那もずいぶん前に一度来たことがあるらしいのに、どうしても行きたいと譲らないので、優しい私、付いて来てあげました私はこれで4回目なのです・・・さすがにもう飽きたし、別行動を提案したけど、どうしてもと請われてね。。

でもこの並木道を通ると、来たーって気分で盛り上がりますね。
creperie04

あれ?太陽王ルイ14世像の後ろにある半円形の物体って前からあったかなぁ?
versaille01

石畳の感じとこの門は、ヴェルサイユ独特だと思う。
versaille02

屋根の金ぴかが目を引きます。
creperie05

いきなりゴージャスな王室礼拝堂
creperie06

戦争の間にあるこのレリーフはベルバラのオスカルのモデルだとか?
versaille05

鏡の回廊。鏡と日の光とでまばゆすぎます
versaille07

鏡の回廊からの庭園。池に映る空と燃え盛るような紅葉がとっても美しい
versaille06

なんだか5年前?に来た時より、中がキレイでした。どんどん修復していってるのでしょうね。
お庭側からのヴェルサイユ。
versaille08

ちょうどやってきたプチトランで庭園を1周しました。
グラントリアノン→プチトリアノン(↓)→グランカナルと停まります。
versaille09

これまで訪れた時は徒歩で周った庭園。よくこんなに歩けたもんだというほど広大に思えました。
初めて通る道もあって、ネプチューンの噴水は初めて♪
Versaille10

逆さヴェルサイユ
Versaille11

帰る時はこんな夕焼けになりましたー。
Versaille12


>>ディナーへつづく


ヴェルサイユ宮殿好きだわーって方はポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


Schedule
06:20 Muenchen発 TGV9576
12:34 Paris Est着
 Europa-Spezial料金(最安値ではない)。
 往復1人118.5ユーロ(Bahncard25適用。TGVは座席指定必須で料金に含まれる。)

情報
ヴェルサイユ宮殿 公式HPはこちら(日本語他)
 宮殿のみチケット 15ユーロ(日本語オーディオガイド含む)
 プチトラン 6.7ユーロ(途中下車可能)
 *宮殿のチケットは行列が嫌でオンライン予約しました(予約サイトは英語or仏語)。
  15時過ぎ手いたので、全く列は見当たりませんでしたが。

レストラン情報
LE FLIBUSTIER
 20 Rue Odessa 75014 Paris

ディズニーランドパリのチケット購入

今週末に3泊4日でパリに行ってきまーす。
そのうち1日は、ディズニーランド・パリ!

そんなにディズニー好きでもない割りに、社会人になって初の海外旅行はフロリダのディズニーワールドだったし、大学の時にロスのディズニーランドも訪れている私。

パリのアトラクションは日本のよりも怖いし、日本ほどの混雑ではないと聞いて、
せっかく隣の国にあるのに行かない手はないとパリ行き大決定!
(今年の3月に一人旅でパリを満喫した私と違い、旦那はルーブル美術館も再訪したいと思ってたらしい。)

公式サイトから予約すると若干割り引かれたチケットが購入できるという情報を掴んだので、早速調査。
どうやら1日しか行く予定のない私達には、Magic Ticketというものがぴったりのよう。
1日で2パーク(パリにはディズニーランドとディズニースタジオがある)入れて定価の15%オフ。
購入日翌日から使用可能とのこと。

*****以下公式サイトのMagic Ticketの簡単な説明*****
Ticket valid for 1 day, in Disneyland® Park and Walt Disney Studios®, within a 6 months period from one day after purchasing.
Save 15% by Pre-purchasing a Special 1 Day / 2 Parks Ticket! (See offer conditions)
Prices valid from 6th April 2011 until 7th November 2011.
  ***以上***

最初のページの下の方に「change your country」という項目があったので、English - other countries→Japanを選択。
Book your ticketで Magic Ticketを選んで進めます。
入力必須表示の住所入力画面に遷移。
郵送を希望すると(所要10日程度&郵送費要)、入力した住所に送付されるとのこと。
国名欄には、先ほど選択したJapanが変更不可能な状態で表示。
ということは、さっき選んだ国とは国籍ではなく現住所のことなのだと(勝手に)解釈。

もう一度最初から、English - other countries→Germanyを選択。
すると、ドイツ語のサイトになってしまったGermanyを選択するとドイツ語以外選べない模様。

仕方なくドイツ語で予約しようと進めたら、こっちのサイトの方が1人当たり3ユーロ安い!

ドイツ語だと2 PARKS ZUM PREIS VON EINEMという別名チケットなんだけど、どう読んでも同じチケットに思える。
どうしてーーーー??
って理由は分からないけど、(たかが3ユーロと言えど)安くなったんだからラッキー

とりあえずチケットはクレジットカードで購入でき、チケットの印刷も無事終了しました。

世の中には、不思議なことが色々あるんだなぁ。
(あのcountry選択が、今さらながら国籍だったらどうしようかとやや不安も。。。)


**以下独語公式サイトの2 PARKS ZUM PREIS VON EINEM(1)の簡単な説明**
Das Ticket ist vom 6.April 2011 bis zum 7.November 2011 inklusive gültig.

2 PARKS ZUM PREIS VON EINEM(1): . Kaufen Sie ein 1 Tag / 2 Parks-Ticket.
Das Angebot gilt für einen Tag innerhalb eines Zeitraums von 6 Monaten ab dem Kaufdatum. ( Bitte Bedingungen beachten)
 ***以上***


こういう説明不可能なこと、海外だと結構あるよね!!って思われた方は、ぜひポチッとクリックお願いします。
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ ←クリックしていただけると嬉しいです♪
 ←(ランキングサイトにジャンプします)


情報
ディズニーランドパリ公式HPはこちら
入場の際は印刷したチケットと写真付きの身分証明書が必要なようです。

イフ島 ☆Provence day4☆LAST

マルセイユ名物ブイヤベースでパンパンになったお腹を揺らしながら駆けつけ、ギリギリ乗り込んだのはイフ島行きの船
If01

結構な混雑っプリです。
食べ過ぎなのか、ちょっと頭痛が・・・

窓にもたれてぼーっとしてたら、すぐイフ島に着きました。
If02

お城のチケット購入に行列ができてましたが、マルセイユパスのおかげで待ち時間ゼロ
ジャーン!これがイフ城
If03

1516年にフランソワ1世の命令で建設が始まったイフ城。
1531年の完成後、数年で監獄として使われ始めたそうです。
父親の要求でミラボーも閉じ込められていたとのこと。様々な部屋があり、有料で暖房付きの居心地の良い部屋に入れられていたそう。いろんな部屋が見学できます。

イフ城の知名度が高いのは、アレクサンドル・デュマの「モンテ・クリスト伯」という本の舞台がこのイフ島だったことに起因するらしい。恥ずかしながら私、その本のことをガイドブックで初めて知りました。

If04

イフ城の上は展望台のようになっていて、海を隔ててマルセイユの町が眺められます。
If06

島は小さいので、周囲の海をずっと見てました。この地中海が青いのなんのって。
If05

イフ島を出た船は、フリウール島に寄ってからマルセイユに向かいます。船からのイフ城。
If08

美しいhoshi_10
If09

旧港に戻る時には、パニエ地区にあるサン・ローラン教会も見えました。
If10

今日は月曜日なので美術館はぜーんぶお休みでした。
開館してたにしても、観る時間はなかったけれど。

この後、空港に行くため使った地下鉄駅の自販機でお水を買おうとしたら、なーんと下の台にひっかかって落ちてこない駅員さんに言いに行ったら、自販機に書かれてる電話番号に連絡するよう言われ、電話して待ってる時間はないし、そもそもフランス語、全くわからないしで諦めました。

これ以外は苦い思い出はなし!の大満喫南仏プロヴァンス旅行終了です。

情報
マルセイユパス
 1人22ユーロで美術館、プチトレイン1路線、イフ島かフリウール島の船往復、イフ城、市内交通などが1日無料となるパス。イフ城ではこのパス提示で行列に並ばず入場できた。
エアポートバス
 マルセイユ・サン・シャルル駅から直通で約30分。20分置き。1人8.5ユーロ。

プチトレインとブイヤベース ☆Provence day4

最終日の今日は、一日マルセイユ観光です。
旧港にある少しおしゃれげなビストロで海を見ながら朝食タイム。
Marseille11

おしゃれげなのに、クロワッサンのサクサク感が足りなかったのが残念。
Marseille12

港では魚の朝市がやっていました。
Marseille13

いろんな魚がいます。
Marseille14

これなんだ?
Marseille15

歌うおばちゃんもいました。
Marseille16

プチトレインで街を周ります。マルセイユは結構広いし高低差があるのでプチトレイン必要!
Marseille17

要塞の横や海岸線など走り、駅からも見えていたノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂に着きました。
Marseille19

近くに来ちゃうと大き過ぎてうまく撮れない。
Marseille20

高台にあるので、旧港↓やイフ島などすごいパノラマです。
Marseille18

内部もスゴイ装飾。
Marseille21

バジリカ聖堂からまたプチトレインに乗って港に戻ってきました。

早速ランチ。マルセイユに来たならやはり名物ブイヤベース
港にはレストランが連なっていてどこに入るか迷いますが、確かネットで評判がよかったはずのRestaurant Miramar(←クリックするとHP(音付き♪)へジャンプ)があり、お値段が張るけどここに決定。

トマトのアミューズからしてオイシー
Marseille22

ブレッドににんにくとソースを塗り、ブイヤベースのスープに浸していただきます。これ美味しーい
Marseille28 Marseille29

お魚達は2人前でこのボリューム。
Marseille30

取り分けられて、サーブされます。美味しい カシスの白ワインも飲みました。
Marseille31

最後にチョコレートまで出ました。器も中身もチョコレートです。
Marseille32

早めのお昼だったのとボリュームがすごくて完食し切れず
お魚達がサーブされた頃には、腹七分目まで来ちゃってました。
ここへはお腹ぺこぺこで向かうことをおすすめします!

きっと人生初で最後の?マルセイユのブイヤベース、大満喫でした

Marseille入り ☆Provence day3

感動のアルルから列車に乗ってマルセイユ(Marseille)に来ました。
Marseille02

すごーく治安が悪いという評判だけど、駅も特に危険を感じはしませんでした。
駅を出たところで、ノートルダム・ド・ラ・バジリカ聖堂がそびえるのが見えます。
Marseille01

ホテルは旧港にあるNew Hotel Vieux Port。ここはホテルHPから直接予約しました。
フロントに、疎い私でも間違いないと思うくらい完璧に美しいゲイの方がいて、しばし見とれてしまいましたh_05

地下鉄上がってすぐだし、部屋はすごく広いし、
Marseille03 Marseille04

なんと言っても、窓から顔を出すと、旧港が一望できるのがステキhoshi_10
Marseille05

これで100ユーロはお買い得

ちょっと旧港をお散歩して、シーフードのいただけるレストランCoquillages Toinouへ。
お店の前に新鮮そうな魚介がたくさんあって、テンションアップ
Marseille07

ウエイターさんも立ち止まって美しい魚介盛りの写真を撮らせてくれました。
Marseille06

私達は、まずこのプレート。
Marseille08

生牡蠣ウマイ!
Marseille10

そして蟹が食べたくて、こちらも追加。蟹美味しすぎ
Marseille09

いつもお正月に、実家で取り寄せた志摩の岩牡蠣や北陸の蟹やらを食べてたのに、2年連続日本にいないのでずーーーっとありつけてなかったのです。

久々の新鮮な魚介達を、すごい速さで食べて行く私達。
それを見ていたからか、お隣のテーブルのご夫婦が、「お腹が一杯でもう食べられないから残りだけど私たちのプレートも食べる?」みたいなことを言ってくれ、もちろん喜んでいただきました
残りと言っても、特に美味しいと思ったエビや牡蠣がモリモリのプレートで、今夜、1人10個以上は牡蠣を食べたような・・・

幸せなディナーの後ホテルに戻り、まさか牡蠣であたったりなんてしないよね と少し不安を感じつつ、充実の3日目も終了。


Schedule
18:09 Arles
19:01 Marseille-St-Charles

ゴッホをたずねて in アルル ☆Provence day3

闘牛を見た後は、闘技場そばのレストランでランチ。
闘牛だけに、パエリア (スペインつながり)
 Arlesrestaurant01

闘牛だけに、牛肉のソテー (闘牛を見た直後に食べられる神経が信じられない??)
Arlesrestaurant02

闘牛が終わった直後で超混雑のレストランでしたが、ウエイターさんらの素早いサーブでロスタイムなど皆無でランチ終了。美味しかったです。

古代劇場(Theatre Antique)
Arles17

舞台がだいぶなくなってるけど・・
Arles02

2本の大理石の柱がとっても印象的でした。
Arles03

サン・トロフィーム教会(Eglise St-Trphime)の入り口の彫刻は最後の審判。
Arles04

サン・トロフィーム教会の回廊も行きました。
Arles06

柱の彫刻が聖書の場面だとからしいけど、、よく分からず。
Arles05

激混みのレピュブリック広場
Arles07

サン・レミの療養所に移る前、ゴッホが入院していた病院エスパス・ヴァン・ゴッホ
Arles08

今は別の用途で使われていて、中庭はゴッホが描いた通り再現されているらしい。ゴッホの絵だとこう。
Arles09

星空のカフェテラスで有名なカフェ・ヴァン・ゴッホ
Arles10

アルルの跳ね橋を見に、レンタサイクルをしてローヌ河畔からスタートしました
河が鏡のようで美しいhoshi_10

ゴッホもよくこの河畔に来てたんだろうなぁ。。「星月夜」とか描いてるし。
Arles11

レンタサイクルした時に教えてもらった看板↓"Pont Van Gogh"を頼りに走ります。
Arles12

でもなんか遠回りをしているよう。なかなか見えてこないし、看板も消えてしまったし、不安になって通りかかった少年達に尋ねると、フランス語でなんだか教えてくれるも、分からず。
そしたらなんと、先導してくれました。
ハンドルに二人目が座るっていう極めて危険な二人乗りで!
なのに高速で行っちゃうので、途中で後ろを振り返ってのろのろの私達を待っててくれました。

ありがとう少年達 
Arles13

おかげでアルルの跳ね橋無事到着自転車でも結構遠いのね歩かなくてほんと良かった!
Arles14

ゴッホの絵だとこう。
Arles16

向きも揃えてもう一度。
Arles15

アルルの跳ね橋には、日本人ツアーの方々が!
ツアーに参加していないのに、ガイドさんにゴッホの黄色い家の在処を質問してみました。今はないけれどラマルティーヌ広場から線路の方に歩いたところだと教えてもらいます。他にも色々・・・!
ガイドさん、詳しくていいなぁ。連れて歩きたいわ

跳ね橋からの帰り道は遠回りしない道で帰れました。
レンタサイクル楽しすぎ
アルルの跳ね橋サイコー


情報
 古代劇場 1人3.5ユーロ
 サン・トロフィーム教会の回廊 1人3.5ユーロ(教会は無料)
  *いくつかの施設に入るならセットチケットがお得。
 レンタ・サイクル 午後1人7ユーロを短時間だったため5ユーロにしてくれた。
 荷物を預かり 1つ2ユーロ
  *レンタサイクルと荷物預かりはHotel Regenceにて。ご夫婦でホテルをなさってるよう。
   前日夜に、荷物を預かってもらえるか質問のメールを入れたら、すぐに返信を下さいました。
   駅から近く、コインロッカーや荷物預かりのないアルルでも観光が楽にできとても助かりました。
   ご夫婦はホスピタリティ満点の、本当に良い方でした。
プロフィール

happypig

Author:happypig
2009年9月より、ドイツで約2年間暮すことになりました。
もともと旅行が大好き!ドイツも大好きだったので、うれしいです。

最新記事
ご訪問、ありがとうございます。
ランキングに参加しました!
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ ミュンヘン情報へ
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。